扇風機

IMG_20190819_063500.jpg
今夏も大活躍してくれた扇風機。

IMG_20190819_063515.jpg
1シーズンでこんな感じになりました。
雉と白黒の混毛です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

就寝前

IMG_20190816_191927_20190820085253c7d.jpg
IMG_20190816_192043 - コピー
そろそろ電気消すよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』読了

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたい―1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。
内容(「BOOK」データベースより)

肉体の利用する。

本書は村上春樹による一冊。
走ることを通して自身の内面を掘り下げており、
エッセイを超えた著者の肉声がそこにはありました。
良作。

内容はバッサリ略で一言、非常に良かったです。
それ程多くはないのだけれど、
僕が読んだ『村上春樹』の中でも間違いなく上位に入ります。
特にエッセイだけなら1番かも。
大雑把に言えば、肉体との付き合いかた(利用の仕方)、
精神との関連性、その考え方みたいなモノに、
おこがましいけれど僕と類似性を感じました。

ある種のプロセスは何を持ってしても変更を受け付けない
継続すること - リズムを断ち切らないこと
時間をかけることがいちばんの近道

感銘を受けた箇所は両手で足りません。
その多くは、走って、続けて、つまずき、受け入れて。
しかし決して諦めない(諦めなかった)著者のシンプルな一言。
とても静かで、重みのある肉声が、深く深く僕の中に沈みました。

それでも強いて一つを選ぶとしたら僕はキッパリと次の言葉を。
それは

腹が立ったらそのぶん自分にあたればいい。
悔しい思いをしたらそのぶん自分を磨けばいい(本文より)

この発言の経緯や詳細については皆様にご確認していただくとして、
僕は過去にどうしても酒が飲みたくなった時のコトを思い浮かべました。
つまらない話なので端折りますが、僕は酒が飲みたくなった時、

自転車で走りました。

どこまでも走りました。帰路は考えず、兎に角走りました。
今もそうです。飲みたくなったら、悔しかったら、泣きたくなったら
自転車で走り、身体を痛めつけます。自分磨きは二の次だけれど、
とりあえず酒を飲んで自分を痛めつけるよりはずっと良い。
そう信じて、僕は自転車で走っています。

悔しいときは、自分の肉体を痛めつける。

それは精神を守るための肉体の利用方法(の一つ)なんですよね。
全ての方にお勧めするわけではないけれど、
著者と同じく(大変おこがましいけれど)僕もそう考えています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

クーラーを入れたら その2

IMG_20190817_161248.jpg
大好きなお風呂場(コチラ)からちゃっかりと移動。
しかも最も風のあたる位置を確保です。

って、ふう助さん、そのタオルは洗いたて。
これから父ちゃんが使うのに(涙)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

土井雪広『敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース』読了

「もっとも過酷なスポーツ」と言われるサイクルロードレース。2012年まで欧州を主戦場とし、日本人として初めてブエルタ・ア・エスパーニャを完走したプロ・ロードレーサーによる、渾身の自伝的スポーツノンフィクション。
内容(「BOOK」データベースより)

同じ人間。

本書はサイクルロードレースで世界と戦った
『土井ちゃん』によるノンフィクション。
自伝のみならずロードレースの現状、暗部を赤裸々に記しており、
衝撃と憂患と納得を同時に受けました。
佳作。

生意気で敵ばかりを作る若者
日本を出て世界の広さを知り
ロードレースは敗北のない競技と知る

内容はバッサリ略で一言、息を飲んでしまいました。
それは端的に言ってドーピングに関する告発や告白。
僕は近年のアンチドーピング運動でロードレース界は
すっかりクリーンになったと信じて疑っていなかったのですが……

日本のファンは純粋無垢だ(本文より)

土井ちゃんの一言に、
僕はうなだれるばかりになってしまいました。
それでも、ロードレースに対する嫌悪感みたいなモノは
思ったよりも増えることは無かったんですよね。
それは彼等ロードレーサーだって、
僕と同じ “人間” と知ることが出来たから。
勿論、それは超人的な肉体や不屈の闘志が凡人以下の僕と同じ、
って意味ではありません。

車の運転で制限速度を超える瞬間があったり
落ちていたコインを届けずポケットに仕舞ったり
出勤中に見かけた困っている人をやり過ごしてしまったり

そんなちょっとズルイ部分が同じだと言うこと。
なので、どんなに尊敬しても、たとえアイドルだとしても、
ロードレーサーにだけ清廉潔白を求めるのはおかしい。
そんな土井ちゃんの意見に、
なぜか僕まで救われたよう気がしました。

また清濁を併せ呑み、その上でロードレースを愛する意味を
土井ちゃんは人間の恋人(たとえば同棲の一コマ)に重ねます。
あまり大きな声じゃ言えないけれど、
ここでも僕はわが意を得た様な気がしました。

ドーピングを、不正を、八百長を肯定するわけではありません。

しかし、彼等も僕達と同じ人間なんだってコトだけは
決して忘れてはならない。彼らを口汚く罵っても、
それは自分にも返ってくる言葉である。
それを忘れないようにしなければ。

最後に。
本書は良くも悪くも『土井雪広』そのままです。
正直、従前は思い入れのある選手では決して無かったし、
読後もそれは変わらないのだけれど(狩野さんに対するそれは
はじめて知りましたが、流石にありえません。僕だって怒ります)、
それでも土井ちゃんは、やっぱり土井ちゃんなんだなって、
いっそ清清しささえ感じました。
そしてこの人間臭さが、ひいてはロードレースの魅力でもある。
そう再確認も出来ました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

どんぐり

IMG_20190814_092418.jpg
どんぐりまなこが四つ。
一足早い秋。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

熊谷達也『邂逅の森』読了

秋田の貧農の家に生まれた冨治。マタギとなり獣を狩る喜びを知るが、地主の一人娘と恋に落ち、村を追われる。
内容(出版社内容紹介より)

This is エンターテイメント。

本書は第131回(平成16年度上半期) 直木賞受賞作。
マタギとして生きる男の半生が描かれています。
ワイルドでデリケートな男の内面が、
大自然との対比で鮮やかに展開されていました。
佳作。

東北の寒村で伝えられる山の掟
日清、日露戦争で沸きあがる好景気
そして
近代化によって失われていくモノたち

内容はバッサリ略で一言、はぁ~面白かった。
正直、従前はヘミングウェイの『老人と海』の様な
ある意味でのハードボイルドを予想していました。
結果、3割ぐらいは外れてはいないのだけれど、
もっとエンターテイメント色の濃い作品だった様に感じます。
たとえば、マタギとして大自然と格闘するロマンは勿論のコト、
サービス精神旺盛なお色気もタップリでコッテリ(照)
さらには当時の世情や歴史に、武器(銃)のトリビアと。
明らかに男性向けの作品だとは思いますが、そこはまぁ、
僕も男なので(笑)

以上、本書は頭をほとんど使わないストレス解消に最適な一冊。
一言で表すのなら

This is エンターテイメント。

になるでしょう。特に男性の方には割とお勧めです。

蛇足で熊の狩について。
たとえばマタギが熊狩りに際しての得物なら
僕は断然、村田銃(猟銃)をイメージします。
実際、作中では冨治の愛銃となった十七年式や、
小太郎の二十二年式が活躍していました。
もっとも二十二年式は連発銃ではあるものの、装填不能の故障が多く、
信頼性のある古い単発の十三年式や十八年式をマタギは好んだ……
ともあったのですがこれは蛇足の蛇足(笑)
話を戻して、僕は本書に触れるまでちっとも想像しなかったのですが、
村田銃が出現する以前からマタギ(熊狩り)はあったんですよね。
当然、作中にはそれについて言及があるのですが、
当時の獲物は棒の先に山刀をつけた熊槍(タテ)だったそうです。

た、た、たったコレだけで熊に立ち向かったの??

僕は驚きを通りこして呆れてしまいました。
尊敬とかそんなものより「そりゃ無茶だよ」って、
呆れみたいなのが先に来てしまいました(大変に失礼)

ただ、おかげで作中の「熊の胆」が
とんでもなく高価で取引されている理由も納得できたんですよね。
なんせ金(gold)より重い命(life)を賭けているんですから、
高くて当然です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

スイカ

IMG_20190811_050031.jpg
IMG_20190811_050745.jpg
今年はスイカを沢山食べました。

IMG_20190811_051531.jpg
でもきっとこれで食べ納め。
また来年にあいましょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

好きだねぇ

ふと気が付けば
IMG_20190810_070252.jpg
またココに。

IMG_20190810_070341.jpg
君達好きだねぇ。

前回

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

太宰治『ヴィヨンの妻』読了

新生への希望と、戦争を経験しても毫も変らぬ現実への絶望感との間を揺れ動きながら、命がけで新しい倫理を求めようとした晩年の文学的総決算ともいえる代表的短編集。家庭のエゴイズムを憎悪しつつ、新しい家庭への夢を文学へと完璧に昇華させた表題作、ほか『親友交歓』『トカトントン』『父』『母』『おさん』『家庭の幸福』絶筆『桜桃』、いずれも死の予感に彩られた作品である。
内容(「BOOK」データベースより)

仕方がない。

本書は太宰治が眠去するまでの二年間に発表された八つの短編集。
著者の内面において、死の影が徐々に濃くなる様子が伺えます。

今回も二編をご紹介。先ずは『父』。
創世記の一節を引用し、義のために子供を犠牲にする父親について
同じ父親の立場から(著者の)身勝手な論説が展開されています。
正直、そのどれもが取り上げるに値しないのだけれど、
微かに印象に残るのは主人公が酒を飲むいい訳です。
それは僕が(僕自身の体験談を含め)断酒会で
耳に蛸が出来るほどよく聞く話。
見苦しいけれど、ちっとも珍しくないと感じました。
なお『ヴィヨンの妻』や『おさん』においては
ダメな父(夫)を母(妻)の視点から描かれており、
個人的には『父』と対になる作品だと感じました。
ただ、どちらも母(妻)の視点を借りているものの、
結局は父(夫)の飲む言い訳でしかないんですよね。
この点が流石の「太宰」です。

次に『桜桃』。
こちらも『父』と非常に良く似た構図となっており、
大雑把に言えば「子よりも親が大事」と言った主張です。
内容は割愛しますが、僕はこうなってしまった “私” は、
もうどうしようもないと感じました。
冷たいけれど「馬鹿は死ななきゃ治らない」よろしく、
今後 “私” の死がある意味で必然であると予想します。
本来なら、内面的には「逃げ癖」、実際的には酒(薬)を断てば良い。
けれど本人がこの様子では、いくら他人が(たとえ妻であっても)
言って聞かせて治るものではありません(この点は断言します)。
結果、フィクションではない方の “私” は(も)悲しい結末となりましたが、
僕は『仕方がない』コトだと思います。
そこに他人(パートナ、肉親。そして僕達)が感情の波を乱しても
ほとんど意味はありません。

最後に。
本書は前半に収められた作品と後半のそれとでは
色合いがかなり違っています。
後半は見苦しいまでの恥部を晒す男が繰り返されますが、
前半はユーモアあり、侘び寂びもあり、
流石は稀代の作家と唸らされました。
特に『トカトントン』にあった虚無みたいなモノは
ある意味での反戦小説の様にも感じ、感銘を受けました。
またさらに付け加えるなら、この作品こそが実在する “私” の
最大の処方箋だった様にも感じます。
例えばそこには

叡智よりも勇気を必要とする(本文より)

とありました。
それは「逃げ癖」や酒を断つ為に必要なモノであり、
それを自らの言葉で記されていたコト。
特に注目すべき点だと思うんですよね。
どうすれば良いのか自分でも判っていたはずなのに……。
後の結末を想えば残念でなりません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1085)
(682)
one_day(585)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(213)
my_ex(211)
アルコール依存症(186)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(38)

検索フォーム
FC2カウンター