森博嗣『青白く輝く月を見たか?』読了

オーロラ。北極基地に設置され、基地の閉鎖後、
忘れさられたスーパ・コンピュータ。
彼女は海底五千メートルで稼働し続けた。データを集積し、
思考を重ね、そしていまジレンマに陥っていた。
放置しておけば暴走の可能性もあるとして、
オーロラの停止を依頼されるハギリだが、
オーロラとは接触することも出来ない。
孤独な人工知能が描く夢とは。知性が涵養する萌芽の物語。
内容(「BOOK」データベースより)

サブセット。

本書は「Wシリーズ」の第6弾(その他はコチラ→1,2,3,4,5,6
シリーズ共通のテーマ『生命の定義』に対し、
本書はそのサブセットとなる『人工知能』について
考察がなされていました。

自律学習を続ける人工知能
欠損と突発的転移
そして
進化の過程で生まれるバラつき

本書では人工知能・オーロラをはじめ、トランスファのデボラ、
そして人間のウグイまでが豊かな表情を見せるようになりました。
それはある意味で必然であったと思うのですが、
また一方では非常に意外でもありました。
でも結局

「ロボットは正直でも、人工知能は嘘をつく」し、
「人間は予測不能な行動をとる」(いづれも本文より)

なんですよね。
オーロラが引きこもったり、デボラがやきもちを妬いたり、
ウグイが当て擦りをしたりするのは、
三者の境目が曖昧になりつつある様子を
顕著に示していたと思います。

また今回は早い段階でマガタ博士が登場するのですが、
僕は彼女が「製造」された人間であり、
本人のサブセットだと予想します。
でも彼女の言うとおり、そんなのはきっと無意味でしょう。
ロボットだろうが人工知能だろうが人間だろうが、
結局は境目がなくなり、同じ「種」になるのだから。
これは個人的な意見なのですが、僕はそれはそれで良いと思うし、
きっと悪くはない未来だとも考えます。
だって進化とは(退化でも良いですが)
きっとそういうコトなんですよね?

最後に。
それにしてもWシリーズはその全てが新鮮です。
例えば人工知能が思考の迷宮に陥ってしまうアイデアは
他にいくらでもあると思います。
けれど「森博嗣」のそれには、その過程に説得力があるし、
結果には独創性がある。さらにその先の予想(未来)は
寒気がするほど感動的です。
僕はニューエイジではないし、信じる神様もいないけれど、
テクノロジーの先にもし「詩情」があるのだとしたら、
こんなに素敵な事はありません。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

伊坂幸太郎『AX』読了

最強の殺し屋は―恐妻家。
「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。
一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、
と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。
引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、
爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。
こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

君のお父さんは。

本書は『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる
殺し屋シリーズ第三弾。
飄々としながらも、罪悪感を忘れない殺し屋の愛に、
強く胸を打たれました。
良作。

内容はバッサリ略で一言、震えました。
正直に告白すれば涙を止められませんでした。
久しぶりに晴れた公園で最後のページを閉じた後、
周りに人がいないことを良いことに、静かに泣きました。
それは著しく個人的な理由なのですが、
本書の主人公・「兜」と僕の亡父を重ねてしまったから。

勿論、亡父は殺し屋ではありません。
恐妻家でもないし、子供に優しく声を掛けるタイプでもない。
けれど、子供からすれば信じられないほど
(ありていに言えば愚か者に映るほど)我慢に我慢を重ね、
それでも家族を、僕たちを守ろうとした男だったんですよね。
そして最期は一人静かに逝ってしまった……。

閑話休題。

物語の終盤のとある人物の台詞

「君のお父さんは……」(本文より)

この続きを是非皆様ご自身の目でお確かめください。
お父様が存命の方は勿論の事、
残念ながら永訣されている方には、特に思い出して欲しいのです。
僕たちは大きな愛に守られていた事を。

蛇足?な補足。
全5篇のうち、既存の前3篇はごく普通の『伊坂』です。
当たり前の様に面白いし、外さない。
けれど後半の書き下ろし2編は当たりの『伊坂』だったと思います。
個人的に忘れられない作品になったし、控えめに言っても傑作。
これまで『伊坂』のイメージは ”外さない” だったけれど、
今後はさらに ”当たりの『伊坂』は恐ろしい” が追加です。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

芦沢央『バックステージ』読了

新入社員の松尾はある晩会社で、
先輩の康子がパワハラ上司の不正の証拠を探す場面に遭遇するが、
なぜかそのまま片棒を担がされることになる。
翌日、中野の劇場では松尾たちの会社がプロモーションする
人気演出家の舞台が始まろうとしていた。
その周辺で4つの事件が同時多発的に起き、
勘違いとトラブルが次々発生する。
バラバラだった事件のピースは、
松尾と康子のおかしな行動によって繋がっていき…。
内容(「BOOK」データベースより)

なるほど、そうきたか。

本書はとある舞台に関わる人たちを描いた5つ(6章)の物語。
連作と言うほど各話に繋がりはありませんが、
鳥瞰して眺めてみれば幾何学模様になっている。
そんな印象を受けたグランドデザインに優れた一冊です。
佳作。

性格の違う兄弟
再会したラノベ好きの男女
罠に嵌った新人俳優
ハンデを背負ったベテラン女優

上記4つの話を、序幕と終幕で語られた
背任罪を追う先輩後輩の話が繋いでいます。
が、正直どの話が欠けても全体として破綻はしないと思います。
それぐらい緩い繋がりではあるけれど、
それぞれに全く違った個性があり、趣向がある。
またどれも印象に残るオチが用意されており、
一つ一つが非常に楽しめました。
俳優と女優の話だけがタイトルの『バックステージ』らしく、
しかし浮いている気もしますが、僕は許容範囲です。
全体を見渡せばハートウォームな話があり、
スリリングな話もある。ちょっとシリアスな話もあるし、
ベタベタなハッピーエンドもあるのだけれど、
どれも読み終わった後は

なるほど、そうきたか(本文より)

と、唸りました。
どの方面にも高いレベルでまとまった著者の手腕、
是非皆様もお試しあれ。

蛇足で僕のお勧めは『始まるまで、あと五分』の一遍。
オタク好きを隠してきた男と、中学で同級生だった女の子。
二人は再会し、ラノベで意気投合した筈でしたが、
男からの告白はあえなく玉砕してしまいました。
けれど男は最後の望みを託して、
彼女の観たがっていた舞台へと向かうのですが……。
お話自体はもうベッタベタです。僕の大好物(笑)
だからそれだけでもう高得点なんだけれど、
何よりも『仕掛け』が秀逸なんですよね。
振り返ればこちらもベッタベタなんだけれど、
非常にフェアであり、女の子の心理とリンクした
見事な『仕掛け』でした。

そりゃあ伊藤さんも彼を振っちゃって当然です。

むしろなんで許した?のかが判らないくらいでした(笑)
まっ、五分後にはじまる舞台なんて
二人の頭に碌に入らないと思うけれど、末永くお幸せに。
チッ。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

石井光太『絶対貧困-世界最貧民の目線-』読了

絶対貧困―世界人口約67億人のうち、
1日をわずか1ドル以下で暮らす人々が12億人もいるという。
だが、「貧しさ」はあまりにも画一的に語られてはいないか。
スラムにも、悲惨な生活がある一方で、逞しく稼ぎ、恋愛をし、
子供を産み育てる営みがある。アジア、中東からアフリカまで、
彼らは如何なる社会に生きて、衣・食・住を得ているのか。
貧困への眼差しを一転させる渾身の全14講。
内容(「BOOK」データベースより)

貧しい講義内容。

本書は「絶対貧困」を論文や統計では見えてこない
リアルな現場から記した一冊。
ですが広さは兎も角、深さはありません。

スラム街
ストリートチルドレン
売春婦

本書にある実例は、著者が自ら世界各地を訪れ、
「絶対貧困」を実体験した ”ルポ” だそうです。
また本書は擬似的な講義形式をもって進行するのですが、
それらは ”議論を避ける” ための欺瞞と感じました。
取り上げられた話題は、言うまでもなくどれもこれも胸が痛むし、
なんとかしたいとの思いを押さえつける事が出来ません。
でもそこから
仕送りを貰っている日本人の大学生に比べたら…とか、
唐突に日本を腐す意見を聞かされても困ります。

ご高説はご尤も。

けれど分析も議論もすっ飛ばしての一方的な意見は
ただの「偏見」としか受け止められません。
残念ながら本書はその豊富な実例に伴わず、
説得力の乏しい(貧しい)講義となってしまいました。

蛇足で子供の教育について。
目を覆いたくなる辛い話ばかりではありますが、
インドの売春宿で働く母と娘の話に、
ホンの少しだけ光みたいなモノを感じました
(告白すれば涙があふれました)。

何が正解かだなんて判りません。

けれど、それでもなお、貧困の撲滅に抗うとしたら、
お金でも、政治でも、テクノロジーでもなく。
このインドの母親の様に、僕も愛に賭けます。
結局、この世の汚濁を飲み込めるのは
僕たちが嗤う「綺麗事」だけなんだと思います。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

高野秀行『ワセダ三畳青春記』読了

家賃12000円。
早稲田の超ボロアパート野々村荘はケッタイな住人だらけ。
三畳一間の私の部屋は探検部のタマリ場となり…。
限りなく「おバカ」な青春を描いた書き下ろし傑作。
内容(出版社内容紹介より)

遅くありません。

本書は辺境ライターとして知られる「高野秀行」の青春記。
ボロアパートを舞台におかしな面子と、驚くエピソードが満載。
でも本書の白眉はごく普通の恋にありました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言。とても良かったです。
同じ貧乏人としてもそうだし(失礼)、
同性としても大いに共感できました。

正直、僕は著者の辺境ルポには食傷気味です。
また本書も信じられないようなエピソードは一つもなく、
人物もエピソードも、舞台となったボロアパートだって、
驚きよりも郷愁を覚える人の方が多いと思いました。
結局、著者の作品は総じて「吃驚」がマイルドなのかも。

けれど本書は(驚きとは異なり)若かりし著者の姿が、
等身大で胸に迫ってくるんですよね。
それは多くのモノを失い、
代わりに僅かな(けれど掛け替えのない)モノを得て卒業した。
そんな僕たちと同じ青春時代を送った
戦友へのシンパシーなのかも知れません。

蛇足で「恋」について。
それは最終章でボロアパートを去るキッカケとなった
著者曰く『遅すぎた「初恋」』にありました。
そこでは当時32歳だった著者が、
以前からの知り合いで「全く好みではない」女性に
ある日「すとん」と恋に落ちてしまうのですが……。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は「32歳のオッサンが胸キュンだなんて!」と
涙を流して彼を笑ってしまいました。

見下しているわけでも、皮肉でもありません。

それは冷笑でもなく、仲間と恥を分かち合う時の照れ笑い。
彼の姿は僕にも大いに身に覚えがあるからです。

でも初に限らず、「恋」に早いも遅いも無いと思います。
いつだって始まるし、何回経験したって構わない。
恋に落ちれば必ず(必ずです)素敵な気分になりますしね。
また遅いから、恥ずかしいからと言って
新しい恋に躊躇してしまったら、
あの頃(何度も失恋を経験した青春時代)の僕に、
顔向けができない気もします。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Memory road of TARAREBAMUSUME

先日、吉祥寺-高尾間を完歩。
本日の散策はタラレバ娘の思い出の道です。
IMG_20171008_112254.jpg
経路は控えますが、僕ははじめての道。
けれど彼女の思い出を聞きながら歩くから、
何故か僕まで懐かしい気持ちになっちゃって。
胃のちょっと上にホッカイロがあるみたいでした。

おまけ:
IMG_20171008_124038.jpg
安くて美味しい天丼とチキ玉天丼。

IMG_20171008_135428.jpg
これまた美味しい豆大福と栗饅頭。

IMG_20171008_130559.jpg
散々歩いた後なのに、
八十八か所巡りもしちゃったり。

IMG_20171008_145023.jpg
最後におみくじ。気になる運勢は

タ:「すすみてよし」
僕:「よろし」
……
タ&僕:「アハハ、アハハ」

謎の緊張感(笑)

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:タラレバ娘  Trackback:0 comment:0 

秋も深まり

IMG_20171006_093009.jpg
姉妹でくっつく時間が増えました。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫16歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

太宰治『太宰治全集〈3〉 (ちくま文庫)』読了

昭和14年1月、結婚して新居を構えた太宰に、
初めて生活の安定と心の平和がおとずれる。
「僕は…この家一つは何とかして守って行くつもりだ」
(「東京八景」)。
規則正しい執筆生活の中から次つぎと作品が生まれた。
内容(「BOOK」データベースより)

おれは、好きだ。

本書は筑摩書房の文庫版太宰治全集の第3巻(全10巻)。
僕は『畜犬談』と『乞食学生』を目当てに借りましたが、
両作は勿論、他の作品も粒ぞろいの選集でした。佳作。

座興に非ず
美少女
老〈アルト〉ハイデルベルヒ

正直、僕は太宰があまり得意ではありません。
陰険だし、自意識過剰。承認欲求の強さを顕した
いくつかのエピソードなんか噴飯モノです。
けれど本書に対しては意外と相性が良かったんですよね。
それはいくつかの作品では愛を感じるし、
恥じらいとおかしみで彩られた胸キュン(死語^^)もある。
不幸で笑える(スミマセン)エッセイもありますしね。
僕のイメージする太宰ではありません。
なので僕と同じく太宰に先入観をお持ちの方に、
控えめにお勧めです。殆どの作品が青空文庫で読めるので、
そちらを覗いてみては如何でしょうか。

蛇足で僕のお勧めは『皮膚と心』。
身体中に吹き出物ができた妻と、その夫のお話です。
詳細は本書をご確認していただくとして、
僕はこの妄想爆発で気の早い妻に
「はいはい、ご馳走様」って言いたくなりました。
だって世界中の人が彼女を「おかめ」だと感じても、
彼女が愛した男(夫)だけは

「いい顔だと思うよ。おれは、好きだ。」(本文より)

なんですよ?
太宰でまさかの「萌え」を見せつけられて、
独身のオッサン(僕)の方こそ、好い面の皮です(チッ)

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

微妙な感じ

IMG_20171003_123702.jpg
IMG_20171003_132032.jpg
IMG_20171003_132716.jpg
柔らかく、不安定。
またそこだけが温かく
父ちゃん、微妙な感じです。

IMG_20171003_133143.jpg
ふう助さん、お気に入りの寝床。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫16歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

pha『ひきこもらない』読了

お金と仕事と家族がなくても、人生は続く。
東京のすみっこに猫2匹と住まう京大卒、元ニートの生き方。
内容(「BOOK」データベースより)

場所を変えてみよう。

本書は元「日本一有名なニート」な著者が贈る
ちょっとしたサジェッション。
とりたてて感銘するところはありませんが、
彼の思考(指向)には少なくない共感を覚えます。

内容はバッサリ略で一言。面白かったです。
ただ、それほど深くもないし広くも無い。
なので、何かを得ようと期待すると肩透かしになるかも。
それでも著者の社会や他人にせいに(ほとんど)しない姿勢や、
良い意味でのこだわりのなさ(柔軟とはちょっと違うかな?)に、
学ぶところはありました。

また本書のタイトルでもあり、
主題である「ひきこもらない」とは結局のところ、

たまには場所を変えてみよう

それは思考の袋小路に迷い込んでしまった時は、
ちょっと場所を変えてみようと言う提案です。
作中何度も繰り返されているけれど、

人間というのは周りの環境に凄く影響を受ける(本文より)

だからこそ、自分を変えるのも良いけれど、
たまには周りを変えるのもアリではないか?と言う主張でした。
でも違う場所に行ったからと言って、
別に特別な事をしなくても全然構わなくて。
例えば旅先のホテルの部屋に引きこもって
普段と変わらずネットをするだけでも、
そこには新鮮な何かあるとされています。
僭越ですが僕も著者の意見に同意します。

ここからは蛇足。
もしここを読まれている人で、部屋に篭って酒を飲み
一日中倦んでいる方がいらっしゃるなら、
そのお酒を持って近くの公園に行ってみませんか?
きっと部屋で飲むよりも美味しいと思うんですよね。
それ以上でもそれ以下でもないけれど、
とりあえずお酒が美味しくなるのなら、
ちょっとだけ幸せになれると思いませんか?

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫16歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(806)
(480)
one_day(428)
ex_girlfriend(341)
my_ex(205)
ロックンロール(163)
アルコール依存症(153)
タラレバ娘(35)
自転車(32)

検索フォーム
FC2カウンター