優しい子

IMG_20200525_143758 - コピー
える坊は、なにかと父ちゃんを(妹を)ザラザラした舌で
優しく舐めてくれます。

IMG_20200525_143812 - コピー
僕なんかには勿体無い、優しい子です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫19歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

大野豊『全力投球 我が選んだ道に悔いはなし』読了

プロ野球界の至宝“大投手”大野豊が自ら初めて書き下ろす、その生き方、考え方、そしてピッチャーとしての数々の打者との対戦…。軟式野球出身、信用組合勤務からテスト生でのプロ入り、デビュー戦の“天文学的”防御率135などなど数々の苦難を乗り越え、22年間に渡る栄光の実績と、42歳でのタイトル(最優秀防御率)獲得はいかにしてなしえたのか。その不屈の真髄がいま初めて描かれる。
内容(「BOOK」データベースより)

最も嫌な奴。

本書は説明不要の大投手・大野豊さんによる一冊。
彼がいかにして栄光を掴んだのか。
我がジャイアンツの憎き敵ではありますが、
今も昔とかわらず、賞賛と脱帽しかありません。

軟式野球出身
信用組合からのテスト入団
打ちのめされたデビュー戦
そして
度重なる怪我に故障

内容はバッサリ略で一言、アツくなりました。
正直、野球ファン以外にはよくある「自伝」でしかないでしょう。

苦労した。努力した。成功した。
そして感謝……。

しかし大野さんの勇姿を知るファンには堪りません!
それはジャイアンツファンであった僕だって同じコト。
テレビからにじみ出ていた人柄が、
本書で実際もそうであった事を確認できて、
納得と感嘆で一杯となりました。

冒頭で「最も嫌な奴」としたのは僕の本音です。
なんせ我がジャイアンツの行く手を遮る大きな壁だったから。
しかもその壁の高さが半端じゃないのです!!(魂の叫び)
それは大野さんが投げる、ただそれだけで「今日はダメだな」。
楽しみの夜が始まる前からつまらなくなる程でした。
また槙原さん(ジャイアンツのピッチャーです)との投げあいは、
お門違いだけれど藤田監督に文句の一つ言いたくもなりました。

槙原の一勝が勿体無い。大野にぶつけるなよ!(敬称略)

って。
それぐらい、大野さんから点を取れる気がしなかったんですよね。
でも本書に

槙原君との投げ合いはいつも燃えた。
『1点でも取られたら終わりだ』と思って投げていた(本文より)

とあって、もう胸がアツくなって、アツくなって。
何故だか判らないけれど、涙腺までアツくなってしまいました。
今ではほとんどプロ野球を観なくなってしまったけれど、
あの二人の投げあいは僕の記憶の中で今でも輝き続けています。

最後に。
それにしても大野さんを輩出したカープは
本当に魅力的なチームですよね。
財政的に余裕がないから(失礼)、
チームを出て行く選手も多いけれど、
大野さんみたいにチーム一筋の男がいる。
またそんなある意味で不器用な男が、カープに似合う、似合う(笑)
ジャイアンツファンだった僕からしたら、
そんなカープが、大野さんが、とても眩しくて。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

断酒継続3000日

数字ほど感慨みたいなモノはない。
ただ、断酒をはじめたとき、
一番辛い時に僕を支えてくれた人。

僕にとって断酒の節目の日とは、
もう二度と会う事の無い彼女の顔を、ちょっとだけ思い出す。
そんな日だ。

開始:2012/3/18
断酒3001日目

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : アルコール依存症
ジャンル : 心と身体

Tag:アルコール依存症  Trackback:0 comment:0 

西村京太郎『十津川警部 アキバ戦争』読了

「明日香を、預かっている。一億円用意しろ」。秋葉原名物メイド喫茶の人気メイドが何者かにさらわれた。警視庁の捜査員たちは翻弄された末に身代金を奪われてしまう。そして、誘拐犯からさらなる要求が突きつけられた!十津川警部・亀井刑事の名コンビと、明日香のファンを自認する異能の“オタク三銃士”が、時に協力しつつ、時に相手を出し抜きながら、真相へと迫ってゆく。
内容(「BOOK」データベースより)

嘘でしょう?

本書は『十津川警部シリーズ』の一冊。
アキバを代表とするオタク文化と旧世代の対立が描かれています。

内容はバッサリ略で一言、嘘でしょう?
もう一から十まで『西村京太郎』の名を貶めるばかり。
まさかご本人が書いたとは思えず、
むしろ『コレが西村京太郎だなんて、嘘だと言って?』
となりました。

呆れてモノが言えないので今回はココまで。
読む本が無くて手にしたけれど、
それでもなお、読まなかったほうがマシでした(時間の無駄)。
ファンは勿論、『西村京太郎』ファンならなおさら
本作は控えることをお勧めします。

蛇足でアキバ(秋葉原)について。
作中のアキバは「電気の街」と「風俗の街」の
新旧が対立しているトコロとされていました。
この作品の前提?も本書を読めば突っ込みどころしかないし、
脱力しかないけれど、ある程度は納得の行く意見だと思いました。
で、僕は過去に19年勤めていた会社(本社)が秋葉原にあり、
その変遷を目の当たりにしてきました。
その上での個人的な感想だけれど、
アキバは対立を含む “喧騒” こそが街の真髄である。
そう思うんですよね。
以前に比べて遥かに綺麗になり、品の良くなった現在のアキバは
魅力が薄れてはいないでしょうか?
たとえば昔のアキバなら

怪しい店があり、横柄な店員がいて、不良がいる。
また時代を経ても、
アニメのポスターが並ぶ店があり、
従順可憐(であろう)女の子の店員がいて、
オタクがいる。

道は汚いし、ジメジメしていたあの頃が良いとは全く思いません。
けれど、「対立」にある負の側面だけを取り上げては、
街は、アキバは死んでしまう。
作品に没頭できず、そんな愚考ばかりの読書でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

こんな季節

IMG_20200521_072149.jpg
IMG_20200521_072209.jpg
でもちっとも嫌じゃなくて。
むしろちょっと嬉しかったり。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫19歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

米澤穂信『巴里マカロンの謎』読了

「わたしたちはこれから、新しくオープンしたお店に行ってマカロンを食べます」その店のティー&マカロンセットで注文できるマカロンは三種類。しかし小佐内さんの皿には、あるはずのない四つめのマカロンが乗っていた。誰がなぜ四つめのマカロンを置いたのか?小鳩君は早速思考を巡らし始める…心穏やかで無害で易きに流れる小市民を目指す、あのふたりが帰ってきました!
内容(「BOOK」データベースより)

激甘希望。

本書は〈小市民〉シリーズの第4弾。
友達以上、恋人未満でありながら、
限りなく友達に近い高校生コンビの活躍が描かれています。
なんだか〈古典部〉シリーズにそっくり?だけれど、
でもだからこそ楽しい読書となりました。

内容はバッサリ略で一言、とても面白かったです。
上記の通り、やや既知感があるのだけれど、
それでも『米澤穂信』ブランドに恥じない一冊だと思います。
ファンなら当然、ファン以外の方にも安心してお勧めです。

ここからは一言感想を。

『巴里(パリ)マカロンの謎』
リングケースのアイデアは凡庸でも、やっぱりロマンティック。
それでも娘としたら忸怩たるモノがあったと思います。
因みに「誤ったフリして自分で食べちゃう」って言うのはどうです?

『紐育(ニューヨーク)チーズケーキの謎』
証拠品の隠し場所(方法)が良かった。
それとあわせてニューヨーク・チーズケーキの食感って、
湯煎で作るベーグルに似ているのかな?って想像しました。
小鳩君曰く「食感は驚くほどまったり」だそうです。

『伯林(ベルリン)あげぱんの謎』
本書の一番。なにより「出る幕ではなかった」小山内さんが
可哀想で、可哀想で(笑)
ただ P209 の所謂「読者に挑戦!」はちょっとアンフェアでしょう。
僕は真面目に(与えられた中で)考えちゃいました。

『花府(フィレンツェ)シュークリームの謎』
兎に角、ラストが良かった。
本編に限って言えば小山内さんより秋桜ちゃん。
秋桜ちゃんより瑠璃子さん。二人とも本当に良かったね。

以上、僕ははじめての〈小市民〉シリーズでしたが、
想像通りに楽しめました(期待値が高かったのです)。
スイーツを扱う割りに事件は割とビターだし、
小鳩君と小山内さんの関係も微糖と言うよりほとんど無糖。
僕は昨今?の微糖ブームにならわず、
スイーツも小説も恋愛も激甘が好みなので、
〈小市民〉シリーズにもっともっと砂糖が加わること、
期待しております!!^^/

おまけ:
IMG_20200525_173757.jpg
最近食べたスイーツ。
コメダ珈琲の季節限定「シロノワール・ジューシーパイン」。
そうそうコレコレ。スイーツはこれぐらい甘くなくっちゃ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

○と×

生まれつきのO(オー)脚。
でも椅子に座ると、僕の足はいつも×(バッテン)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

横の上

IMG_20200520_182824.jpg
お寛ぎ中の姉妹。

IMG_20200520_182911.jpg
実は横になっている父ちゃんの上。
新体操の平均台みたいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫19歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

ジャン・コクトー/著 堀口大學/訳『コクトー詩集』読了

二十歳で才気あふれる詩人として文壇にデビューし、バレエ台本、小説、絵画、映画製作など、芸術のあらゆるジャンルにわたって才能をほしいままにしたコクトー。彼の詩は、古典と前衛、調和と破壊を豊かな感性で結合させ、一作ごとに異なった美を生み出している。ここには、1920年以後に書かれた『詩集』『寄港地』『用語集』『平調曲』『オペラ』から、代表作を収録した。
内容(「BOOK」データベースより)

好きなモノを語る。

本書はフランスの詩人、ジャン・コクトーの詩集。
「陰」や「哀」に寄り添いながらも、どこか日本人とは違う大仰さ。
そんな異文化さえ楽しむことが出来ました。

内容はバッサリ略で一言、割と良かったです。
ただ、どうしたって時代を感じるし(現代なら禁止ワードのオンパレード)、
多くの日本人(含む僕)とはどうしても異なるであろう感性に、
最初から最後まで違和感を覚えてしまいました。
勿論、だからと言って嫌悪感なんて一切ありませんよ?(本当に)
ただ、海外旅行に感じる余所者みたいな緊張感(違和感)……
って感じになるのかな。
これ以上、詩を語る愚は控えるけれど、
それでも異文化に触れるような刺激は間違いなくあるし、
仰々しい有様は This is poem! って感じで悪く無かったです。

好きな作品は多くありました。
例えば『放列』、『哀れなジャン』、『帆船』、『少年水夫』、
『手風琴』、『野ばら』、『赤い包み』、『学友』etcetc.
なかでも一番の好きな作品は『よいもの』。
こちらは「感動」と言うより単なる僕の「好み」なんだけれど、
自分の好きなモノを並べて語る様は、どこか微笑ましいんですよね。
分野は全く違うのだけれど、清少納言の『枕草子』や
谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』で覚えた共感みたいなモノを
この作品にも感じました。
誰かが好きなモノをアツく語り、ただそれを聞いているだけで、
なんだか幸せな気分になってしまいます。

おまけ:
IMG_20200528_080441.jpg
おしゃべりではない別嬪さん
IMG_20200528_080546.jpg
いろ気ざかりの混血女(あいのこおんな)

どれもみなよい。
みなどれもよい。

※コクトー『よいもの』より

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

布マスク

布マスクと言えば給食当番。
当時、僕の通う小学校で配膳を担当する給食当番は
布マスクが必須だった(当然自前)。
また給食の時間になると

「給食当番でマスク忘れた人」 → 該当者はココで挙手
「ナプキン忘れた人」 → これはクラス全員が対象
「ハンカチ忘れた人」 → これもクラス全員が対象

衛生委員の生徒が各クラスを巡回して上記設問をし、
その挙手の数を記録していたコトを思い出す。
ペナルティは特に無い。

そうそう、僕は給食当番になって(布マスクをつけて)はじめて
「自分の唾は乾くと臭い」と知った。少し傷付いた。
因みに僕の知る限り、リコーダのそれで自覚した人との割合は
およそ 1:1 だった。

※ アベノマスクが届きました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫19歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1209)
(777)
one_day(654)
ex_girlfriend(342)
ロックンロール(227)
my_ex(212)
アルコール依存症(195)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター