日常

IMG_20221003_070739.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫21歳・白黒猫8歳)  Trackback:0 comment:0 

伽古屋圭市『かすがい食堂』読了

憧れの映像業界に入ったものの、激務によって心身ともにダメージを負った楓子は、祖母が営む東京・下町の駄菓子屋「かすがい」を継いだ。一ヶ月経ち「おばちゃん」と呼ばれるのにも慣れた頃、夕刻にやって来てきっちり三百円分の菓子を買って帰る少年の存在に気づく。事情を察した楓子は、店の奥の台所で食事を提供することにした。貧困や摂食障害など問題を抱える子どもたちを迎えるのは、肉汁あふれるハンバーグ、ごはんが進む野菜炒め、つくるのも楽しいロールキャベツ、みんなで囲む寄せ鍋…!!賑やかで温かい食卓が、居場所を失った子どもたちを救う。
内容紹介(「BOOK」データベースより)

So what?

本書は駄菓子屋「かすがい」を舞台とした物語。
ちょっとお節介な主人公・楓子と、サポート役?の祖母の姿がありました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言、とても良かったです。
それは問題を抱える子供に寄り添いながら、
しかし決して無理強いをしない。
そんな楓子とおばちゃんに学ぶところがあったから。

一方で、慢心?する親たちには諦観みたいなモノを覚えました。
例えば、夕食を駄菓子で済ませる翔琉君に、善意で食事を用意する楓子。
しかし翔琉君の母親は楓子に対してに「資格があるのか!」と詰め寄りました。
その詳細は本書をご確認していただくとして……
僕は楓子にこう言い返して欲しかったです。

それがどうした?(So what?)

って。

また本書は貧困やいじめも扱っており、
それはそれでまた別種の厄介な問題でもありました。
それでも、どんな理由があったとしても、そんなの一切関係なく。

子供を守るのは、別にその子の親 “だけ” でなくても良いのでは?

僕はそう思います。
親に出来ないコトがあるのなら、僕達周囲の大人が協力すれば良いだけのコト。
それは(親子の両方とも)全然恥ずかしいコトじゃないと思います。

以上、本書は食を通して子供達に寄り添った食堂の物語。
子供のセキュリティが叫ばれる時代に、
古臭い(現代に通用・適用出来ないであろう)意見だと自覚はあります。
けれど、舞台が昭和の象徴?の駄菓子屋なので、今回は許してください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

日常

IMG_20221002_094537.jpg
IMG_20221002_094543.jpg
ふうの爪を切るのは大仕事です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫21歳・白黒猫8歳)  Trackback:0 comment:0 

谷川直子『愛という名の切り札』読了

それがあたりまえだと結婚した主婦の百合子。心変わりを理由に離婚を迫られるライターの梓。結婚にメリットなしと非婚を選ぶ娘の香奈。制度にとらわれず事実婚で愛を貫く若い理比人。結婚、離婚、非婚、事実婚を問いかける本格小説。
内容紹介(「BOOK」データベースより)

ババ抜き。

本書は結婚の意味を問う一冊。
多種多様な側面が提示されており、多くが身にしみました。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
それは愛と結婚は全く別物である(yuki意訳)とあったから。

で、ここで話はクルリンパ。
昭和世代は兎も角、
現代の若者には結婚はデメリットの方が多いと感じます(個人的な感想です)。
長くなるので控えるけれど、その点では現代っ子で結婚を望まない香奈に、
(裏腹な思いもあるのだけれど)共感してしまいました。
また理比人は香奈よりも自己中(自己愛)を強めに感じたのだけれど、
事実婚を選んだ理由に一定以上の理解は出来ました。

因みに結婚が当たり前の世代だった百合は
娘・香奈に結婚のメリットを説明しようと試みます。
その一つが二人で暮らすことにより節約できる居住費や光熱費。
さらに各種補助や免除による節税があったのですが……。

でも、金銭的な意味においても、
結婚はリターンよりもリスクの方が大きいですよね。
たとえば離婚時なんかに。

またタイトルの『愛という名の切り札』にある “愛” とはまさしく Joker。
でも僕はトランプ・ゲームの『大富豪』のそれではなく、
『ババ抜き』の方の Joker を想像してしまいました。
結局、結婚と言う制度の上では、
愛(≒Joker)はメリットよりもデメリットの方が大きい。
本書にはそうあった様に思います。

以上、本書は結婚の意味を現代的に問うた一冊。
特に意見は無いのだけれど、効率や確率。
そして予想される未来(我が国の経済情勢等)。
一つ上の世代として責任を感じますが、
現代の若者に結婚のメリットが減少して当然だと感じました。

それでも、愛は、結婚は。
それだけではないのだけれど。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

ぬか漬け

IMG_20220919_141737.jpg
IMG_20220919_142158.jpg
IMG_20220921_130242.jpg
ニンジンって、上手く漬けるコトが出来ません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

イタタ

IMG_20220928_124158.jpg
今は息をするだけで、あばら骨が痛いです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

山内マリコ『選んだ孤独はよい孤独』読了

地元から出ないアラサー、女子が怖い高校生、仕事が出来ないあの先輩…誰もが逃れられない「生きづらさ」に寄り添う、人生の切なさとおかしみと共感に満ちた19編。情けなくも愛すべき男たちの「孤独」でつながる物語。「女のリアル」の最高の描き手・山内マリコが「男のリアル」をすくいあげた新たなる傑作!
内容(「BOOK」データベースより)

そうでもない。

本書は実力の無さが “孤独” に繋がってしまう男たちの物語。
リアリティを感じるモノとそうでもないモノがおよそ 1:3 でした。

ここからはいくつかを見繕って一言感想を(なんせ19編もあるので)。

『男子は街から出ない』
これはちょっと判るような気がしました。
ただ、ボーリング(遊技場)は、バブル前後で全く印象が変わった気がします。

『女の子怖い』
花音ちゃんは極端。
でもまぁ、女子はこんなモンだと身構えておくのが吉かも(小声で)。

『「ぼく」と歌うきみに捧ぐ』
男性を誤解されている様な気がしました。
勿論、そう感じる男性もいるのでしょうが、
僕が観察するトコロ、そんな男性を見たコトがありません。
きっと多数の男性は気にも留めていないのでは。

『あるカップルの別れの理由』
別れの話なんだけれど、意外に爽やかな印象が残りました。
うん。お互いに次に行こう。次、次!

『ぼくは仕事ができない』
イマドキ、飲みにケーションって(白目)
そんなの逃げちゃえ、逃げちゃえ。

『いつか言うためにとってある言葉』
逆もしかり。例えば、
『私が三菱商事の重役の娘でなかったら、
結婚なんてしなかったんでしょう!』って。
同様に詰られている男もいるのでは?

以上、本書は女性(作家)が想像する孤立した男性の物語。
リアリティのある設定にあっても、
大体においてはやや男性心理に遠いのかな?って。
正直、そう感じてしまいました。
多分、気持ちの切り替え方が男と女性は違うからだと思うのだけれど、
打ちひしがれて、倒れてしまって、立ち上がれなくて、それでもなお。
肘と膝を使って匍匐前進を続ける。
そんな人たちも男も女性と同程度には居ると思いますよ?(オドオド)。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

日常

IMG_20220926_080838.jpg
君も洗濯機で回しちゃうよ?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫21歳・白黒猫8歳)  Trackback:0 comment:0 

幸田真音『人工知能』読了

中学生の頃から悪さばかりしてきた、新谷凱。いつも行き当たりばったりの人生を送ってきた彼が、唯一興味を持てたもの―それは「人工知能」の世界だった。携帯電話会社でのアルバイトや電気機器メーカーでの企画開発などを経て、AIに携わる仕事に就いた凱。その企業で彼は、ある事件の捜査に協力することになる。その事件とは、自動運転技術が搭載された試験中の車が、人を轢いたというものだった…。人気経済小説家が描く、衝撃のサスペンス!
内容(「BOOK」データベースより)

がっかり。

本書は AI の危険性を主軸としたミステリィ。
ただし、著者の AI に対する知識に疑問を感じてしまいました。

内容はバッサリ略で一言、うーん。
先端技術はそれこそ日進月歩だし、
僕みたいにリタイアしたエンジニアが大上段に語るべきではない。
それでも、正直、本書にある AI に関する文章には白けてしまいました。

物語は良かったです。
洗脳を “する” 側と、“される” 側の設定には新しさを感じたし、
オチは(僕は)それなりに愉快でした。

ただ、それ以上は無いんですよね。
例えば前半の主人公の生い立ちの長々とした記述に何の意味があったのか。
僕にはサッパリ理解できません
(言いたくないけれど、これぞ老人の昔話って感じ)
また著者は AI をどのくらい学んだのでしょう。
情報が古いとかウンヌンではなく、そもそも明らかな誤解があります。
AI の “自律” の意味を、著者は全く理解されていない様に感じました。

語弊を恐れずに言えば、
AI は今後も(車に限らず)あらゆる分野で成長し続けます(キッパリ)。
そこに懸念や恐怖を感じる人は多いと思うのだけれど、

大丈夫です。

僕達の後進はきっとそれらの全て(の問題や課題)を克服してくれますよ?
これは予言ではありません。確実な未来です。


AI によるコスト高に言及されると、
残念ながらそこはその通りになると考えています。
だからこそ、著者はそこも赦せななかったのでしょうね(→貧富の差)。
前半が主人公の恨み節だらけになってしまった理由の一つかな……。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

イタタ

IMG_20220926_061159.jpg
敷地の枝切り。梯子がズレ(?)ちゃって。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫21歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒8歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1568)
(1074)
one_day(837)
ex_girlfriend(342)
ロックンロール(241)
my_ex(214)
アルコール依存症(209)
タラレバ娘(131)
自転車(42)
縦結びの人(41)
漫画(17)

検索フォーム
FC2カウンター