換毛期

IMG_20210410_180019.jpg
IMG_20210410_180110.jpg
僕の脇の下で毛づくろい。
そう言えば今年ももう、毛がわりの時期です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:2 

アーバン・ウェイト/著 鈴木恵/訳『生、なお恐るべし』読了

ベテランの運び屋ハントは、ある受け渡しの現場を保安官補ドレイクに発見され、逃亡する。彼はやむなく“償い"として仲介者から提示された仕事を受ける。だが、実はその成就を待ってハントを始末すべく、嗜虐的な“調理師"が放たれていた。死闘の末に3人の男を待ち受ける運命とは──?
内容(出版社内容紹介より)

キングの言葉ほど。

本書はスティーブン・キング絶賛の大型新人による一冊。
デビュー作でもあり、その力の入れよう(?)は半端ではありません。

内容はバッサリ略で一言、良かったと思います。
それはある意味でクライム・ノベルの伝統を十二分に継承していたから。
一方で、僕にはハッキリとトゥー・マッチです。
クライムと言うかノワールはかなり好きな分野なのだけれど、
本書のそれは『質』は勿論、さらに『量』が過剰なんですよね。
重ねて個人的な嗜好で申し訳ないのだけれど、
僕はスプラッタが苦手でして……。

テーマは盛りだくさんだし、密度も非常に濃い(≒詰め込み過ぎ)。
おふざけ(ギャグ?)にはいささか疑問符が付くのだけれど、
いづれも読者サービスと思えば許容範囲にはなるでしょう。
なんせデビュー作ですからね?僕は著者の気合と受け取りました。

ただその読者サービスでさえ(控えめに言っても)過ぎています。
個人的には(こればかりでスミマセン)アクションよりバイオレンスより、
もっとハント個人を描いて欲しかった。
せっかくハントは50(歳)を過ぎても、
父との確執に落としどころを付けられないオッサンですからね?
僕の経験とは違うのだけれど、それでも何だか他人事には思えなくて。

以上、本書は This is Crime Fiction. とも言うべき一冊。
正直、「キングが絶賛!」って言葉ほどあてにならないモノも無い。
これが一番最初の感想になっちゃうのだけれど、
結局は(個々の)好き好きの範囲だと思います。
とびきりスプラッタなクライム・ノベルをご所望の方にお勧めです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

貧乏性

薄くなったりゴムが伸びた靴下を一斉に処分。
洗濯してハサミで切って全部ウエスにした。
我ながら貧乏性。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

宮崎智之『平熱のまま、この世界に熱狂したい 「弱さ」を受け入れる日常革命』読了

不完全は優しさ。あきらめは許し。弱さは贅沢。自分が美しいと思うものを踏みにじらずに生きるために―。アルコール依存症、離婚を経て取り組んだ断酒。そして、手に入れた平熱の生活。退屈な日常は、いつでも刺激的な場へと変えられる。
内容(「BOOK」データベースより)

「弱さ」は免罪符ではない。

本書はアルコール依存症によるエッセイ集。
断酒(や離婚)を経て得られた平熱の世界がありました。

内容はバッサリ略で一言、良かったと思います。
それは自分を美化することもなく(謙虚を装った自慢話ではない)、
多くあった意見にも慎ましさ(≒平熱)みたいなモノがあったから。

一方で、アルコールの問題についてはほとんど語られていません。
僕はアルコール依存症をキーワードに本書を手にしたので、
この点についてはハッキリとヒザカックン。お仲間は念のためご注意を。
(ただし著者は現在も断酒継続中。間違いなく僕たちのお仲間です)

また異なるメディアに掲載されたエッセイを集めているので統一感に乏しく、
筆致?さえバラバラと感じてしまいました
また内容についても

共感出来るモノもあったし、そうでないモノもありました。

それでも最後まで “平熱” だった著者の語り口には好感しかなく、
上手く言えないのだけれど「お酒が無くても議論は出来る」。
そう著者は体現してみせていた様な気がします。

以上、本書は弱さ(含むアルコール問題)を受け入れ、
しかし盲目的、偏向的な思考とは無縁の(ごく普通の)男性視点がありました。
アルコール依存症に限らず、中年男性の方にお勧めです。

蛇足で「ヤブみ」について。
作中、著者は

「プリミティブで、残念なほど地味だが、たまらなく趣がある」ものに対して、
「ヤブみ」という言葉を使う(本文より)

とありました。
その例としてヤカン(薬缶)やタワシ(特に便所用の柄のついた奴)が
あったのですが……。
その詳細は本書をご確認していただくとして、僕のとっての「ヤブみ」は、
いまこの瞬間手にしている「紙の本」である。そう感じてしまいました。
なんせ “紙” の本なんて、いまどき時代遅れですモンね。
でもだからこそ僕には「ヤブみ」なんです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

どこ?

騒がしいのが居ないと心配になっちゃって。
IMG_20210330_142846 - コピー
IMG_20210330_142850 - コピー
IMG_20210330_142855 - コピー
つい探しに行っちゃう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:0 

志賀直哉『灰色の月・万暦赤絵』読了

絶対的な自我肯定を行動の規範とし、その生の体験を書くことによって鮮烈に生き直した強靭な個性の作家志賀直哉。その生の歩みは、長く、美しく、豊かであった…。
内容(広告コピーより)

ほとんど日記。

本書は『志賀直哉』の後期作品23編を収めた短編集。
ある意味で作家の才能が枯れていく様子がありました。

内容はバッサリ略で一言、寂しさを覚えました。
それは「小僧の神様」にあった味わい深い作風が影を潜め、
老人の戯言みたいなモノばかりがあったから。

ここからはいくつかを一言感想で。

『鳥取』
老外人が「三朝」を「みあさ」と発音。
でも日本人(僕)だって地名は難しいです。

『池の淵』
冬の蝉って、たまに聞きます。
嘘って決めつけは良くないのでは。

『日曜日』
この後、すっぽんは食べたのかな?
僕は川に “捨てた” と予想します。

『早春の旅』
大きな声じゃ言えないけれど
直吉はこの同行が(本音は)嫌だったのでは?

『灰色の月』
どうすることも出来ない。
それを一番良く知っていたのは、きっと少年工だったと思います。

『いたずら』
いたずらにだって、やって良いモノと、そうでないモノがある筈。
ここにあったのは後者です。

『朝の試写室』
不倫した男(著者)が、どの口で言う。

『八手の花』
叔父の最期の一言。
僕も(最期に)その心境になれれば御の字です。

以上、本書は小説とも日記ともつかない一冊。
ですが、ファン以外はスルーして良いかも知れません。
『志賀直哉』の傑作は他にあるのですから。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

マンゴープリン

IMG_20210410_160130.jpg
マンゴーって当たりはずれの差が大きい気がする。

仮説:マンゴーに限らず、またプリン以外もそうなのだけれど、「濃厚」って危険ワードなのかも知れない。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

後光

本人(娘達)には言わないけれど
IMG_20210403_161623.jpg
IMG_20210403_161700.jpg
彼女達が尊くて。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:0 

東山彰良『どの口が愛を語るんだ』読了

のたうちまわって超えていけ、愛。
『流』の直木賞作家・東山彰良が新たに挑む、自由でボーダレスな短編集!
九州の温泉街、小さな街の団地、ニューヨーク、台北、東京――。
残酷さとやさしさが隣り合わせるパッとしない世界
それでも生きていくむきだしの人間たち。
内容(「BOOK」データベースより)

独り。

本書は『東山彰良』による4つの短編集。
愛の行きつく先を、様々なカタチで描かれていました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言、とても良かったです。
それは粗雑で退廃的でありながら、暴走する何かを止められない。
そんな著者らしい “愛” があったから。

ここからは一言感想を。

『猿を焼く』
「暴力」って、行使者にとってはある種の痛み止めなのかも知れません。
麻薬の様に人間性を失う代わりに、抱える痛みを一瞬で忘れさせる薬。
勿論、法治国家においては使用厳禁なのだけれど、
どうしても必要なら、暴力は他人ではなく自分に向けて使いたい(僕の場合)。

『イッツ・プリティ・ニューヨーク』
偽善こそはこの世界を回している重要な歯車のひとつ(本文)
この一文に強く賛同してしまいました。
また亀(ススム)は男が大人になってはじめて憧れるタイプの男。
鳥(ウタ)は男なら子供から大人まで惹きつけるタイプの女性だと思います。

『恋は鳩のように』
同性愛者を含む男女4人の四角関係を中心に、
興味深い『詩』の考察のいくつかがありました。
で、僕は思うのだけれど、詩の本質(の一つ)って理解して貰うコトではなく、
むしろ理解を拒否するコトではないでしょうか。

『無垢と無情』
愛って勘違い?依存?それとも戦争や宗教みたいなモノなのか?
そんな彼等のディスカッションに、僕の心はほとんど動くコトはなかったです。
因みに「愛がなにかを知らないくせに!(本文より)」
なんて発言する人や、それに毅然と回答できる人がいたら、
僕はその人たちを信用しないと思います。

以上、本書は愛を丸裸(?)にした一冊。
乱暴にまとめれば愛の行きつく先は

“独り” である。

そう示唆していた様に感じます。どなた様にお勧めしたいのですが、
孤独を自負される方には特にお勧めです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

おやすみなさい

IMG_20210324_180843.jpg
IMG_20210324_180815.jpg
IMG_20210324_180857.jpg
IMG_20210324_181113.jpg
おやすみなさい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫20歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒6歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1349)
(892)
one_day(724)
ex_girlfriend(343)
ロックンロール(234)
my_ex(214)
アルコール依存症(202)
タラレバ娘(131)
自転車(41)
縦結びの人(41)

検索フォーム
FC2カウンター