ステレオ

IMG_20181221_182656.jpg
姉妹がぐっすり眠っています。

IMG_20181221_182509.jpg
寝言のステレオ放送です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

平野啓一郎『ある男』読了

彼女の夫は「大祐」ではなかった。
夫であったはずの男は、まったく違う人物であった…。
平成の終わりに世に問う、衝撃の長編小説。
内容(「BOOK」データベースより)

何度も、何度でも。

本書は戸籍の交換(身許のロンダリング)を題材に、
アイデンティティの脆さ、危うさを描いた作品。
個人に内包する(すべき)問題を扱うだけに、
好悪が分かれるかも作品かも知れません。

死別した夫が別人と知った妻
謎の人物を探す在日三世の弁護士
そして
死刑囚の息子

テーマは意外と多岐に渡ります。
個人のアイデンティティ、在日やヘイト問題、死刑制度、
愛における過去と未来、他人の人生を生きることetcetc.
そのどれもが難しい問題だし、
例えば国民単位では殆ど統一見解など望めない題材ばかり。
それでも幾つかの主張には妙味がありました。
たとえば

自分の苦悩をただ自分だけでは処理できないだろう?
誰か、心情を仮託する他人を求めている(本文より)

と、小説を楽しむ理由もその一つ。
人生を他人や架空のそれと置き換える理由に、
読書好きとして思わず膝を打ちました。

しかし全体的には欲張りに集めすぎた題材を
ハッキリともてあましており、散漫で緩慢な印象です。
これは個人的な意見になりますが、
エンタメならもっとミステリィ寄りに、
文学ならテーマをどれか一つに絞った方が
良かったのではないでしょうか。
(僕は愛と愛した人の過去について興味がありました)

最後に。
作中、名古屋へ向かう新幹線の中で、

愛した人が実は赤の他人だった場合、
二人の愛はどうなる?

と問いかけた城戸に対し、美涼はそんなに難しくない
と言った顔で自分の意見を口にします。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は彼女の考えに例えようもない熱いモノを感じました。

たぶん、彼女の言う愛は綺麗事でしょう。

けれど僕はそんな愛こそ求めて止まないんですよね。
僕にはそれが出来なかったし、
逆に相手からのは拒んでしまったのだけれど……。

僕は僕の人生を、誰かのそれと交換したいとは思いません。
しかし、あの時の僕をもう一度、
僕の人生をもう一度やり直すことが出来るのなら……。
そんな夢なら今でも見ます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

図書館の本を紛失し、弁償しました。

紛失の経緯はコチラ
その後、僕は毎日、JRの落し物係と警察の遺失物係に電話を掛け、
リュックが届いてないかの確認を続けました。
でも年末年始を挟んだ今年1/4の電話を最後に、
リュックを(大切なモノたちを)完全に諦めるコトにしました。

本エントリではその中から一点。
サブジェクトにある本の弁償について記述します。

図書館への紛失報告、その手続きは
年末年始休暇明けの1/4に行いました。
具体的には書類(紛失届け)の記述になります。
また実際の弁償方法なのですが現物での納入です。
こちらがすみ次第、手続き終了となります。
(それまでは「手続き中」ってステータスですね)

で、弁償する本『コンフィデンシャル あの会社の真実』なんですが、
近所の本屋を探したのですがどこにもありません。
なのでいつものアマゾンで購入したのですが、
新品だと証明するレシートの代わりをどうすれば良いかが疑問に。
その点を職員に尋ねたところアッサリと「不要」と言われました。
前回(後述)はレシートが必要だったのですが、
規則が変更になった様です。

IMG_20190107_125121 - コピー
IMG_20190107_125143.jpg
で、後日、現物を入手。
直ぐに図書館へ行き、手続きを済ませました。

IMG_20190114_083900 - コピー
年末年始を挟み、関連部署のいづれも長期休暇となって、
存外に時間が掛かってしまいました。
また万が一でもリュック(本)が出てくる可能性、期待と、
早く気持ちを切り替えて実際的な回復をはかりたい気持ちの
両方で揺れ動いてしまい、割りとイライラしてしまいました。
でも幸い図書館をはじめ、ご迷惑をかけてしまった皆様からは
ご寛容を授かるコトが出来ました。
ここに謹んでお詫びとお礼を申し上げます。

今後は二度と同じ過ちを繰り返さないように。
具体的には荷物を電車の網棚に置くことを自分に禁じます。
またどんなに楽しくても、どんなに幸せな気分であっても、
浮かれすぎないように。家に帰るまでは思い出の反芻を禁じます。
繰り返しになりますが、お騒がせして、ご迷惑をお掛けして
本当に申し訳ありませんでした。


実は図書館の本を遺失するのは二回目です(本当にスミマセン)
前回の様子はコチラの蛇足に記述があります。
もう本当に自分が情けないし、皆様に申し訳ないです。
深く深く反省しております。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

日本経済新聞社 編集『コンフィデンシャル あの会社の真実』読了

任天堂「黒子社長」の悩み、三井三菱を食らう「謎の一族」
ヤフーの苦悩、カジノ事件の真相。
日経電子版の人気連載を書籍化!
内容(「BOOK」データベースより)

有料に疑問符。

本書は日経電子版(有料版)の「コンフィデンシャル」
に掲載された記事を単行本化した一冊。
内容としては新しいものばかりではありますが、
有料コンテンツにしては情報量が足りません。

三井三菱を食らう「謎の造船一族」の秘密
イオンを拒んだ町とその「後悔」
勝てるか、ジーンズをはいたパナソニック

とりあげられた企業、題材はどれも興味を惹くし、
実際それなりに面白かったです。かつての栄光から
落日の憂き目にあう企業(経営者)の姿には冥い感慨があったし、
ひさしを貸して(日本が外国に)母屋を取られるマヌケな企業には
他人事ながら憤慨も覚えたりもして。

ただいづれも表面をなぞるだけなんですよね。

無料版に慣れ親しんだ読者を
有料版に引き込むキラーコンテンツだったそうですが、
僕がお金を払った読者ならきっと不満を覚えたと思います。

これだけ?って。

まぁ、Web記事だし極力文字数を減らすのが
当然の手法かも知れませんよね。
それでも出来ればシャープの軍門にくだる東芝(のPC部門)
の話なんかもっともっとボリュームを上げて、
これだけで一冊の本にして欲しかったかも。
IT関連に携わるエンジニアの端くれとして、
ちょっと意地悪に興味があったり。

最後に。
ネクスト・ユニコーンと注目されているプリファード
(正確にはプリファード・ネットワークス)には
これからも要注意だと強く感じました(物凄く良い意味でです)。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
技術の天才と技術に通じる販売担当の二人の組み合わせは、
まさにソニーを、アップルを髣髴させました。

むむむっ、こりゃあ、ビンビン感じますよ?

で、僕は早速、プリファード・ネットワークスの
株価を調べてみました(笑)
結論から言うと、未上場企業だったのですが、IPOが近いのでは?
と皆様、とっくの昔から熱く注目されていたんですよね。
自分の事を棚に上げるようでナンですが、
世の中、欲の皮が突っ張った人が実に多いと知りました(笑)


本書は図書館で借りていたのですが、
先日のリュック遺失で一緒に失くしてしまいました。
後日、図書館に弁償したのですが、
その顛末はまた別の機会に報告いたします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

one day

IMG_20181208_162542.jpg
IMG_20181208_162642_1.jpg
マカロニグラタン。

IMG_20181208_135453.jpg
机にあった一輪挿し。
ガーベラでしょうか。

IMG_20181208_160243.jpg
急で作ってもらった肉鍋?
無理目な注文をするのが(出来るのが)嬉しくて。

おまけ:
IMG_20181208_130659 - コピー
杉並区郷土博物館で教えてもらった下肥運びのトリビア。
近くにいた見ず知らずの年配の方に教えて貰いました。
下肥を運ぶ時は、どうしても樽が揺れてしまうので、
進行方向(天秤棒の向き)に対して横に(意図的に)揺らすそうです。
縦に揺らすとこぼれた “しぶき” が自分にかかってしまうから。
へぇ~へぇ~。
いやぁ~、為になりました。肥溜めだけに(白目)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:縦結びの人  Trackback:0 comment:0 

ごっくんごっくん

IMG_20181229_165417 - コピー
お風呂に入っていると、える坊がやってきて。

IMG_20181229_165351 - コピー
お湯をごっくんごっくん。
彼女は水入れのお水 “以外” が大好きです^^

おまけ:
IMG_20181229_165329.jpg
ふう助さんは僕を監視中。
セコムかな?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

緒方波子『ラブ考』読了

同棲を始めた途端、問題が続発した恋人たち。
趣味さえ合えば、幸せになれると思ったのに…!
これは交際から同棲、そして結婚という険しい道のりを
作者(31歳・漫画家)が完走するまでを追った、
共感と爆笑と感涙のドキュメンタリーである…!!
全ひねくれ女子、必読の恋愛考察エッセイ。
内容(「BOOK」データベースより)

二人が良ければ、それで良し。

本書は喪女である著者が結婚するまでを描いた漫画エッセイ。
オビにある「共感と爆笑と感涙」はほとんど感じず、
ラブコメと言うより日常系だと思います。

内容はバッサリ略で一言、特にありません(笑)
何を持って「一般的」と言うかは抜きにして、
二人の恋愛はごくごく普通だと感じました。

本書は友人(既婚女性)から借りました。
彼女曰く

「牛田さんみたいな彼氏が欲しい!」

でも僕なんか足元にも及ばない、イケメンで高収入、
何より彼女に今もラブラブな旦那様がいると言うのに、
なんという暴言でしょうね。
あっ、僕に喧嘩を売っているのか?(笑)

きっと本書の面白さのポイントは
優良物件な彼氏・牛田さんと
不良債権(失礼)な波ちゃんとのアンバランス具合。
でも僕は牛田さんがちっとも可哀相だとは思わないし、
逆に波ちゃんが得している(?)とも思わないんですよね。
これは本ブログで何度も言及していますが、
恋愛なんて他人(第三者)からは絶対に把握できません。
どんなに円満なカップルでも、喧嘩ばかりのカップルでも、
二人の “本当” のトコロは当人同士にしか判らないのです。
なので他人の恋愛については、

二人が良ければ、それで良いのでは?

が一貫して僕のスタンス。
本書の牛田さん、波ちゃんについても同じであり、
ちょっと距離を置いたところから、
二人の幸せをお祈りしたいと思います。

蛇足で波ちゃんの友人として登場するしおりさん。
彼女はラブの先輩(?)として
波ちゃんに貴重なアドバイスを授けるのですが……。
で、僕はそのエピソードの一つに、
殆ど狂喜に近い憧れを覚えました。
だって当時の彼氏(現・旦那様)に対して、
わたしと結婚するとこんなメリットがあるよ?
って、結婚のプレゼンをしてくれるだなんて。
これ以上の「萌え」があるでしょうか?(笑)

先ほど他人の恋愛はどうでも良い(暴言)としたけれど、
羨ましい分には、ちょっとだけ悔しいかも(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

断酒七年の表彰

「表彰するから出て来い」
メールで呼び出されました。

で、久しぶりに例会に顔を出せば、
仲間が僕をいじるいじる。

「生きてたの?」
「全然来ないから死んだと思った」

あれれ?
今夜は僕を讃えてくれるんじゃなかったの?
IMG_20190114_195147 - コピー
こんな下らないことを言い合える仲間がいたから、
断酒を続けることが出来ました。
照れくさくてあの場では言わなかったけれど、
ありがとう。

開始:2012/3/18
断酒2496日目

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : アルコール依存症
ジャンル : 心と身体

Tag:アルコール依存症  Trackback:0 comment:0 

鈴木智彦『サカナとヤクザ: 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』読 了

北海道から築地、九州、台湾、香港まで、
5年にわたる長期取材でついにその実態を掴んだ!
「高級魚を食べると暴力団が儲かる」食品業界最大のタブーを暴く。
築地市場から密漁団まで決死の潜入ルポ!
内容(「BOOK」データベースより)

清濁を併せ食べる。

本書は日本の食品業界最大のタブー「密漁ビジネス」に迫る一冊。
漁業に蔓延る黒いマーケットの大きさに愕然としました。

三陸アワビを密漁する黒いあまちゃん
中国バブルで高騰する黒いダイヤのナマコ
キロ当たりで金の価格と並ぶシラス

内容はバッサリ略で一言、決して悪くはありません。
迫真だし、消費者として考えさせられる点も少なくない。
絶望みたいなモノも感じますしね?
それなりに “エンタメ” だったと思います。

ただしオビにある「潜入ルポ!」と言う割には
実際のそれは築地の一箇所だけだし、
その結果は(失礼だけれど)大変にお粗末。
また「突撃取材」と言う割には、
ちょっと核心に迫るだけで「空振り」でお終いと、
全てにおいて深堀が(圧倒的に)足りないんですよね。
仰々しく書かれた「決死!」には違いないんだろうけれど、
世間にある極上のルポには到底比べることは出来ず、
結果、本書をジャーナリズムとするには躊躇せざろう得ません。

また文章が少々判り難い(読み難い)事も付記します。

それでも「密漁」と言うビジネスの巨大さ、
ある意味でのアンタッチャブルである理由。
さらには止むに止まれぬ(正規の)漁業関係者の事情や、
国際的な政治事情まで、広い範囲で情報がありました。
またタイトルにある「ヤクザ」にも多くを裂かれています。
著者の視点にやや偏りを感じましたが(僕はやや不満です)、
こちらに興味がある方にもお勧めです。

最後に。
本書には数々の「怖さ」があります。
密漁中の事故、ヤクザ、政治、資源の枯渇etcetc.
しかし一番の「怖さ」は僕達の中にありました。
それは作中に蔓延する自分勝手な論理が、
消費者(僕)の中にもあったから。
例えば皆様も正規ではないと知りつつ、
しかし「安い!」と喜んだ経験はありませんか?
回転寿司やチェーン店のうなぎを楽しんでいる方なら、
薄々は気がついているはずだし、感じた事があるはず。
「必要悪」と誰もが自分の良心から目を背けること、
これが密漁の本質です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

甘えん坊

以前からそうなのですが、
最近のふう助さんは甘えん坊が大爆発(?)
IMG_20181226_115009.jpg
別に良いけれど(鼻の下びろーん)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(993)
(611)
one_day(543)
ex_girlfriend(341)
my_ex(211)
ロックンロール(199)
アルコール依存症(178)
タラレバ娘(113)
自転車(34)
縦結びの人(14)

検索フォーム
FC2カウンター