棘の抜き方

右足のウラ、薬指の付け根が鋭く痛む。

棘が刺さっていると思うのだけれど、
その姿は見えない。なので痛む箇所を

デザインナイフで削る
爪切りで切除する
そして
見えない棘を血と一緒に押し流す。

経験上、わりと上手くいきます。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

村上春樹/安西水丸『村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた』読了

アメリカのケンブリッジに住んだ
’93年から’95年にかけての滞在記。
ボストン・マラソンに向けて昴揚していく街の表情、
「猫の喜ぶビデオ」の驚くべき効果、
年末に車が盗まれて困り果てた話、
等々なごやか(?)なエピソードの中に、
追悼特集で報じられたニクソン元大統領の意外な一面や、
帰国後訪れた震災後の神戸の光景がキラリと光る。
水丸画伯と陽子夫人が絵と写真で参加した絵日記風エッセイ集。
内容(「BOOK」データベースより)

欠けない満月がないように

本書は「村上朝日堂」シリーズの第四弾
1,2,ランゲルハンス,3,くもざる,4,5)
雑誌『SINRA』に連載された文章を
大幅に加筆修正してまとめたものです。
アメリカ滞在中の執筆であり、どこかカラッとした印象の一冊です。
(ボストンは寒くてジメっとしてそうだけれど^^)

人喰いクーガー
eat,nap,playの時計
マサヨシ君にコウタロー君

タイトルにある様に猫の話題が多かったです。
けれど著者と猫の関係は決して「猫可愛がり」のそれではなく、
むしろ異国で隣人と付き合うように「付かず離れず」。
この適度な距離感を健全だと思うと同時に、
実は人間に対しても同じスタンスであると気がつきました。
著者にとって適度な距離感とは、
相手を尊重する態度(の一つ)なんですよね。
それが人間に対しても猫に対しても変わらないところが、
「村上春樹」の美点だと思います。

あとがきに本書は『やがて哀しき外国語』と対をなし、
またそれに比べて肩の力を抜いたとありました。
なのでシリアス成分は低めではありますが、
リラックスした文章はヒーリング効果?に優れています。
脳が働かなくなっているとき、気分転換にお勧めです。

蛇足でムラカミ・ピーターの法則について。
それは『どうしようもないタニヤ、猫の調教チーム、
発見された詩人』の一遍の中に

欠けない満月がないように、
トラブルのない生活もない(本文より)

と言う法則がありました。
その詳細については本書をご確認していただくとして、
僕はこれと対となる

満ちない新月がないように、
好転しない難局もない(同じく本文より)

に強い感銘を受けました。
「ものごとには必ず二つの側面がある」は
著者一流のキーワードだけれど、そこで終わらず
「ものごとの良い面を見る」とも説いているんですよね。
なので、ムラカミ・ピーターの法則も一見シニカルではあるけれど、
込められた願いみたいなものはその逆なんではないでしょうか。
著者の優しさは、猫の足音みたいに慎ましくて。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

うとうと

IMG_20170909_130729 - コピー

IMG_20170909_130720 - コピー
うとうと。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫16歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』読了

直木賞・芥川賞ダブルノミネートで最注目の新鋭が挑む
超王道冒険エンタメ!
内容(出版社内容紹介より)

漫画の小説版。

本書は中央アジアの架空の小国・アラルスタンを舞台とした
少女たちの物語。
ファンタジーとリアルのバランスに疑問が残りますが、
それなりに楽しめました。

隣の大国に怯えつつ、内紛も抱える小国
立ち上がった後宮の少女たち
そして
答えのない政治と環境問題

正直もっと暗い話を予想していました。
なんせ直木賞と芥川賞ダブルノミネートですからね?
政治、宗教、テクノロジーに環境問題と、
それなりに本格的なモノを期待していました。
けれど、それらは見事に裏切られ、
本作はわりとアッケラカンとしたファンタジー。
作中の時間軸で個人レベルの悲劇はなく、
つじつま合わせも省略した大逆転の数々と、
まるで漫画の小説版を読んでいるような印象です。

それでも先入観を除けば、本作は決して悪くはありません。
アイデンティティーと言うほど大げさではないけれど、
個や組織が対立し、また共闘する様子は
善悪や好悪を超えた混沌みたいなモノを感じる。
また過剰に性を扱わない点も ”後宮” と言うキーワードに
不安があったので安堵しました。
なので、少女たち(またかつての少女)が国に託した
七代先の未来がどんなモノとなっているのか。
僕は暗より明を予感出来ました。

蛇足でプロフについて。
本書には沢山の美味しそうな食べ物、飲み物、お菓子が
登場するのですが、中でもロケット亭のプロフが印象的。
それは羊肉とお米をひまわりの油で炊き込んだモノなんですが、
実は僕も賞味したことがあるんですよね。
大好きな小泉武夫さんのエッセイにプロフについて
書かれたモノがあり、以前作ってもらったのです
(細かなレシピは違います)。
それはコクがあるのに食べ飽きず、不思議な余韻もあって、
日本の炊き込みご飯とは全く違う美味しさがありました。
ただ、部屋中に羊の匂いが充満してしばらく取れなくなり、
少々難儀したのだけれど(笑)

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

損して得取れ

IMG_20170909_140505 - コピー
お姉ちゃんとまったり(らぶらぶ)していると

IMG_20170909_140616 - コピー
妹さんがやってきました。
でも、お姉ちゃんに邪魔者あつかいされて

IMG_20170909_140633 - コピー
退散です。

IMG_20170909_140639 - コピー
でも、この後妹さんは、特等席(父ちゃんのお腹。ふかふか)を確保しましたとさ。
損して得取れ(笑)

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫16歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

国立市 国保毎年検診に関する意識・実態調査

無作為に抽出されたそうでアンケートに回答しました。
IMG_20170910_133842 - コピー
設問がフィジカルに関するモノより、
メンタルのそれが多い様な気がしました。
匿名だしプライバシー云々を持ち出すつもりはないけれど、
あまり気持ちの良い設問ではないなぁ。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

伊集院静『悩むなら、旅に出よ。-旅だから出逢えた言葉 2-』読了

旅と言葉を巡る珠宝の紀行文集。待望の続編
「若い時に旅に出なさい、と先輩たちがすすめるのは、
人が人に何かを教えたり、伝えたりすることには限界があり、
夜のつかの間、後輩たちに語って聞かせる人生訓が
いかに周到に準備されたものであれ、
そこにはおのずと言葉によって伝達する壁がある。
“百聞は一見にしかず”とはよく言ったもので、百回、
エジプトのギザのピラミッドの大きさを聞くより、
一回、本物を目にすればすべてがわかるのである」(本文より)
内容(出版社内容紹介より抜粋)

9割5分は辟易。しかし…。

本書は著者が旅で出逢った言葉をまとめたエッセイ集の第二弾
(前作はコチラ)。
ネタの使い回しが著しく、またそれらが以前と比べても、
広がりも深みも加味されていない。
なので僕はウンザリを通り越してあきれ果ててしまいました。
既存作品と重なるなら兎も角(それでも限度がありますよね)、
同じ一冊にネタの重なりがあるなんて(しかも複数!)。

大の大人が悪口では品がありません。
なので、この場ではこれ以上を控え、
あとの文句は本人の目の前で言う事にします。
「これが貴方の言う大人の仕事ですか?」と。

ただし、本書の9割5分は資源ごみにしかならないけれど
(リサイクルにかけて揶揄しています)、
最後の二編だけは読ませます。いやむしろ宝石の輝きです。
この二編だけで本書は決して忘れられない一冊となりました。

多くを語る必要はないと思います。
きっとあのバンカーで著者の心に灯ったであろう、
どうしよもない愛惜の火。
その火は僕の心まで静かに焼きました。

これが伊集院静です。
男が男に惚れるのに、好き嫌いなんて関係ありません。
きっと僕はまた著作を手にとってしまうのでしょう。
罵詈雑言を吐きながら、それでも著者から離れられない。

最後に。
著者の長年の盟友、長友啓典さんに心から哀悼の意を表します。
「伊集院静」の装丁はどれも素敵でした。
中でも「二日酔い主義」シリーズのそれは
もう一つ「伊集院静」を高めていたと思います。
本当にお疲れ様でした。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

断酒会 2017/9/11

サボる気満々だった本日の例会に
タラレバ娘が「私も行く」。

支えてくれた人に、支えてくれる人。
僕の断酒は僕だけの力ではない。
こんなに恵まれた奴は他にいない。
IMG_20170911_195804 - コピー (2) - コピー

開始:2012/3/18
断酒2004日目

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : アルコール依存症
ジャンル : 心と身体

Tag:アルコール依存症  Trackback:0 comment:0 

村上春樹『ノルウェイの森(上)(下)』読了

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に
着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの
『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、
もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、
激しく混乱し、動揺していた。
限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。
内容(「BOOK」データベースより)

通過儀礼。

本書は『村上春樹』の長編小説。
モラトリアムの厳しさ(あるいは切なさ)を描いており、
青年たちの心模様に共感を覚えました。

内容はバッサリ略。
もはや説明不要だと思います。

僕はおよそ四半世紀振りに再読です。
実はあの頃、本作で「村上春樹」から距離を置いてしまいました。
共感どころか反発心しかなかったから。

例えば性の描写には嫌悪感を覚えたし、
彼等の愛のあり方が理解できなかった。
さらには多くの死に著者の「あざとさ」みたいなモノを
感じてしまったことを告白せねばなりません。

でも今回再読して、恥ずかしながら
言いようの無い感銘を受けてしまったんですよね。
彼等はとても誠実だったんだな、って。

語りたいことは多いのですが、
ここでは一つだけ。性行為について。
ワタナベはキズキの死後、「死」について以下の様に観取します。

死は生の対極としてではなく、
その一部として存在している。(本文より)

同様に性行為もある意味で「死」と同じことではないでしょうか。

性行為は純愛の対極としてではなく、
その一部として存在している。

性行為はあからさまにする必要は無いけれど、
恥ずべきものではないし、隠すモノでもない。
それは「愛する」と言う総体の大切な(とても大切な)一部である。
そんな風に感じました。

あの頃は反発してしまいました。
けれど僕も(ワタナベと同じく)モラトリアムと言う
通過儀礼を経て、そう感じられるようになったんだと思います。
また、この変節が良いとか悪いとかではなくて、
それが「生きる」ってことなのかも?って感じています。
僕たちはモラトリアムを生き残ったんですからね?
死者には申し訳ないけれど、変節(変化)は僕達生者の特権です。

蛇足で永沢について。
彼はスーパーエリートであり、同時に傲慢のアイコンの様な存在です。
なので彼の評価はきっと芳しくはないと思うのですが、僕は

友達にはなれない。けれどけっして嫌いではない。

今回再読してそう感じる様になりました。
因みにわりとヘヴィなハルキストのタラレバ娘も
永沢の人格には疑いを持っている様子。
ですが、彼女は彼の台詞が強く印象に残っているそうです。
それは

「自分に同情するのは下劣な人間のやることだ」(本文より)

きっと彼女も永沢の事を嫌いではないんじゃないかな。
たとえ彼とは友達にはなれなくても。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

える坊近影

IMG_20170903_191259 - コピー
……

IMG_20170903_191133 - コピー
彼女は関心のないフリして

IMG_20170903_191125 - コピー
そっと近づいてきます。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫16歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫16歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(785)
(469)
one_day(417)
ex_girlfriend(340)
my_ex(205)
ロックンロール(161)
アルコール依存症(152)
自転車(32)
タラレバ娘(29)

検索フォーム
FC2カウンター