このあと、コタツをだしました

IMG_20191017_150729.jpg
寒いと皆が集まって仕事になりません(鼻の下でろーん)
もう二階に引越しして、コタツを出そう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

森博嗣『MORI Magazine 3 最も「森博嗣らしい」雑誌第3号』読了

なんだって、終わりに近づいている。 書籍と雑誌、創作とエッセィを縦横無尽に駆け回る! 唯一無二の、最も「森博嗣らしい」エッセィシリーズ最新刊!
内容(出版社内容紹介より抜粋)

ただただ「雑」

本書は超マイナ、けれども超スペシャルな「雑誌」第3号(1,2,3)。
前号よりさらにさらに「雑」の色が濃くなりました。
しかしその「雑」は variety ではなく messy です。

内容はバッサリ略で一言、よろしいんじゃないでしょうか(三度目)
因みにここに来ても目新しさは皆無(ある意味当然)。
しかしそれも想定の範囲です。
ただし、元々著者の(創作でもビジネスでも)情熱みたいなモノ
が感じられないこのシリーズも、三作続くと流石に飽きました。
願わくば(←慣用句。特に意見はありません^^)
シリーズの終わり方を、引き際を、今度こそは誤らないように。
P195-最終行の予測が的中される事をお祈りいたします
(←慣用句。特に意見は……以下略)

因みに書き下ろしショートショートは前作以上に訳ワカメ。
一つは意味がないし、一つはテキトーすぎてみるべきがない。
一つは「親父ギャグか?」としか言いようが無く、
『森博嗣』の片鱗は全くありません。
たぶん「読まない」がベストだと思います。

さらにお悩みにお答えする各コーナですが、
今回も全く質問に応えていません。
勿論、文章から得られる情報を恣意的に切り取って、
一応の回答はされていますが、
質問者の真意はことごとく無視しています。
『森博嗣』に共感みたいなモノは期待はしていないけれど、
ここまで続くと白けた気分にもなりました。

蛇足でチャンスについて。
それは『チャンスとは、だいたいワンチャンスである。』
の一編にあったのですが、本書で殆ど唯一「鋭いな」と感じました。
詳細は本書をご確認していただくとして、
タイトル以上に価値のある指摘(及び補足)があったんですよね。
逃したときに限って

「タイミング」を「チャンス」と置き換える。

そんな傾向が僕にもあると、愕然となりました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

不在着信に見知らぬ電話番号がありました

11/16のコト。不在着信に見知らぬ電話番号がありました。
で、その番号をネットで調べてみたところ、その結果は……
1_20191117100616f47.jpg
2_20191117100616c48.jpg
と、どうやら選挙の情勢調査だった様子。
コレならちょっと電話に出てみたかったかな?

それにしても同じ日に沢山の方が(僕と同じように)
この番号をネットで調べていたんですね?
僕はビビリだと情けなくもあったけれど、
ご同輩が多くて、ちょっとだけ安心(?)しました(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

山田詠美『ファーストクラッシュ』読了

初恋、それは身も心も砕くもの。母を亡くし、高見澤家で暮らすことになった少年に、三姉妹はそれぞれに心を奪われていく。プリズムのように輝き、胸を焼く記憶の欠片たち。現代最高の女性作家が紡ぎだす、芳醇な恋愛小説。
内容(「BOOK」データベースより)

一度で充分。

本書は同じ男に初めての恋を覚えた三姉妹の物語。
初恋をありふれた「甘く切なく」ではなく、
「価値観がぶっ壊されるコト」。
そう『山田詠美』らしく再定義がなされています。
良作。

男を家来の様に扱う長女
男に意地悪を続ける次女
男と犬の様にじゃれ合う三女
そして
それぞれの初恋の結末……

内容はバッサリ略で一言。はぁ~良かった。
ただ、きっと『山田詠美』のファンには物足りないと思います。
彼女の若い頃の作品に比べれば、ぬるいし、上品。
でも僕は『山田詠美』の円熟みたいなモノを感じたんですよね。
ラストも往年のファンにはイマイチだと予想するけれど、
ゆるい詠美ファンの僕は温かなモノに包まれました。

とは言え、アチコチに『山田詠美』の鋭い筆もありました。
例えば

(思春期とは)あれこれと愚にも付かない独創的な理由を
でっち上げようとする時期。独創的!(本文より)



(男と)よろしくやるのは楽しいのよ。
そして、楽しいと幸せは似ているんだよ(同じく本文より)

それらは主体からあえて一歩引いた視点。
しかし、どこかで肉感を予感させる彼女らしい視点でもありました。

以上、本書は『山田詠美』らしさを残しつつ、
しかし彼女らしくない(?)割と甘い物語だったと思います。
ファンだけにとどまらず、どなた様にもひろくお勧めです。

蛇足で初恋について。
本書では初恋を『ファーストクラッシュ』としており、
文字通り(初めての)価値観の崩壊と再定義されていました。
その内容は本書をご確認していただくとして、
僕はいわゆる初恋とファーストクラッシュは別物では?
と感じてしまいました。これは僕個人の経験ですが、
初恋で価値観の崩壊……とまでは無かった様に思うからです。
勿論、初恋で身悶えするほどの痛みを知るコトにはなったけれど、
いま思えばそれ以上ではない。
また、その後に経験したいくつかの恋愛でも同じです。
上手く行ったのも、上手く行かなかったのもあるけれど、
いづれにせよ『価値観の崩壊』までは無かったような気がします。

それでも、僕にも一度だけ『ファーストクラッシュ』はありました。

これ以上を控えるけれど、僕にとって『ファーストクラッシュ』とは
価値観の崩壊であると同時に『失恋の中の失恋』。
『キング・オブ・失恋』って感じになるのかな?(笑←目は笑っていない)
きっと誰でも一度は経験すると思うのだけれど、
今の僕の気持ちを素直に言えば『ファーストクラッシュ』は一度で充分。
そんな感じです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

えびの巻き寿司

IMG_20191005_165501_2019111507090792e.jpg
IMG_20191005_165648_20191115070911054.jpg
IMG_20191005_165651_201911150709126b1.jpg
IMG_20191005_170917.jpg
IMG_20191005_170004_20191115070956ad5.jpg
IMG_20191005_172606_2019111507095479e.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

このクッションを探しています

IMG_20190930_130022.jpg
IMG_20191031_174706.jpg
娘達が大好きなこのクッション。
爪がひっかからない様、毛が輪になっていない等、
猫タンへの配慮もなされていて、父ちゃんも安心の一品です。
でももう20年近く使っているし、家族も増えた(ふう助さん)。
なのでもう一つ欲しいのですが、なかなかコレ!といったのが無いんですよね。
過去に二つ程、頂き物のクッション(写真のより高級^^;)を試したのだけれど、
イマイチ娘さん達の好評を得られず……。
どこかで同じ(サイズも重要っぽいです)クッションが売ってないかなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

角田光代『口紅のとき』読了

初恋、結婚、別離…ドラマはいつも口紅とともに。角田光代書き下ろし短編小説。
内容(「BOOK」データベースより)

口紅の記憶。

本書は銀座「HOUSE OF SHISEIDO」とコラボによって生まれた作品。
女性にとって口紅が特別なアイテムである理由が、
男の僕にでも(ある種の共感と共に)理解できる気がしました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言、とても良かったです。
角田さん、何をやっても本当に上手いなぁ(感嘆)

本書のテーマに「旅立ち」を感じました。
例え描かれた風景が「別れ」だったとしても、
僕はそこに「出発」や「決意」に似た心情の何かを観ます。

本書は連作とはいえ各話はショート・ショート。
何を書いても殆どネタバレになってしまうと思うので控えます。
ただ全体でも僅か100ページとちょっとだし、
ぜひ実際に手にとって確かめて欲しいな、って思います。

最後に、口紅の記憶について。
それは最後のエッセイ『ちいさなドラマ』の中に、
口紅に付随した記憶がいくつかあったのですが……。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は男でも口紅に対する記憶は、
割と色濃く残っているのでは?と感じました。

角田さんは男性から口紅を贈られた経験を二つ挙げられています。
一方?で僕は人生で三回ほど女性に口紅を贈ったことがあります。

そのうち一回は角田さんに口紅を贈った二人の男性と
同じ失敗をしてしまいました。
もう一回は女性から口紅を強く求められました。

「女性の唇にある口紅は、男が舐め取るのが礼儀」

僕が山田詠美さんの作品から引用(意訳)し、
嘯いていたのを覚えていたのでしょう。
彼女は終わりの気配を察していたのだと思います。
もう一回は割愛。ここでは書くコトは出来ません。

以上、控えめな私見ではありますが、
口紅は男にとっても割りとメモリアルなアイテムだと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

JR国立駅・赤い三角屋根の駅舎

IMG_20191102_093734.jpg
すったもんだあって、現在復元中の「旧国立駅舎」。
いよいよ完成も間近の様子。
僕は意識の高い市民の方々の運動を冷ややかに見ていたけれど(小さな声で)、
実物を見れば意外と悪くないのかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

赤松利市『犬』読了

大阪でニューハーフ店「さくら」を営む桜は63歳のトランスジェンダーだ。23歳で同じくトランスジェンダーの沙希を店員として雇い、慎ましくも豊かな日々を送っていた。そんなある日、桜の昔の男・安藤勝が現れる。今さらと思いながらも、女の幸せを忘れられない桜は、安藤の儲け話に乗ることを決意。老後のためにコツコツと貯めた、なけなしの1千万円を用意するが……。
内容(出版社内容紹介より抜粋)

なるようにしかならない。

本書は老いたニューハーフを中心に愛と暴力を描いた作品。
登場人物は殆どが生物学上の男(♂)であり、
その点は珍しいのですが(語弊を恐れずに言えば)あとは良くある話かも。

内容はバッサリ略で一言、うーん。
個人的に『赤松利市』はデビュー作から特に注目しており、
作品のインパクトは近年稀に見ると評価しています。
しかし前作の『純子』や、続く本作も期待はずれの感を拭えません。
それは震災ビジネスやホームレス体験をはじめとする
私小説的な手法を『ボダ子』を最後に封印したコトが原因でしょう。
作風の転換を図っている現在は、今後の作家人生を大きく左右する、
繊細で重要な過渡期なのかも知れません。

ただ、本作が決して拙いと言う訳ではありません。
エログロではあるので、読者を多少なりとも選ぶと思いますが、
ストーリ自体はよくある話だと思うし、それだけにまとまっています。
どんな方にお勧めすればよいのかちょっと迷うけれど、
どなたでも大きく損をする事はない。割りとそう強く思います。

性(トランスジェンダー)に関する話は一切略。
ここでは『老い』についてだけを取り上げますが、
老人の僕には身につまされるモノがありました。
例えば年金を含む老後に必要なお金のコトや、
身寄りが無い一人暮らしの孤独感・疎外感。
さらには加齢による健康不安があったのだけれど、
中でも

老いとは衰えやのうて衰えからくる痛み(本文より)

には、リアルが過ぎて背筋に冷たいものが走りました。
また作中にあった「自己責任」を、僕は割と当然と考えています
(勿論、現在の僕の窮状も自己責任です)。
けれど、「お金」や「孤独」は兎も角、
「衰え」は自己責任とちょっと違う気もするんですよね。
「衰え」は誰にでも平等に与えられるモノではないでしょうか。
でも一方で若い人が「衰えだって自己責任だ!」って
言いたくなるのも判るような気がします(特に社会保険料を考えれば……)
兎に角、僕はなるべく自分の始末は自分でつけるように
努力するしかありません。

因みに、こんなにエラソーに言っても、
僕だって主人公・桜と同じく、老後に不安を抱える老人です。
それでも頑張るだけ頑張ったら、あとは

なるようにしかならない

とも感じていたり(笑)
「楽観」は僕が人生で得た一番の知恵です(ただし実践は難しい^^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

膝に猫タンポ

IMG_20191020_144740.jpg
IMG_20191019_071615.jpg
そろそろコタツを出そう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1123)
(711)
one_day(603)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(215)
my_ex(212)
アルコール依存症(189)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(39)

検索フォーム
FC2カウンター