森博嗣『森遊びの日々』読了

創作、工作、思索―日々思うこと、考えていること。181日分。
内容(「BOOK」データベースより)

『老い』は可愛い。

本書はブログ「店主の雑駁」をまとめた二冊目(1,2
今回は 2018/1/1 から 2018/6/30 までが掲載されています。

内容はバッサリ略で一言、あれ!?なんか良いな(笑)

僕は著作の95%は読んでいると思います(学術書などは未読)。
なので、最近のエッセイや新書には
少なくないマンネリを感じているんですよね。
それは本書でも同じこと。
けれど、今回は著者の問わず語り(?)が、
何故かスンナリ受け入れられました。
清流のようにサラサラと、超伝導のようにスルスルと(笑)

で、その理由は本書が「日記」だったからかな?
と、ふと思いました(勿論、僕の精神状態もありますが^^;)
日記だから身辺記録?以外に格別なテーマはなく、
雑談は余白を埋める程度の軽さでしかない。
で、この軽さが功を奏した様な気がしました。
きっと、授業でも、お小言でも同じですよね?

同じこと(二度目以降)はサラっと流してもらう。

これが良かったんだと思います(笑)

蛇足で『老い』について。
それは2/24の日記にあったのですが、
かつては『老い』と言う文字には良い意味しかなかった。
反対に『若い』は非難する言葉だった、とありました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕が老人だから、って訳ではないけれど、
強い説得力を感じました。
また、おまけのコメントに

老犬、老猫は可愛いものです。
老けるほど可愛くなります。(本文より)

とあったのですが、
本書の中で一番の拍手喝采となりました。

僕はえる坊(雉猫)と暮らしてもうすぐ19年になります。
そして、える坊の、老猫の可愛さは
ある意味で子猫を軽く超えているんですよね。
それは色々あるのだけれど、老猫の可愛さは
いつでも(そこにいなくても)感じられるコトにあります。
例えば僕なら「える坊」って名前を思い浮かべる、ただそれだけで
愛おしさに胸が苦しくなります。
IMG_20200220_121119.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

存在感

起きている時も凄いけど
IMG_20200115_135635.jpg
寝ている時も凄いです。
ふう助さんの存在感(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

井上尚弥『勝ちスイッチ』読了

王者は何を考えて、何を考えないのか。「結果の出る生き方」を作る思考術。
内容(「BOOK」データベースより)

ドネア戦の後だからこそ面白い。

本書はボクシングの世界王者(沢山あるので詳細は略)
モンスター・井上尚弥選手による一冊。
オビにある「思考術」と言うほど堅苦しさは一切無く、
ボクシングに真摯に取り組む一人の青年の姿がありました。

内容はバッサリ略で一言、面白かった!!
それは兎にも角にもドネア戦が終わった後に読んだから。
結果を知った上で、戦前にある井上尚弥選手の予想?に
驚きと感嘆が等分となりました。

例えば、第2ラウンドに被弾したドネア選手の左フック。
本当に凄かったですよね。
僕は WBSS が始まるとき、トーナメント参加者を見回して、
ドネア選手が一番怖い。彼の左フックが最も危険だ。
そう怖れていました。しかしその危険な一発を受けてしまい……。
って、全くのド素人、けれど長年のボクシング大ファン(僕)
の話は長くなるのでこの辺で(笑)

兎に角、第2ラウンドです。
もう少し正確に言えば第2ラウンド前のインターバルです。

この一点だけでも、井上尚弥選手が常日頃から、
さらにはこの一戦でどれほど感じるモノがある(あった)のか。
それを踏まえて試合を振り返ってみると……。
いやはや、その道を極めた人(井上尚弥選手)の感性には、
もはや唸るしかありませんね。

ファンとして書きたい事は山ほどあるのだけれど、
最後にもう一つだけ。
それはWBA世界バンタム級王者を賭けて戦った
ジェイミー・マクドネル選手についてです。
詳細は本書をご確認していただくとして、
井上尚弥選手がマクドネル選手とのファーストコンタクトで得た結論。
それはたった一言で顕されていたのですが、
僕は井上尚弥選手の冷酷さみたいなモノを感じて、
ちょっと背筋が冷たくなりました。
普段の井上尚弥さんはベビーフェイスで好青年だけれど、
リング上の彼は冷たいまでの恐ろしさです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

橋脚

「橋脚」を早口で言うと、「く」が「きゅ」になってしまう。

きょうきゃきゅ。

「きゅ」はアントニオ猪木さんみたいな口で。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

村岡恵理『ラストダンスは私に 岩谷時子物語』読了

越路吹雪のマネージャーであり、加山雄三やザ・ピーナッツほかの大ヒット作詞家・岩谷時子は、二つの輝きで時代を駆け抜けた。「アンのゆりかご」(連続テレビ小説『花子とアン』原案)著者が、関係者への詳細な取材と、貴重な資料をもとに初めてときあかす岩谷時子の歓喜と涙。
内容(「BOOK」データベースより)

繰り返せるなら。

本書は越路吹雪のマネージャーであり、
作詞家としても活躍された岩谷時子(敬称略)の物語。
昭和と言う時代に生きた一人の女性が、
淡々とした筆で描かれています。

生涯にわたる越路吹雪との絆
昭和の大スター達との交流
そして
愛を求めながら独身をつらく

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
正直、昭和の芸能界では割と良くある話だとは思います。
けれど、岩谷時子は海千山千が蔓延る中にあって、
裏方の女性マネージャとして孤軍奮闘された。
さらには作詞家としてオモテ(?)でも活躍されるなど、
華々しい経歴は賞賛に値します。
きっと現代に比べたら当時は男尊女卑の傾向が強かったでしょう。
それでいて所謂キャリアウーマンのイメージが沸かないのは、
彼女の楚々としたお人柄にあったと思いました。

多くは控えるけれど、彼女の愛は男女の恋愛より、
家族の愛に向けられていたんじゃないかな。
また家族と言ってもそこに血の繋がりは関係なく、
ある意味で肉親の情に飢えていたのだと思います。

ここからは蛇足で私信。
この本のタイトルを見たときから、
胸のザワつきが止まらなかった。
理由は君なら判るはず。

愛しては失う、その繰り返しだった(本文より)

でも繰り返せるなら、って思ったよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

リンゴとチョコのおからパウンドケーキ

IMG_20200201_155705.jpg
IMG_20200202_124958.jpg
IMG_20200202_130354.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

牛乳が好き?

IMG_20200212_083004.jpg
える坊は何故か昔から牛乳に興味津々。
勿論、お腹を壊しちゃうからあげないけれど、
それでも自己主張の少ない彼女にしては
珍しいほど諦め(?)ません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

夏川草介『勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~』読了

命の尊厳とは何か―?答えのない問いに必死で向き合う若き研修医と看護師の奮闘を描いた、感涙の連作短編集。
内容(「BOOK」データベースより)

『楢山節考』が良い。

本書は安曇野の小規模病院を舞台にした4つの連作短編集。
「高齢者医療」に正面から向き合っており、
命の尊厳について深く考えさせられました。
良作。

花屋の息子の研修医
配属された地方病院
そして
増え続ける高齢患者

内容はバッサリ略で一言、ダメだこりゃ。
本書は登場人物が一新したとは言え、
中身はまんま『神様のカルテ』。
なので既視感タップリなのだけれど、
イチイチが僕をダメにします。
どの話だって鼻水が出るし、涙も出る。

花粉症にはまだ早い!

って、文句のひとつも言いたくなりました(感涙)
それでもシリアスなテーマに反して、
読後の爽快さは他に類をみないんですよね(キッパリ)。
何かとストレスの溜まっている皆様に、
極上のデトックスとして如何です?

因みに『神様のカルテ』に比べて、
明らかに『萌え』が強化されています。
それは多くあるのだけれど、たとえば

だめなわけないでしょ(本文より)

に、オッサンは年甲斐も無く鼻血が吹き出ました(誇張)
医療の話なのに、コレどんすんの?(笑)
また「患者を引く男」の様子も数行ほどあり、
『神様のカルテ』の大ファンとしてとても嬉しかったです。

最後に。
本書のテーマに「高齢者医療」があったと思います。
例えば、発達した医療のおかげで救われる命が劇的に多くなった。
その反面、増え続ける高齢患者に、医療の現場は、福祉の財源は、
各種の危険に晒される次世代は、もはや耐え切れなくなっている。
そんな様子を本書は冷徹に突きつけていました。
その詳細は本書でご確認していただくとして、
僕個人に関して言えば「高齢者医療」は

『楢山節考』が良い

と考えています。
こんな僕でも多くの人に愛され、守られ、支えられ、
今日まで生かされて来ましたからね?
この命を最後まで諦めるコトはできません。
けれど、そんな大切な僕の命だからこそ
最後は(消えるコトで)次世代に繋ぎたい。
その時が来たら、救わず、悲しまず、罪悪感を覚えることなく、
笑って僕を見送って欲しい。そう願います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

キース・リチャーズ、とうとう禁煙(アルコールもほとんど卒酒)

詳細はコチラ

他人の嗜好に意見はありませんが、
それでもキースですからね?
ちょっとだけ寂しい気がします。
僕が言える台詞ではないけれど

Giving up lovin', easy to do~♪

簡単に諦めちゃうの?

おまけ:
Take It So Hard
BGM: Keith Richards / Take It So Hard

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

米澤穂信『Iの悲劇』読了

一度死んだ村に、人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命だ。人当たりがよく、さばけた新人、観山遊香。出世が望み。公務員らしい公務員、万願寺邦和。とにかく定時に退社。やる気の薄い課長、西野秀嗣。日々舞い込んでくる移住者たちのトラブルを、最終的に解決するのはいつも―。徐々に明らかになる、限界集落の「現実」!そして静かに待ち受ける「衝撃」。これこそ、本当に読みたかった連作短篇集だ。
内容(「BOOK」データベースより)

コンパクトシティ。

本書は限界集落の問題を炙り出す連作短篇集。
Iターン事業における行政側の本音と建前に、
考えさせられるものがありました。

都合が良すぎる失火
親睦会の食中毒事件
円空仏の祟り
そして
転出を促すみえない力

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。

初出のある比較的長い4編には、簡易ながらもトリックがあり、
ミステリィとしてもそれなりに楽しめます。
また、それ以外の書き下ろしの4編は
作品に一本の柱を通す役目を果たしている。
単独では兎も角、連作とするには欠かすことの出来ない話
ではあったと思います。
結果、各話の強度(?)にバラツキを感じたけれど、
全体を通してみれば「面白さ」より「上手さ」が目立つ。
そんな一冊だったと思います。
いささかブラック成分はあるものの、過激な犯罪や被害も無く
ひろく多くの方にお勧めです。

ネタバレに直結してしまうので内容には触れません。

ただ、本作で示された「Iターン事業」への疑問。
ひいては限界集落に対する行政のあり方について、
僕は

コンパクトシティしかない

そう考えています。
勿論、歴史や住民感情を蔑ろにするつもりはないので、
何が何でもコンパクトシティじゃなきゃダメ!!とは言いません。
わが国は民主主義ですからね?全ては選挙で決めれば良く、
僕なら(作中の)飯子市長には投票しない。それだけです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1163)
(739)
one_day(630)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(220)
my_ex(212)
アルコール依存症(192)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター