森博嗣『森遊びの日々』読了

創作、工作、思索―日々思うこと、考えていること。181日分。
内容(「BOOK」データベースより)

『老い』は可愛い。

本書はブログ「店主の雑駁」をまとめた二冊目(1,2
今回は 2018/1/1 から 2018/6/30 までが掲載されています。

内容はバッサリ略で一言、あれ!?なんか良いな(笑)

僕は著作の95%は読んでいると思います(学術書などは未読)。
なので、最近のエッセイや新書には
少なくないマンネリを感じているんですよね。
それは本書でも同じこと。
けれど、今回は著者の問わず語り(?)が、
何故かスンナリ受け入れられました。
清流のようにサラサラと、超伝導のようにスルスルと(笑)

で、その理由は本書が「日記」だったからかな?
と、ふと思いました(勿論、僕の精神状態もありますが^^;)
日記だから身辺記録?以外に格別なテーマはなく、
雑談は余白を埋める程度の軽さでしかない。
で、この軽さが功を奏した様な気がしました。
きっと、授業でも、お小言でも同じですよね?

同じこと(二度目以降)はサラっと流してもらう。

これが良かったんだと思います(笑)

蛇足で『老い』について。
それは2/24の日記にあったのですが、
かつては『老い』と言う文字には良い意味しかなかった。
反対に『若い』は非難する言葉だった、とありました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕が老人だから、って訳ではないけれど、
強い説得力を感じました。
また、おまけのコメントに

老犬、老猫は可愛いものです。
老けるほど可愛くなります。(本文より)

とあったのですが、
本書の中で一番の拍手喝采となりました。

僕はえる坊(雉猫)と暮らしてもうすぐ19年になります。
そして、える坊の、老猫の可愛さは
ある意味で子猫を軽く超えているんですよね。
それは色々あるのだけれど、老猫の可愛さは
いつでも(そこにいなくても)感じられるコトにあります。
例えば僕なら「える坊」って名前を思い浮かべる、ただそれだけで
愛おしさに胸が苦しくなります。
IMG_20200220_121119.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

存在感

起きている時も凄いけど
IMG_20200115_135635.jpg
寝ている時も凄いです。
ふう助さんの存在感(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

牛乳が好き?

IMG_20200212_083004.jpg
える坊は何故か昔から牛乳に興味津々。
勿論、お腹を壊しちゃうからあげないけれど、
それでも自己主張の少ない彼女にしては
珍しいほど諦め(?)ません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

太鼓の達人

IMG_20200116_155543.jpg
左は雉太鼓。

IMG_20200116_155547.jpg
右は白黒太鼓。

IMG_20200116_155619.jpg
両手でトントン叩いています。
太鼓と言うよりボンゴ?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

麻宮ゆり子『仏像ぐるりの人びと』読了

浪人時代に交通事故に遭い、大手術とリハビリ生活を余儀なくされた雪嶋直久。家族関係に鬱屈していた彼は、東京を離れ、京都の冥王大学へ入学。仏像修復師・門真のもとでアルバイトを始める。地味ながらも奥深い作業に次第に引き込まれてゆく雪嶋。だが、作業場にたまに姿を現す、門真の従姉妹・もえ美のことはあまりいけ好かない。そんなある日、門真から、腕を七本も失くした謎の仏像を見せられる。その正体を探るべく、大学の「のんびり仏像めぐり研究会」を訪れた雪嶋は、天真爛漫な部長・今岡と、金髪のイケメン宇田に出会い―。
内容(「BOOK」データベースより)

仏像と猫。

本書は交通事故によるハンデを抱えた青年の物語。
仏像修復を通して、成長する様子が描かれています。

内容はバッサリ略で一言、じんわりと良かったです。
それは何より大人たちが格好良かったコト。
主人公・雪嶋クンも好青年なのだけれど、
僕は彼を見守る大人たちにより一層の共感を覚えました。

正直、物語は割りと淡々と進むし、
個々のイベントや人物の必然性も乏しく、
やや散漫な印象を受けながらの読書でした。
しかし、ちょっと警戒していた(笑)修復師の門真をはじめ、
雪嶋クンの母や父も、それぞれの最後の最後、
僅か数行で眩いばかりの存在感を示したんですよね。
それは雪嶋クンを見守ったこと。
またその見守り方もそれぞれだったけれど、
一つだけ共通する点がありました。それは雪嶋クンを

旅立たせたこと。

彼を自分の手元に置かず、助けず、導かない……。
勿論、両親からはお金の援助があるし、居候の許可もありました。
けれど精神的な意味では完全に手を離しています。
でもそれは完全に良い意味であり(決して教育放棄ではない)、
むしろ可愛い息子を、有能な後輩を失う痛みを黙って引き受け、
傷む姿は雪嶋クンに見せない……。
そんな大人たちに、恥しいけれど涙腺が緩んでしまいました。
大好きだからこそ、

手放す愛。

辛いけれど、それは大人の義務だと感じました。

蛇足で仏像と猫について。
作中、門真は雪嶋クンに対し「仏像は鏡みたいなモノであり、
人の気持ちを映し返す」と説きます。その上で、

仏像からメッセージを感じたのだとしたら、
それはたぶん、君自身が発しているメッセージ(本文より)

と続きました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕はこの一文から我が家の娘達を想ってしまいました。
僕はいつでも、無意識のうちに娘達に話しかけているし、
また娘達の声を、メッセージを返してもらっている。
勿論、娘達は人間の言葉なんか理解しないし、話しません。
けれど僕は間違いなく娘達の声を、メッセージを
受け取っているんですよね。
なので、雪嶋クンの仏像は、僕の場合は娘達(猫)であり、
自分の本音を映し返す鏡である。そう感じました。
さらに言えば

読書だったり、マラソンだったり、一人酒だったり。

きっと人それぞれだと思うのだけれど、
自分の本音を映し返す鏡は誰もが持っている。
そんな気がしました。
IMG_20200202_190626.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

あくび

IMG_20200205_123829 - コピー
……。

IMG_20200205_123821 - コピー
くかぁ~

IMG_20200205_123714 - コピー
……。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

写真を撮るよ

IMG_20200104_122808 - コピー
ふーてぃ、こっち向いて?

IMG_20200104_122804 - コピー
はい、チーズ。
もう、恥しがり屋さんなんだから(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

圧力

無言の圧力。
IMG_20200102_163156.jpg
ちょっとだけ待って(懇願)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

冷えものでござい

IMG_20200113_095110 - コピー
ちょいと失礼。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

まだかな

IMG_20200115_115937.jpg
まだかな、まだかな。

IMG_20200117_124227.jpg
私の番、まだかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1167)
(741)
one_day(633)
ex_girlfriend(342)
ロックンロール(220)
my_ex(212)
アルコール依存症(192)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター