乙川優三郎『地先』読了

心は、色褪せてはいない。人生の後半にさしかかった女と男。艶めいた思い出と、思いがけない出来事で揺れる。八篇の物語がかきたてる勇気と感動。
内容(「BOOK」データベースより)

なりゆき。

本書は人生を描いた8つの短編集。
人生のこれまでとこれからを切り取り、
その狭間に立つ現在の様子が淡々と描かれています。
佳作。

印象に残った二編をご紹介。先ず『そうね』。
店を畳んだ父と、介護が必要な母を支える娘・琴未のお話です。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は琴未の暗い喜びみたいなモノに共感を覚えました。
たとえば

彼といると、
自分から潰すこともできる薄い希望の泡を感じる(本文より)

いつも他人に潰される希望の泡。
そのはじけた飛沫に、彼女の心を想います。

もう一つは『おりこうなお馬鹿さん』
成熟した男女関係に充たされた日々を送る香苗のお話。
でもあるとき、彼女は不意に微かな不安を覚えます。
こちらも詳細は本書をご確認していただくとして……。
僕は香苗は悩んでないで、とっととメールを送るべきだと思いました。
これは甚だ個人的な思考(嗜好)ではあるけれど、

女は男にウザイと思われるより、
男に寂しいと感じさせることを恐れるべき。

僕はそう思います。

最後に。
本書は全体を通して人生のこれまでとこれからを描いており、
そこから浮かぶのは「なりゆき」だったと思います。
そこに「分別」とか「諦念」の成分が一切ないとは言わないけれど、
それでも良い意味での「開き直り」があったように感じるんですよね。
「後悔」や「不安」を、「思い出」や「予感」に変換する経験知(値)。
それを得ることこそ、人生の醍醐味の様に思えました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

村上春樹『1973年のピンボール』読了

さようなら、3(スリー)フリッパーのスペースシップ。さようなら、ジェイズ・バー。双子の姉妹との〈僕〉の日々。女の温くもりに沈む〈鼠〉の渇き。やがて来る1つの季節の終わり――『風の歌を聴け』で爽やかに80年代の文学を拓いた旗手が、ほろ苦い青春を描く3部作のうち、大いなる予感に満ちた待望の第2弾。
内容(出版社内容紹介より)

レクイエム。

本書は「鼠三部作」の2作目(1,2,3,ダンス*3
前作に引き続き、過ぎ去った青春の1ページが描かれていました。

内容はバッサリ略で一言、なんだか良かったです。
上手く言えないのだけれど、取り戻せない “過去” の引力。
その強さ、大きさみたいなモノが、
僕の遠い(そしてささやかな)記憶と重なる気がしたから。
きっとそれを「後悔」や「未練」とまとめるのは簡単だけれど、
人の心はそんなに単純じゃないですよね。
言葉に出来ないそんな想いを、本書はよく顕していたと思います。

ただ本作も「続編のセオリー」から逃れていない気がします。
前作の瑞々しさがスポイルされ、
過剰に増えた比喩は鋭さに欠けている。
全体的にやや鈍重(デコラティブ)に感じてしまいました。
それでいて熟れない筆は、まだ青い果実を想起させたりもして。

またこれは個人的なコトですが、
僕はつい最近『ノルウェイの森』を読んでいました。
なので直子のその後?や彼女の背景を
ホンの少し知っていたけれど(彼女を同一人物とするならですが)、
本書だけでは手がかりが少なすぎて、いささか不親切な気がしました。

それでも極めて個人的であり、
ある意味で温かい記憶の中にあって、

物事には必ず入口と出口がなくてはならない(本文より)

さらには

何処に行ったって結局同じじゃないかともね。
でも、やはり俺は行くよ(同じく本文より)

とあったんですよね。
それは著者が読者に向かって込めたメッセージ、
青春のレクイエムだったのではないでしょいか。
僕はもう老いてしまったけれど、これからも留まらず、
必ず出て行かなければ。

おまけ:
Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
BGM: The Beatles / Norwegian Wood (This Bird Has Flown)


『RUBBER SOUL』はビートルズの中でもかなり好きなアルバムです。
残念ながら、作中の “僕” はこれを嫌悪(?)するのだけれど、
それは一体どんな理由なのかな(作中に記述はありません)
2曲目の『ノルウェイの森』と何か関係あるのでしょうか??

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

三島由紀夫『美徳のよろめき』読了

生れもしつけもいい優雅なヒロイン倉越夫人節子の無垢な魂にとって、姦通とは異邦の珍しい宝石のようにしか感得されていなかったが……。作者は、精緻な技巧をこらした人工の美の世界に、聖女にも似た不貞の人妻を配し、姦通という背徳の銅貨を、魂のエレガンスという美徳の金貨へと、みごとに錬金してみせる。“よろめき"という流行語を生み、大きな話題をよんだ作品。
内容(出版社内容紹介より)

自殺と同じ。

本書は三島由紀夫の長編小説。
人妻の姦通を官能的に、ある意味で美しく描かれています。

内容はバッサリ略。
発表当時(昭和32年)は「よろめき」とう言う流行語を生んだ、
大ヒット・ベストセラー作品です。
多くの方に親しまれていると思います。

なのでここでは一点。それは姦通について。
勿論、姦通と言っても個々には事情があり、
そのとらえ方も千差万別なので、
簡単に(乱暴に)一言で顕すことはできません。
それでも、僕はこれだけはハッキリと
意見が固まっているんですよね。それは

姦通(不倫、不貞)は自殺と同じ

というコトです。
きっと姦通も自殺も良い悪いではないと思います。
個人的には姦通(不倫)を唾棄するのだけれど、
それでも僕は姦通も自殺も基本的には「本人の自由」だと考えます。
他人がどうこう言う問題ではありません。
ただ、姦通も自殺も

二度と取り返しがつかない

それだけは間違いないんじゃないかな?
するしないは本人の自由だけれど、
もう二度とココへは戻れなくなるってコト。
線上にいる方は考慮に入れても良いのでは?って
控えめにそう思います。

ここからは蛇足で「衍用(えんよう)」と言う語句について。
それは新潮文庫75刷、P93-13行目の

節子は土屋の名を衍用したのだった(本文より)

にあったのですが、僕はちょっと意味が判らなかったんですよね。
さらにはググってみたけれど、ハッキリとした解答(?)もみつからなくて。
仕方なく、文脈や漢字から推測して「衍用」を「拡大解釈」とか
「いいように使う」……と便宜的に置き換えて読み進めました。
IMG_20190911_191942.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

東山彰良『越境(ユエジン)』読了

境界のない世界、自分だけの越境。「台湾で生まれて日本で育った一個人」の世界と自分の境界を巡る旅。
内容(「BOOK」データベースより)

アイデンティティ。

本書は新聞雑誌に寄せられたエッセイをざっくばらんにまとめた一冊。
堅苦しいアイデンティティの話もそこそこに、
どこにでもいるオッサンの飾らない様子が描かれています。

魂に暴力を宿す者
俺たちはなぜ年相応に尊敬されないのか?
ぶれぶれなるままに

内容はバッサリ略で一言、はぁ~面白かった。
著者はその来歴からアイデンティティを語られることが多いけれど、
彼自身は(僕達が思うより)意識されていない様子。
勿論、本書も直木賞作『』をはじめ、
台湾やルーツに関する話題も多いけれど、
そんなのは彼の構成要素のひとつに過ぎないんですよね。
むしろ多彩で、ジャンルに囚われない著作をみれば判るように、
統一性のなさが著者の個性であり、美点だと再確認できました。
またタイトルにある『越境(ユエジン)』は
国境や人種を分ける線ではなく、個の中に存在する線を越える。
そんな意味が込められていた様に感じました。

以上、本書は特定の主義や思考、また年齢も性別も問わず、
ひろく多くの方にお勧めです。

最後に僕の印象に残った一編をご紹介。
それは『検閲』であり、そこには著者の手がけたノベライズ作品が、
中国向けに翻訳出版されるときの事件?が記されていたのですが……。
で、僕はこのお話の顛末、著者のとった行動に、
ちょっと感動してしまいました。
正直言えば、ハッキリと彼を見直しました。

あっちにぶれ、こっちにぶれ、
西になびき、東へころんできた(本文より)

僕と同じく、節操がないと自称する著者が見せた男気。
皆様にも是非ご確認していただきたいと思います。
きっとアイデンティティって、こういうコトだと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

五十嵐貴久『アンサーゲーム』読了

大手商社に勤務している樋口毅と田崎里美は結婚式を挙げた。新婚旅行を明日に控え、幸せな一夜を過ごすはずだった…。翌朝、目を覚ますと、そこは真四角の“箱”の中。そこに、ファンファーレとともにピエロが現れ、言った。「アンサー・ゲームへようこそ!」ゲームは簡単。出された問題に、二人の答えが一致すればOK!しかも問題は、二人に関係するものばかりで、十問中、七問正解すればゲームクリアです。それではいきましょう。第一問はこちら!『あなたたちが最初に会ったのは、いつ、どこで?』閉じ込められ、極限状況で試される男と女。愛か打算か裏切りか、究極の心理ゲームが今、開幕!
内容(「BOOK」データベースより)

究極の凡庸。

本書は良くある心理ゲームを扱った作品。
幸せの極致にあるカップルがその愛を(信頼を)試されており、
それぞれの心理模様が判りやすく描かれています。

内容はバッサリ略で一言、
きっと一ヵ月後には内容をスッカリ忘れていると思います。
オビに『究極』とあるけれど、究極なのはゲームではなく、
ストーリを含む全方向に貫かれた『凡庸』。
ビックリするほど印象に残るモノがありません。

本当に書くことが無いので、少し早いのですがここからは蛇足を。
今回はパイ投げについて。
作中、アンサー・ゲームのとある設問で「ミスマッチング」となり、
毅と里美は罰ゲームとして顔にホイップクリームをかけられます。
彼等のホイップクリームには酢が入っている酷いモノであり、
それに比べればごく普通?のモノではありますが、
僕もクリームパイを顔面で受けたことがあるんですよね。
所謂パイ投げの的になったコトがあるのです。
因みにそのシチュエーションは毅にもあった
バチェラー・パーティー(のようなもの)。
投げた相手は見ず知らずの女性だったけれど、
顔面で受けるクリームパイは非常に痛かったコトを覚えています。
因みにパイの代金は友人達が持ってくれたけれど
(なんせその夜の主役が僕なので)、
「1枚で3000円もした」とその後なんども聞かされました。
僕は顔が痛かったけれど、出資者は財布が痛かった様子。
やっぱりパイは食べるに限りますよね(別に投げても良いけど^^)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

武者小路実篤『愛と死』読了

友人野々村の妹夏子は、逆立ちと宙がえりが得意な、活発で、美しい容貌の持主。小説家の村岡は、野々村の誕生会の余興の席で窮地を救ってもらって以来、彼女に強く惹かれ、二人は彼の洋行後に結婚を誓う仲となった。ところが、村岡が無事洋行を終えて帰国する船中に届いたのは、あろうことか、夏子急死の報せであった……。至純で崇高な愛の感情を謳う、不朽の恋愛小説である。
内容(出版社内容紹介より)

自己中心。

本書は戦中を代表する恋愛小説。
悲劇を通して愛の素晴らしさが描かれていましたが、
やや重苦しい読後になってしまいました。

内容は上記の出版社内容紹介が全てです。
結果、非常にシンプルなストーリーが
むしろディテールを強く印象付けることになりました。
例えば夏子の “萌え” の部分。
それは村岡と夏子の往復書簡に顕著なのですが、
オッサン(僕)は中央線の車内で何度も赤面してしまいました。
一例を挙げると、村岡の手紙にあった野卑な呼称「おまえ」に対し、
勝気な夏子の返信にはなぜかそれに触れるコトがありません。
しかし最後の最後になって

私の大事な大事なあなた あなたのおまえより(本文より)

ですからね?
村岡じゃなくったって、男はメロメロだと思います(笑)

正直、個人的には著者のもう一つの代表作『友情』と比べて
一枚か二枚は下になると思います。
単純な一対一の恋愛なので『友情』の三角関係にあった
奥行きや深みがないと感じるからです。
それでも二人の二心なき愛に否定の意味ではない
「自己中心」を感じられたんですよね。
結果、ラストで示された「無情」みたいなモノが
強くハイライトになったと感じます。

これは完璧に蛇足ですが、僕は現在の(21年後の)村岡は
結婚していると思います。さらには子供もいると思います。
勿論、お相手は夏子ではありません。結局、

愛は究極の自己中心

ですからね?
個人的には、そこに否定の意味はありません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

角田光代『いきたくないのに出かけていく』読了

ブッダガヤ、台北、バルセロナ、香港、メキシコシティ、松島、バリ、八丈島―めくるめく旅の記憶を綴ったエッセイ集。
内容(「BOOK」データベースより)

有為転変。

本書は『大好きな町に用がある』に続くトラベルエッセイ第二弾。
今回も旅先を紹介……と言うより、旅に対する著者の内面や、旅先での行動の変化。
またその土地の実際の変化等、「変化」がキーワードとなっていました。

私を含まない町
いきたい山といった山
なつかしい、の先

内容はバッサリ略で一言、割と良かったです。
一編は非常に短いし、半分以上は既知の話題だったけれど、
それでも本作は「変化」と言う柱(視点)が確固として存在します。
その点で他と差別化がなされていた様に感じられ、
著者と同じように年齢を重ねた僕には、
そこに首肯することが多くありました。

大雑把に言えば角田さんは、
環境の、土地の、記憶の「変化」を、嘆くでも、諦めるでもなく。
むしろあらゆる「変化」を自分と同化させていた様に感じました。
きっとそれは

時間が経過し、たとえ実質的な何かを失ったとしても、
それぞれの「変化」を知ることができた。

になるのかな。
でもそれは老人の負け惜しみで、押し付けがましい、
悲壮感の漂う “ポジティブ” では決してないんですよね。
むしろ

平面的な何かが立体的に立ち上がる

そんなイメージを僕は受けました。
もう少し言えば、たとえ底面の面積が小さくなっても、
代わりに高さを得たよね?って。
そんな角田さん独自のニュアンスを受け取った気がします。

以上、本書は否が応にも日々「変化」を突きつけられている、
角田さんと同年代(含む僕)に特にお勧めです。

最後に僕のお気に入りの一遍をご紹介。
それは『恒例化の謎』にあったのですが、
そこには若い時ならいざ知らず、
歳を重ねるに比例して「恒例化」が多くなるのは何故だろう?
そんな疑問に対する角田さんの考察が展開されています。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は自分を鑑みて割りと深く考えてしまったんですよね。
「変化」とは相反する「恒例化」の意味。
皆様もそれを考えるキッカケに如何でしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

羽田圭介『羽田圭介、クルマを買う。』読了

マツダロードスター、スバルインプレッサ、BMW X3、ホンダヴェゼル、トヨタC‐HR、ポルシェボクスター、アウディTT、ダイハツタントカスタム…。クルマ購入のために数十台もの試乗を繰り返した、リアル・ドキュメンタリー。作家・羽田圭介の初エッセイ!
内容(「BOOK」データベースより)

amazon が良い。

本書は芥川賞作家・羽田圭介による
はじめてのマイカー購入を綴ったドキュメンタリィ。
高価な買い物を前にしてあれやこれや悩む著者の姿に、
ほのぼのとした気分になりました。

内容はバッサリ略で一言、
羽田さんマイカーご購入をおめでとうございます。
正直、それ以上の感想は無いのだけれど、
試乗の度に、購入する候補が増えたり、減ったり、蘇ったり(?)。
その様子はモノは違っても amazon の画面を前にした僕と
全く変わらないんですよね。なのでとても親近感を覚えました^^
また羽田さんはやや慎重すぎる様な気がしないでもないですが、
御自身のお金で買われるのですから、
外野(僕)からは全く意見はありません。
これからも事故のない素敵なカーライフをお祈りします。

以上、本書は『週刊プレイボーイ』が初出でもあり、
内容は非常に容易だし簡明です。車好きの若い男性に特にお勧め。

ここからは蛇足で接客について。
それは作中のボルボとダイハツで顕著だったとのですが、
接客って、客層(購買層)とはまた別のところで好みがあるよな、
って感じました。たとえば羽田さんの場合、ボルボでの担当者は
ボルボ・カー・ジャパンの実質日本一の売り上げを誇る販売員。
その押したるや、その場にいない僕がウンザリ(失礼)するほど
強烈です。反対にダイハツでは予約なしで飛び込んだにも関わらず、
いきなり試乗をさせてくれる程、超~お気軽(?)
結局、羽田さんは店内には一歩も入らず、
当然、アンケートの記入もないし、免許のコピーもとられない。
さらには試乗が終ってもセールストークもなく、お見送りも無しと、
こちらはまさにコンビニ感覚だった様に思います。

で、ここでもし僕がお金持ちになって、車を買うことになったとして。
しかし僕はボルボのお店(接客)を回避すると思うんですよね。
根源的にダイハツのシンプルな接客を愛するから。
もう少し言えば、僕は値引きもお愛想もいらないから、
店(販売員)からのプレシャーと、駆け引きも遠慮したい。
たとえボルボ(もっと言えばレクサス)を買うことになったとしても
僕はサービス満点のデイーラーではなく、amazon で買いたいな(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

中島京子『彼女に関する十二章』読了

どうしたって違うこれまでとこれから…更年期世代の感慨を上質のユーモアに包んで描く。
内容(「BOOK」データベースより)

女性の哲学。

本書は現代的な「女性論」を扱ったユーモア長編。
前半と後半で趣旨が変わっていたようにも感じましたが、
個人的にはそれが幸いしました。

伊藤整のベストセラー『女性に関する十二章』
更年期を迎え、ふと振り返るコトの多くなった聖子
そして
この世は生きるに値するか

内容はバッサリ略で一言、割と面白かったです。
前述の通り、最初は「女性論」を積極的に取り上げ、
正直、男の僕は少々うんざりした気持ちにもなりました。
しかし、聖子の淡いロマンスが二つ続き、
最後は息子とその彼女を通した哲学的な話題へ遷移する等、
個人的には良い意味で方向転換がなされていました。

これはちょっと脱線だけれど、いわゆる「女性論」は勿論、
「男性論」だって一方的な主張になりがちではないでしょうか。
なので僕は女性男性を一切問わず、
この手の話題からは距離を置くことにしています(笑)

って話を戻して、
本書はこの方向転換によって評価が分かれると感じました。
きっと「女性論」を期待した方は “ぬるい” と感じ、
それが苦手な方は “ほっ” と胸をなでおろすと予想します。
僕は後者だけれど、結果的に散漫な印象はぬぐえないかも。

ここからは蛇足で聖子が息子・勉を想う事について。
それは彼女が勉に彼女が出来ないコトを嘆き、
また彼女が出来たら出来たで、
息子の彼女に微かな(しかし多数の)不満を覚える。
そんな姿に、僕はとある知人の女性を重ねてしまいました。
当然ながらこれ以上は秘するけれど、
僕は彼女の、聖子の心配が不思議と言うか、
全く実感、共感できない(出来なかった)んですよね。
男性(含む僕)ならきっと承知するところだと思うけれど、
息子は息子で(母親が知らないところで?)
間違いなく好きにやっています。
またその多くは(ある意味で)母親の想像以上でしょう。
彼女達母親の心配(息子に彼女が出来ない)は
男の僕にしたら少々的外れに感じてしまいます。

って、きっとこれは父親と娘の場合も同じなんでしょうね。
父親の知らないところで、娘はずっとずっと先を進んでいる……。
そんな悲劇(?)を考えたら、僕の大切な大切な娘たち、
える坊とふう助は、箱入り娘(完全室内飼い)で正解だ(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

長崎尚志『風はずっと吹いている』読了

広島郊外の山中で見つかった白骨死体。誰が、誰をなぜ殺したのか。70年以上の時を経て、それは真実を語り始める。広島発世界行き、熱く重厚なミステリー。
内容(「BOOK」データベースより)

罪の重さ。

本書は戦争と殺人を根底から “比較” した長編サスペンス。
ヒロシマを舞台に、現代まで続く戦争の傷跡を描いており、
その命題の深さに顫えるばかりです。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
著者にしては薀蓄が控えめ、しかしテンポの良さはそのままと、
非常に読みやすかった印象です。
また扱うテーマは非常に重いのだけれど、
このスピード感がそれをマイルドにしていた様な気がします。
ラストを含め、ご都合主義や、
やや投げっぱなしの伏線も多々あるけれど
それもエンタメとしてなら許容範囲ではないでしょか。
それにしても……。

本書のテーマのひとつに「罪の重さ」があった気がします。
それは戦争(原爆)による殺人と、
個人間のそれを比較して語られていましたが、
非常に難しい問いだと感じました。
なぜなら本書にあった「罪の重さ」とは、
突き詰めれば「命の軽重」になると思うからです。
機微に触れるのでこれ以上の発言は控えるけれど

命は一つしかない

それだけは忘れてはならないと自戒します。

蛇足で骨について。
ネタバレになるので控えますが、作中では人骨(およびその一部)が
非常に重要なアイテムとして扱われています。
で、そこでフト思い出したのは、骨って存外に重いこと。
僕の持ったそれは人骨ではなくイルカの頭部だったけれど、
幼い僕の両手にずしりとした重みを感じたこと。
痴呆がはじまる歳になった今でもよく覚えています。
きっとあの重さは実際のそれもあったけれど、
子供ながらに命の重さみたいなモノも感じたのかも知れませんね。
「罪の重さ」も「命の軽重」も、あの時感じた骨の重さが、
一つの答えの様な気がします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1097)
(692)
one_day(590)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(214)
my_ex(211)
アルコール依存症(187)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(39)

検索フォーム
FC2カウンター