スケジュール帳

IMG_20181107_142601.jpg
元妻から。

去年まで

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

小川洋子『海』読了

恋人の家を訪ねた青年が、海からの風が吹いて初めて鳴る
〈鳴鱗琴(メイリンキン)〉について、
一晩彼女の弟と語り合う表題作、
言葉を失った少女と孤独なドアマンの交流を綴る「ひよこトラック」、
思い出に題名をつけるという老人と
観光ガイドの少年の話「ガイド」など、
静謐で妖しくちょっと奇妙な七編。
「今は失われてしまった何か」をずっと見続ける小川洋子の真髄。
内容(「BOOK」データベースより)

ちょっとだけ不思議。

本書は小さな出会いを描いた7つの短編集。
あくまでも淡白で一時的な繋がりではあっても、
そこには奇妙な共感が存在し、不思議な余韻に包まれます。

今回は印象に残った2編を簡単にご紹介。
まずは『風薫るウィーンの旅六日間』。
こちらは海外ツアーで同室となった老婦人と、
彼女に付き合わされるコトになった若い女性のお話です。
その目的地は老婦人のかつての恋人の病床なのですが、
残念ながらお見舞いの最終日、その恋人は逝ってしまいました……。
本書に収められた7編はバラエティに富んでいるのだけれど、
本作をジャンル分けするなら何になるのかな?
ホラー?ミステリィ?それともシニカル?
解釈の自由度も高いし、とても不思議な作品なのだけれど、
決して後味は悪くなくて。僕は結構好きな作品です。

もう一つは『バタフライ和文タイプ事務所』。
タイプ事務所に勤めるタイピストの女性と、
その倉庫で働く活字管理人のお話です。
二人は小さな窓しかない仕切りつきのカウンター越しで会話をし、
お互いの顔も姿も見るコトは出来ません。
そしてある時、女性はとある漢字の活字をワザと欠損させて、
管理人のトコロへ交換しに行くのですが……。
本作を一言で顕せば「想像上のエロティック」
些か直接的ではあるけれど、僕はかなーり好きな作品です(笑)

ここからは完璧な蛇足で毛糸について。
それは『銀色のかぎ針』にあったのですが、
僕も主人公と同じく、手編みのセーターやマフラーを
大切な人からいくつも貰ったことを思い出しました。
でも遠い昔の事だし、それでいて編みあがった記憶を解けば痛みは蘇る。
これ以上は控えたほうが良さそうですね。
ただ、毛糸が意外と重いこと。沢山必要な事。値段が高いこと。
何より手間ひまが非常に掛かることを良く覚えています。
恋人の頃は兎も角、一緒になったあとは、
隣で編んでいるのをずっと眺めていましたからね。
あのとき僕は、自分が幸せだと何故判らなかったのだろう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

mixi のアカウントを乗っ取られて

サブジェクトの通り。
対処としてパスワードの変更をする。

mixi は ROM専用で、ログインするのも久しぶり。
パスワードをすっかり忘れていたけれど、
漸く思い出したそれは、元妻の個人情報が含まれていた。

それがハッキングされたのか。

キーボードを出鱈目に叩いて新しいパスワードを決めた。
アカウントを乗っ取られて、僕が失ったものはなんだろう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

廃棄する

ジーンズを廃棄する。
僕が持っている唯一の501。
詩人のお下がりだ。
IMG_20171222_123642.jpg
何度も修理して大切に履いてきた。
けれど以前から先日の GB を最後と決めていた。
あの夜、7年前に詩人と行く予定だったスラットに再び参戦、
個人的なケリをつけてきた。

IMG_20171222_123744.jpg
僕にこびり付いた未練みたいなモノも
501 と一緒に廃棄する。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

スケジュール帳

IMG_20171215_124015.jpg
今年は送り主の名前が記されていた。
少しだけ見慣れない名前。
僕と結婚する前の苗字だった。

IMG_20171215_124153.jpg
でも送り主の住所は今回も無し。
僕には彼女の考えが判らない。

去年まで

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

断酒会 2017/12/11

rps20171211_185923.jpg
2年ぶりの誘いを断った。
でもそれ以来連絡がないから
僕はたぶん後悔をしている。
酒が頭から離れない。

開始:2012/3/18
断酒2095日目

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : アルコール依存症
ジャンル : 心と身体

Tag:アルコール依存症  Trackback:0 comment:0 

村上春樹/安西水丸『村上朝日堂 はいほー!』読了

本書を一読すれば、誰でも村上ワールドの仲間になれます。
安西水丸画伯のイラスト入りで贈る、
村上春樹のエッセンス、全31編!
内容(出版社内容紹介より)

村上春樹とは。

本書は「村上朝日堂」シリーズの第三弾
1,2,ランゲルハンス,3,くもざる,4,5
雑誌『ハイファッション』に連載されたエッセイを中心に、
他誌に掲載されたエッセイをあわせて編んだもの。
若干の統一性のなさ(主に観点の硬軟)を感じますが、
どれもやっぱり『村上春樹』です。

ジム・モリソンのための「ソウル・キッチン」
恋に落ちなくて
ON BEING FAMOUS(有名であることについて)

シリーズの中でもスノッブな話題が多い印象です。
いうなれば、浅いファン(僕の事です)が
つい最近までイメージしていた『村上春樹』に近いかも。
ただ従来の「村上朝日堂」や他のエッセイで見せる、
脱力で、とぼけて、 捉えどころのない話題もキチンとあり、
それら全てが『村上春樹』なんですよね。
『CAN YOU SPEAK ENGLISH?』の中にある

でもそれが僕と言う人間なのだ(本文より)

が、本書をよく顕していると思います。
『村上春樹』を ”スカしている”
そうイメージされる方には特にお勧めです。

蛇足で貧乏について。
それは最後の一遍『貧乏はどこにいったか?』
にあったのですが、著者の周りの若い女性は総じて
貧乏は「絶対に嫌だ」と仰るそうです。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕もちょっと感じるところがありました。

まず前提として僕は臆面も無く貧乏です。
その上で僕の数少ないガールフレンドを振り返ったとき

貧乏を苦にせず、逆に創意工夫で僕を励ましてくれた元妻。
高い交通費にも関わらず、いつも会いに来てくれた元彼女。
そして
支払いの時はいつも(今も)
必ず自分も出すと言ってくれるタラレバ娘。

彼女達はそれぞれのやり方で
不甲斐ない僕に付き合ってくれました(くれていています)。

誰が良いとか、何が正しいとかではありません。

ただ僕は僕自身の(出会いの)幸運を強く感じます。
また自分の事を棚に上げてしまえば、
結局のところ貧乏さえも

想像力の問題だ(本文より)

と言う一面だってあるのではないでしょうか。

二人の想像で補えるモノはきっとある。

僕は過去と現在のガールフレンドのおかげで、
そう思うことが出来る様になりました。
全ての女性が「貧乏は絶対に嫌」ではないと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

神戸屋キッチン国立店が閉店

残念です。
元妻がパン作りのマスターになるまで、
ずっとお世話になっていました。
IMG_20170806_154858 - コピー
また2階のカフェでは何度も辛い話し合いをしました。
苦い記憶も、消えていくとなれば寂しく思え。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

蚊に喰われてバツ印

大人になってからの習慣。
蚊に喰われたトコロに、爪でバツ印をつける。

元妻は僕の100倍頭が良い。
けれど、おまじない?を真剣に語る
彼女の顔が可笑しくて。

特に無いけれど、
太ももにバツをつけながらフト思う。

戸籍にバツを付け合った者同士、
彼女の太ももにもバツが一つだけあれば良い。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

恩田陸『蜜蜂と遠雷』読了

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?
ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、
そして音楽を描き切った青春群像小説。
著者渾身、文句なしの最高傑作!
内容(「BOOK」データベースより)

破裂音の正体。

本書は第156回(平成28年度下半期) 直木賞受賞作。
さらに「2017年本屋大賞」も同時に獲得したその実力は、
評判に違わぬ「興奮」に溢れていました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
当初はありがちなコンテストを舞台とする青春群青劇とあって、
ちょっぴり食傷を感じました。
でもそれは全くの杞憂に終わります。

生活者の音楽を探る者
ルーツを軽々超える者
深化し帰ってきた者
そして
音楽を世界に連れ出す者

主人公・風間塵が自ら導火線となって火をつけたのは
「災厄」と言う爆弾ではありません。
それは『音楽』と言う名の蓮の花。
物語の終盤、あちこちで上がる破裂音は蓮の花が開く音であり、
才能の開花を告げる祝砲でした。

正直、中盤はやや間延びを感じるし、
ラストの数ページはバッサリ切っても良かった。
けれど、音を、記憶を、感情を
色鮮やかに想起させる筆が実にお見事。音楽に限らず、
エンターテイメントを愛する全ての人達にお勧めです。

蛇足で「茶色の小瓶」について。
作中、幼い亜夜とマサルが連弾しており、
CM にも使われるほど有名な(僕でも知っていた)曲。
それが「茶色の小瓶」と言うタイトルだって事、
本書ではじめて知りました。
また調べたところ「茶色の小瓶」は本来洋酒の瓶を指し、
生活に困窮しても飲酒をやめない
アルコール依存症の夫婦を歌った、とありました。
でも僕にとって「茶色の小瓶」は、古い同人誌であり、
その主要ライターの事なんですよね。
彼女はアルコール依存症ではないけれど、
僕のせいで大きく人生を損なっており、
そんな類似点にどこか暗喩めいたモノを感じてしまいました。

それから「茶色の小瓶」のメロディが、
どうしても頭から離れません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(977)
(600)
one_day(537)
ex_girlfriend(341)
my_ex(211)
ロックンロール(198)
アルコール依存症(176)
タラレバ娘(111)
自転車(34)
縦結びの人(6)

検索フォーム
FC2カウンター