ニベア

男がこんなモノ付けるか!
FJ310466.jpg
って、意地を張っていたのは一昨年まで。
離婚して家事をするようになって、
冬は手放せなくなってしまった。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

深山亮『読めない遺言書』読了

孤独死した父は、最期の瞬間、何を考えていたのか?
生き別れた父の書いた「全遺産を小井戸広美に遺贈する」という遺言書。
平凡な教師の竹原は、広美が何者なのかを突き止めるべく調べ始める。
緻密な構成と大胆な展開で読者を驚愕のラストに導く、
第32回小説推理新人賞受賞作家のデビュー作。
内容(出版社内容紹介より抜粋)

頭の回転が早い主人公よろしく、
その文体も軽妙でコミカルです。

内容は亡父の遺言書から始まった奇妙な出会いと進展。
熱い同僚教師に不登校児、反抗期の少女とその父兄。
デート商法と言う犯罪もありますが、殺人等の生臭い話は一切なく、
どこか飄々とした学園ドラマの様です。
序盤に比べ終盤の展開にやや既視感を覚えますが、
本作はなんと言っても中盤の主人公とヒロイン?の会話が魅力的
所謂『萌え』と言う奴でしょうか^^

設定では”平凡”だそうですが、主人公の話術には機転が利いていて
(少々オヤジが入っているものの)これでモテナイ筈が無い(笑)
またヒロインの巧みな受け答えも男殺し全開なんですよね、
さてこの勝負(?)の行方や如何に。

硬派?なタイトルからは想像もつかない軽いタッチは、
ライトノベルにはちょっと抵抗を感じるけれど決して嫌いじゃない
そんな大人の方(特に男性)に大変お勧めです。
この作風、案外需要は大きいんじゃ無いでしょうか。
例えば僕とか^^


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

初めて

FJ310428.jpg
お土産の最後は鯖寿司。
彼女曰く「たまたま良い鯖があったから。」だそうで。

FJ310430.jpg
骨抜きを使う彼女を見て、
初めて魚には水平にも骨がある事を知った。

FJ310432.jpg
寿司桶を使う彼女を見て、
初めてシャリは混ぜるのではなく切るモノだと知った。

FJ310435.jpg
彼女が作ったこの鯖寿司を食べて、
初めて鯖の本当の美味しさを知った。

FJ310440.jpg
僕の殆ど全部、彼女が初めて。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

ザ・ローリング・ストーンズ50周年ライヴ・イン・ロンドンO2

ビルとミック・テイラーがゲストで参加したそうです。

50周年と言うお祭り騒ぎとは言え、
袂を分かち合ったメンバーが一堂に会する。
こんな奇跡を誰が予想したでしょうか。

彼等のショーが現在でも世界一である事に驚きはありません。

今回2時間半のパフォーマンスで演奏された楽曲は、
往年からのファンに向けてサービスたっぷりの”懐メロ”大会の様子。
盛り上がりも一入でしょう。

この<50 & Counting>ツアーのファイナル、プルデンシャル・センター公演を
12月16日(日)午前11時からWOWOWにて
生中継!ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ライブ ONE MORE SHOT
として放送されるそうです。
僕は視聴する事が出来なくて残念至極ですが、
WOWOWを見られる方は是非ご覧頂きたいと思います。

ストーンズはスマトラタイガーの様に、現代まで生き延びた絶滅危惧類。
その決して群れる事無く、獲物の骨まで噛み砕く鋭い牙を、
リアルタイムで観れる喜び。
とくとお楽しみ下さい。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

おまけのお土産

FJ310422.jpg
ジャスミン茶と歯ブラシ(台湾)。
袋ラーメン4つ(日本)。

FJ310424.jpg
彼女の手料理。

FJ310442.jpg

FJ310444.jpg
鶏レバー。
以前彼女に教わって自分でも何度か作った事がある。
けれど、全く違う食べ物だったと知った。
プリップリでネットリ、僕が作った臭みがあってボソボソしたレバーとは
同じ食べ物では決して無い。本当に旨い。

FJ310447.jpg

FJ310449.jpg
炊飯器鶏。
以前彼女に教わって自分でも何度か作った事がある。
けれど、全く違う食べ物だったと知った。
ネットリとした食感はまるでハムの様。
しつこさも臭みもないのに、肉の味が濃厚で信じられない旨さ。

もう一つのお土産(白い箱)は次のエントリで。
良く判らないミニチュアより、おまけのお土産の方が嬉しい。」
そう言ったら彼女は笑った。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

彼女が台湾

FJ310413.jpg
結婚して間もない頃に行った、台湾の鼎泰豊(ディンタイフォン)を思い出す。
二人が何度も追加注文するから、その度に現地のおじさん店員が驚嘆の声をあげていた。

FJ310414.jpg
翻って今日のコック兼店員は素敵な日本人女性。

FJ310416.jpg
お客(僕)の好みを知り尽くした店員は、
空いた器に黙って炊飯器鶏や野菜を追加してくれる。
何度でも何度でも。


おまけ:
FJ310411.jpg
二人でケーキを7つ。

FJ310417.jpg
僕の身の安全の為、
その内訳は秘密です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

台湾の白菜

FJ310419.jpg
彼女は昔からこう言う訳の判らないミニチュアが好きだ。

FJ310418.jpg
全ての点において尊敬に値する人だけれど、
このセンスだけはサッパリ理解できない。

FJ310420.jpg
これが僕へのお土産って…。

FJ310421.jpg
けれど、大切にする。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:2 

僕の一日

起床後、娘のトイレ掃除。
インスタントコーヒーを飲みながら
お気に入りのサイトを巡回。
その後、多摩川サイクリングロードを自転車で2時間。

昼食後、娘のトイレ掃除。
インスタントコーヒーを飲みながら
求人サイトとニコニコ動画。
どちらも動きが鈍い。

午後は図書館で新聞を2誌(朝日と日経)。
その後、家は寒いから持ち込んだ本で閉館まで。
ここは暖かくて助かる。

帰宅後、娘のトイレ掃除。
インスタントコーヒーを飲みながら
漸く起き出した娘と遊ぶ。
僕は娘の爪を切れないから(血が怖い)
生傷が絶えない(自分の血は怖くない)。

夕食は食べない日が多い。
その代わりインスタントコーヒーを飲みながら甘いものを。
因みに昨夜はアルフォート(ミルク味)76円。
一日一度の贅沢。

眠くなったらベッドへ。
僕はブックライトで本を読み、娘は階下で一人パトロール(?)。
夜は別々に過ごす事が多い親子だけれど、
朝になれば何時の間にか一緒にお布団の中。
娘は大抵僕の股の間か、左の腋の下にいる。

そんな僕の一日。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

中山七里『贖罪の奏鳴曲』読了

弁護士・御子柴礼司は、ある晩、記者の死体を遺棄した。
死体を調べた警察は、御子柴に辿りつき事情を聴く。
だが、彼には死亡推定時刻は法廷にいたという「鉄壁のアリバイ」があった―。
「このミス」大賞受賞作家による新たな傑作誕生。
内容(「BOOK」データベースより)

過度に破綻する事無く、適度にまとまっていますが、印象に残りません。

物語は悪辣な弁護士を中心に、彼が抱える最高裁審理に持ち込まれた殺人容疑事件。
彼の少年時代の暗い過去が及ぼす光と影に、交差する思惑の数々。
ラストは二重三重のどんでん返しが待ち受けて…。
と、バラエティに富んでおり、かつ王道です。
けれど、どれもこれも中途半端な印象が拭えないんですよね。
コネタかもしれないけれど伏線?と思われた箇所が幾つも投げっぱなしだし、
致命的な事実誤認も散見される。
そもそも本書の主題を弁護士の更生に置くのか、
もしくは現在進行形の法廷ミステリィに置くのか、
その点もどっちつかずで終ってしまった感があり非常に残念です。
本書は上記二つのネタで二本の中篇に分冊したほうが
良かったのではないでしょうか。
テンポ良く読ませるテクニシャンだけに、勿体無い気がしました。

蛇足ですが本書は異質で(難しい?)言葉が
唐突に使われている箇所があります。例えば『権柄』とか。
因みに『悪戯』や『所詮』、『折角』の様な簡単な単語にまでルビが振ってありますが、
『権柄』には振られておりません。きっとそれら以上に常識なんですよね…。
僕は恥ずかしながら『権柄』を読み間違えてしまいました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

courier service of the true heart.

FJ310392.jpg

FJ310393.jpg

FJ310395.jpg


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ :
ジャンル : 独身・フリー

Tag:ex girlfriend  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(965)
(591)
one_day(530)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(195)
アルコール依存症(175)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター