東野圭吾『祈りの幕が下りる時』読了

悲劇なんかじゃない これがわたしの人生。
極限まで追いつめられた時、人は何を思うのか。
夢見た舞台を実現させた女性演出家。
彼女を訪ねた幼なじみが、数日後、遺体となって発見された。
数々の人生が絡み合う謎に、捜査は混迷を極めるが…。
内容(「BOOK」データベースより)

親から子へ注がれる愛。

本書は「加賀恭一郎シリーズ」の第十作目であり、
そのテーマは『親子の愛』。
物語は女性演出家の過酷な人生を中心に、
悲しい事故、止むを得ず犯した罪、自己犠牲による我が子の庇護。
それらが仙台と東京・日本橋を結び、点と点、時と時が繋がって
現代で悲劇が繰り返されて行く。
そこには加賀の亡き母が関わっており、
亡き父との確執の原因が明らかに……。

プロットに目新しさは無く、犯行を重ねる安易さや、
種明かしを独白に頼っている点など詰めの甘さも残ります。
しかし、説教臭くならずに哀愁を誘い、
テンポ良く展開しながらも伏線の回収に抜けが無い等、
その完成度は流石の一言。
単独作品として読んで良し、シリーズ作品としてはさらに良しと
東野圭吾ブランドを決して裏切りません。
「曽根崎心中」に込められた暗喩に気がついた時、
僕はすっかり著者の掌中にありました。
また蛇足ではありますが、
今後の加賀と登紀子も非常に気なるところです。

シリーズを含め、本書でも貫かれた親から子への愛。
小説は兎も角、現実世界でこの愛を享受されている方は、
どんな環境下でさえ、きっと幸せだと思います。
反論は認めません。
その方達にとって、幸せは義務なのですから。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Thank you for everything. 3/4

FJ310858_20131229172659e66.jpg
長友 - December 21, 2013 -


FJ310931_201312291727014f6.jpg
鯖の煮付け - December 22, 2013 -


FJ310873.jpg
豚ロースのしょうが焼き - December 24, 2013 -


FJ310911.jpg
ほうれん草の胡麻和え - December 26, 2013 -


FJ310913.jpg
今野(海老無し) - December 26, 2013 -

調理中、海老を切らしている事に気がついたらしい。
作成者は恐縮しきりだったけれど、全く問題はない。
手料理には既製品には無い唯一無二のストーリーがあり、
これに勝る味なんてありはしない。
海老無し今野は僕だけのモノ。

This is a load which arrived on that day.



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ :
ジャンル : 独身・フリー

Tag:ex girlfriend  Trackback:0 comment:0 

森博嗣『キウイγは時計仕掛け』読了

建築学会が開催される大学に届いた奇妙な宅配便。
中には、γと刻まれたキウイに
プルトップが差し込まれたものがたったひとつ、入っていた―。
荷物が届いた日の夜、学長が射殺された。
学会のため当地を訪れていた犀川創平は、
キウイに刻まれたギリシャ文字を知り、公安の沓掛に連絡する。
取材にきていた雨宮純、発表のため参加の加部谷恵美、山咲早月。
ほか、海月及介、国枝桃子、西之園萌絵らも集う邂逅の一巻。
内容(「BOOK」データベースより)

盛り上がって参りました???

本書は全12作とアナウンスされている『Gシリーズ』の9作目。
その為、起承転結で言えば「転」
音楽で言えば「サビ」に差し掛かるはずなのですが、
一向にその気配はありません(笑)
まっ、『Gシリーズ』だけなら兎も角、
『Xシリーズ』、『S&Mシリーズ』、『Vシリーズ』
はたまた『四季シリーズ』や『百年シリーズ』とも繋がるんですからね。
その全貌が(スケールさえも)見えないのも仕方が無いのかも(喜)

内容についても相変わらず犯行動機は描かれないし、真相も明らかにされない。
ただ、ラスボス?とされるあの方が、
どの様な手法で彼等を操作 or 影響を与えているのか。
そんなシリーズの肝要になる部分のヒントがありました。
それは犀川と島田文子の会話にあり、
SNSやツイッタを監視ツールと断じています。
曰く利用者は家畜であり、与える餌は「絆」。
「絆」は元来牛を繋ぐ綱であり、ネットは人を縛りつける装置だと。
うーん、最高!!

結局、本書は(も)単独で楽しむミステリィではなく、
『森博嗣シリーズ(yuki意訳)』の一冊と考えるべきでしょう。
ミステリィとしてはアレでも、
知的なジョークや、主要メンバの萌え会話は
それを補って充分にお釣りが来ます。

蛇足で、雨宮純はあぁ言いましたが、加部谷恵美のあの作戦(?)は
男の僕は大いにアリだと思いますよ?
それは S.Y. だけじゃなく、実践すれば K.K. にも絶大な効果があったはず。
少なくとも僕ならイチコロなのです!(←およびじゃありません)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Thank you for everything. 2/4

FJ310836.jpg
きんぴら牛蒡 - December 14, 2013 -


FJ310838_20131227125931199.jpg
子供のミートソース - December 15, 2013 -


FJ310841.jpg
長友 - December 16, 2013 -


FJ310846.jpg
FJ310850_20131227130342a0c.jpg
鶏の照り焼き - December 17, 2013 -


FJ310859.jpg
カレイの煮付け - December 18, 2013 -

This is a load which arrived on that day.



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ :
ジャンル : 独身・フリー

Tag:ex girlfriend  Trackback:0 comment:0 

make a serious protest

FJ310916_20131226181908a17.jpg
クリスマス・プレゼントが届いた。

FJ310918.jpg
最近二人の間が気まずかったから

FJ310923.jpg
一日遅くなったのは抗議の証だろう。

FJ310928.jpg
だけど僕だって彼女に抗議したい

FJ310930_2013122618195524f.jpg
君がいない。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ :
ジャンル : 独身・フリー

Tag:ex girlfriend  Trackback:0 comment:0 

Live of the favorite poet

詩人の初主催イベントは大成功。
もう何もかもが予想を超えて、褒め言葉すら浮かばない。
だから一言だけ
FJ310889_20131226003923ab1.jpg
おめでとう。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

飲酒運転について

断酒会の仲間に教えてもらいました(youtubeです)。

鉄拳さんのパラパラ漫画をアニメに!みんなで撲滅飲酒運転

わずか30秒のビデオですですが、
飲酒運転の ”意味” が描かれています。
是非ご覧頂きたいと思います。

お酒はこの世で一番美味しい飲み物です。
万全の体勢で、心行くまで楽しんで下さい。
お願いします。


<過去>ストップ ザ・飲酒運転


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : アルコール依存症
ジャンル : 心と身体

Tag:アルコール依存症  Trackback:0 comment:0 

打ち合わせ

FJ310860.jpg

FJ310870_20131223171050c78.jpg

FJ310872.jpg

FJ310869.jpg


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

冬至

一年で最も昼が短い日。
でも明日からは毎日、日は長くなる。

そう教えてもらったあの日から、
僕の冬は今日でお終い。

南瓜も柚子湯も失ってしまったけれど、
明日は今日よりも明るい。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

井上ひさし『手鎖心中』読了

他人を笑わせ他人に笑われそのために
死ぬほど絵草紙作者になりたいと願っている若旦那のありようを
洒落のめした直木賞受賞作。
面白おかしく悲しい道中「江戸の夕立ち」も収録。
内容(出版社内容紹介より)

中二病全開です。

本書は著者の代表作の一つにして第67回直木賞受賞作。
主人公の近松与七は江戸後期の金に不自由のない大店の若旦那。
けれど何を血迷ったのか、食うに厳しい絵草紙作者になりたいと願います。
大雑把に言えば、アウトローに憧れる or 奇才に憧れる、
そんな中二病を拗らせてしまったお坊ちゃんのお話です。
ラストはシニカルではありますが、
痛快でもあり示唆に富んでいました。

で、僕はこの与七の愚かさ?を笑えないというか、
ちょっとだけ共感出来てしまったんですよね、
「しょうがねぇーなー」って。

ジャイアンツの四番バッターに、ロックバンドの凄腕ギタリスト。
そんな大層じゃなくても、左利きだったり、包帯だったり。
酒とタバコもそうなるのかな?
ちょっとした特別な才能や、アウトローに僕も憧れたからです。

でも普通はこんな麻疹みたいな考えは、
子供の内に罹って、治癒して、免疫が出来て。
大人になると自然と(寂しいけれど)二度と罹らないですよね?
でも、チヤホヤと無菌室で育てられ、
大人になってから『中二病』に罹った与七は、
病を散々拗らせ、周りを巻き込み、はた迷惑な奴になってしまいました。

共感するところ大ではありますが、
やはり大人になってからの発症?はやっかいになる事が多いような。
だから、おたふく風邪や水疱瘡と同じく、
『中二病』も子供の内にすましておくべきですよね?男の子は特に。
色々危険です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(965)
(591)
one_day(530)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(195)
アルコール依存症(175)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター