窪美澄『クラウドクラスターを愛する方法』読了

「輝くような人生の流れに乗るためのボートは、どこにあるんだろう」。
誕生日を間近に控えた大晦日の朝、3年間一緒に暮らした彼が出て行った。
その原因は……
内容(出版社内容紹介より)

バッサリ略。

「もっと重い荷物を持っている人は…」と向井君。
そんな事言われたくない、と紗登子。

大きな声じゃ言えないけれど、僕は向井君に賛成です。
あなた(紗登子)だけがスペシャルでは無い。

また彼女には軽薄に映るであろう、家を出ると言う行動も、
悪手しかない選択肢の中では最善手だったんじゃないかな。
このエントリの様に、
センシティブな件に対して意見を控える僕も、
向井君と同類です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

馬鹿 ~ その後の stetecoboro blues ~

前回

ステテコを紛失。
洗濯して干していたら、風に飛ばされたらしい。
FJ310379_20140729122517454.jpg
報告を入れると、叱責の代わりにコレが届く。
曰く『前と同じ柄(JIMMY とお揃い)が無かった。すまない』と。

FJ3103830001 - コピー
失くしたのは100%僕が悪い。
なのに贈り主の方が謝るなんて。
彼女は馬鹿なんじゃないか。


おまけ:
「セールで安く買えた」
そう自慢するけど、送料がこんなにかかっている。
FJ310381_201407291225190d1.jpg
やっぱり彼女は心底の馬鹿。
誰よりも愛おしい僕の馬鹿。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:ex girlfriend  Trackback:0 comment:0 

中條てい『アイミタガイ』読了

毎朝同じ電車の同じ車両に乗る会社員の澄人、
合格確実だった中学に落ちてしまった敦俊、
トラブルメーカーのホームヘルパー範子、
カメラマンの娘を事故で亡くした元学芸員の優作、
そして9歳の時の両親の離婚が傷になり結婚に踏み切れない梓。
見知らぬ人の思いが巡り巡って、硬く閉ざされた心の扉を小さく叩いたとき、
彼らにもたらされたものは…。
内容(「BOOK」データベースより)

損得勘定、どちらがお得?

連作短編集と言うには、各話の繋がりは非常にゆるく。
けれど、それが本書の真髄なんですよね。
オブジェクト指向じゃないけれど「名は体を表す」とはこの事。
『アイミタガイ』とは ”お返し” を求めない程度の
ゆるい繋がりでした。

内容はバッサリ略。
本書は作中に散りばめられたキーワード

「情けは人の為ならず」
「袖振り合うも他生の縁」

とあわせて『アイミタガイ(相身互い)』による

「無私無欲」= 「結果的にお得」

を説きます。
でも僕は圭吾くんの言う「ギブ・アンド・テイク」もアリなんでは??
な~んて考えちゃうんですよね。
多様な価値観が交じり合う現代において、

「ギブ・アンド・テイク」=「貸し借り無し」

は所謂「明朗会計」だし、
最も易しい(優しい)物指しではないでしょうか。
まっ、そんな事言ってるから、
僕はいつまでたっても独り身なんだけれど(泣)

蛇足で、あっちゃんが引っかかった問題の答えは「立」。
中学受験にしては簡単すぎる問題だけれど、
だからこそ彼は、あんなにも焦ってしまったんですよね。
読んでいる僕まで辛くなってしまいました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

冷戦

FJ310362 - コピー
キッカケは30%引きで買った西友のお寿司。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

西原理恵子『サイバラの部屋』読了

ようこそ、何でもアリの部屋へ―。
よしもとばななやともさかりえを相手に、なぜだか近所のオカン談義。
重松清と成り上がり人生を振り返る。
野望も下ネタも人情も一緒くた!読めば不思議と元気になれる、
盛りだくさんの対話集。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

コレクターズアイテム。

本書は各界著名人と繰り広げたサイバラ節全開の対談集。
お相手は同業の漫画家、ややアウトロー?の作家、
そこはかとなく繋がっている異業種の方と、多種多彩の十三名。
内容は既知の範囲をほぼ出ることはありませんが、
小出しされる新情報(コネタ)が嬉しかったり。
ここら辺の匙加減が本当に商売上手だなぁ~(笑)
正直、コレクターズアイテムの域を出ていませんが、
ファンなら一読して損はないかと。

蛇足で、とある作家がいきなり政治の話、
それも彼の主義主張に沿う方向にサイバラを誘導します。
曰く

『菅直人の特別補佐官にならない?』

それに対する彼女の返答が痛快この上なし!!
さらには彼との対談後記で

『彼は声が良いから、女性はボーっとしちゃって話を理解していない。
 私も対談内容を覚えていない』(yuki意訳)

と、まさに一刀両断。
この対談だけで僕は元が取れました!
(スミマセン、図書館で借りました…)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Thank you for everything. 3/3

FJ310280_20140725182126887.jpg
FJ310284.jpg
子供のミートソース - July 9, 2014 -


FJ310263 - コピー
鯖の煮付け - July 10, 2014 -


FJ310338_20140725182432c1b.jpg
豆とベーコンのスープ - July 18, 2014 -


FJ310343_20140725182540aab.jpg
豚の甘辛(豚丼) - July 20, 2014 -

This is a load which arrived on that day.



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ :
ジャンル : 独身・フリー

Tag:ex girlfriend  Trackback:0 comment:0 

塩田武士『雪の香り』読了

舞台は京都。新聞記者・恭平は捜査情報の中に、
十二年前に失踪した学生時代の恋人・雪乃の名前を見つけ、驚愕する。
なぜ彼女は消えたのか?取材を進める中で浮かび上がる雪の秘密。
そして物語は運命の日、祇園祭の宵山へ…。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

踊らされます。

内容は上記紹介の通り。
二人の出会いと愛に満ちた日々を描いた2000年と、
再会し過去に隠された事件の真相を追う2012年が
交互に描かれ進行します。

小悪魔的で男(特に僕)の庇護欲を掻き立てる雪乃。
そんな彼女を想う恭平に強くシンパシーを感じます。
ただその分、何度も彼の愛から逃げてしまうの??って、
半ば雪乃に怒りを覚えながら読み進める事に。
で、その結末は皆様にご確認していただくとして、
僕は途中で投げ出さないで本当に良かったです。

冒頭で記され、末尾で明かされる二年箱の中身。
新聞記者のクセに、行動確認に無警戒な点。
高雄山のかわらけに書いた文字に、竹笹園で撮った写真と、
伏線の投げっぱなしもチラホラ。
正直、突っ込みどころの多い作品です。
けれど、上手く言えないのだけれど
恭平の愛が同性として堪らなく愛おしいんですよね。

ニヤニヤにイライラ。
上げては落とされ、またジャンプして。

不思議な人形・北大路君よろしく、
僕も著者にスッカリ踊らされました。
でも、それが心地良かったり(笑)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

娘の碇

FJ310341 - コピー
僕の太ももと ”真ん中” を突き刺して

FJ310342 - コピー
娘さん、停泊中。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
...more
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

長岡弘樹『波形の声』読了

人間の悪意をとことん見据えたまなざし、
心温まるどんでん返し、そして切なさはビターに!
奥の深い長岡ミステリー最新作7篇!
内容(「BOOK」データベースより)

ショート・ショート。

本書は「音」をテーマにした短編集。
著者代表作に『傍聞き』があり、
題材として「音」を用いるのは、もはや十八番ですね。
各話はどれも非常に短く、スピード感があり、
短編と言うよりはショート・ショート。
中央線なら駅五つで一話読み終わります。
どれも小粒過ぎて肩透かしの感は否めないけれど、
退屈な乗車時間を忘れる事が出来ました。

僕のお勧めは表題作「波形の声」
色紙に印された同心円が意味するモノとは何か。
テーマに沿った素晴らしいアイデアと感心しました。

また蛇足で幻の絵画をめぐる「ハガニアの霧」
作中、この画の売買交渉の場面があるのですが、
1ドル=78円で計算されているんですよね。
どれだけ古い作品なんだと思ったら、
初出は僅か2年前の2012年3月です。
僕達は意外に激変の時代にいる??


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

むかしの事

むかしの事。

派遣先でいきなり組み込みをやらされる。
曰く
『Java が出来るならコレも大丈夫』

おそらくC言語の事と思われるけれど(嫌味です)、
IDE もなくて一体どうしろと。

何一つ知識も無いまま、
繊細な ICE を使い(嫌味です)、オシロを覗く。
必死で喰らいついて行ったけれど、

『えっ!?そこから?』

なーんて、呆れられ、嫌味を言われ。
あの時一緒に泊り込みを続けたクライアントを
何度殴ってやろうと思った事か。

あれから15年。
その人がフリーになった僕に声を掛けてくれた
今のクライアントです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(977)
(600)
one_day(537)
ex_girlfriend(341)
my_ex(211)
ロックンロール(198)
アルコール依存症(176)
タラレバ娘(111)
自転車(34)
縦結びの人(6)

検索フォーム
FC2カウンター