椰月美智子『伶也と』読了

生まれて初めてのライブで、ロックバンド「ゴライアス」と
衝撃的な出会いをした直子。
今までこれといった趣味もなかった彼女は、
自分の持てる時間と金のすべてを使い、
ボーカルの伶也を支えることを決心する。
狂おしいほどの愛と献身が行きつく先はどこなのか。
二人が迎えた結末は、1ページめで明かされる。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

バンドファン必見。

内容はバッサリ略。
上記「BOOK」データベースの紹介が全てです。
ただ一言、面白かった!

蛇足で僕もとあるバンドの専用ブログを作っていた程、
所謂バンギャル男(←自分で書いてて気持ち悪い)でした。
だから直子ほど盲目ではないけれど、
彼女に共感さえ覚えるんですよね。
僕は男でそっちのケもないし、私生活にも興味は無かったけれど、
自分のアイドルが他の人に賞賛されると
この上ない喜びを感じました。


おまけ:
ゴライアス
BGM: ZIGGY / Goliath Birdeater

※ゴライアスと言ったら、コレです!!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

姉と妹 その16

FJ310695.jpg
妹:「おりゅあー!」

FJ310696_20141229063305c22.jpg
姉:「……」

FJ310693_201412290633036f4.jpg
妹:「おりゅあー!」

FJ310692_20141229063301721.jpg
姉:「……」


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

カレーパンと卵パン

FJ310096_20141214135026197.jpg
この味

FJ310099.jpg
懐かしくて

FJ310097_2014121413502675e.jpg
辛い。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

連城三紀彦『どこまでも殺されて』読了

「どこまでも殺されていく僕がいる。
いつまでも殺されていく僕がいる」
七度も殺され、今まさに八度めに殺されようとしている
という謎の手記。そして高校教師・横田勝彦のもとには、
ある男子生徒から「僕は殺されようとしています。助けて下さい」
という必死のメッセージが届く。
生徒たちの協力を得て、殺人の阻止と謎の解明に挑む横田。
周致な伏線と驚愕の展開に彩られた本格推理長編。
内容(「BOOK」データベースより)

手堅く。

本書は謎の手記と実在の事件が交差する本格ミステリィ。
学園を舞台にしており、警察も探偵も登場しない。
奇天烈な手記の解読し、迫り来る八度目の殺人を阻止するのは
先生に生徒と言う、ややケレン味のある設定です。
好悪が分かれるかもしれませんが、
古き良き時代の ”本格” を感じられて、僕は良かったです。

何度も殺される僕
助けを求める声・メッセージ
実在した3つの事件と、発見されない4つの事件

タイトルから叙述トリックである事が判るので、
意外性はそれ程ありません。
それでも、”切り替え” のポイントと
その場面の描写が流れるように美しく、
惑わされる以上の喜びがありました。

僕は今、絶賛「連城三紀彦」ブームの真っ最中ではありますが、
近隣図書館の蔵書が心もとないんですよね。
うーん、うーん、どうしよう。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

やぁ!

FJ310577_20141225153447558.jpg
次女:「お邪魔しま~す!」

FJ310582.jpg
僕:「いや、帰ってください」


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

Storm in the heart

FJ310177_201412251516362f1.jpg


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 愛したひと
ジャンル : 独身・フリー

Tag:my ex  Trackback:0 comment:0 

瀬尾まいこ『強運の持ち主』読了

元OLが営業の仕事で鍛えた話術を活かし、
ルイーズ吉田という名前の占い師に転身。
ショッピングセンターの片隅で、
悩みを抱える人の背中を押す。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

占いよりも。

本書は人付き合いが苦手でOLから転職した、
ある意味世渡り上手(?)な占い師の物語。
収められた四つの短編はどれも肩肘張る事はなく、
サラリとホロリのハーフ&ハーフ、
宅配ピザみたいな気軽さです。

父と母で迷う小学生
占いが外れても再訪する女子高生
おしまいが見えるという青年
そして、強運の持ち主である ”筈” の同居人。

持ちこまれるお悩みは、どれも当人には決して軽くはありません。
だからこそ三千円も出して占いを求めるのですが、
結局どれもこれも結果には影響を与えないんですよね。
大切な答えは占いなんかではなく、
当人の心の中にありました。

蛇足で僕のお気に入りは『ニベア』
作中、ニベアの香りが優しさと安心の象徴であり、
母親を想起させるアイテムとして使われています。
実はこのニベア。我が家ではお姉ちゃんだけでなく、
妹も大好きなんですよね(*1)。
僕は白魚のような手のママではなく、
固くて節ばった指の父ちゃんなんだけれど。


*1 … お姉ちゃんの様子。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

なに?

FJ310574.jpg
なに?

FJ310570_20141223082454650.jpg
なに?

FJ310565_2014122308245294a.jpg
なに?


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

Thank you for everything. 3/3

FJ310049_20141222134047399.jpg
小松菜の煮浸し - December 6, 2014 -


FJ310074_201412221342151f8.jpg
大人のミートソース - December 7, 2014 -


FJ310077_201412221342588ae.jpg
今野 - December 8, 2014 -


FJ310148_201412221343518b1.jpg
キノコのスープ - December 16, 2014 -


FJ310153.jpg
鶏のニンニクこれでもか焼き - December 18, 2014 -

This is a load which arrived on that day.



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ :
ジャンル : 独身・フリー

Tag:ex girlfriend  Trackback:0 comment:0 

桜木紫乃『ブルース』読了

没落した社長夫人が新聞の社告の欄に見た訃報、
それはかつて焦がれた六本指の少年のものだった。
深い霧たちこめる北の街の「崖の下」で生まれた男が、
自らの過剰を切り落とし、釧路の夜の支配者へのしあがる。
謎めく「彼」をめぐる八人の女たちの物語。
内容(出版社内容紹介より抜粋)

繋がりとは。

本書は過酷な出自を持つ男・影山博人を中心に、
女性達の生と性を描いた連作短編集。
僕は女性作家または女性視点の物語で
官能を感じたことは無いのですが、
本書で初めてそれを体験しました。秀作。

六本目の指を切り落とした影山。
そんな男に女性達は快楽で繋がれて行きます。
けれど芯の部分では一つにはなれないんですよね。
だからこそ繋がる快楽は麻薬となるのでしょう
独りの寂しさを忘れられるから。

ラストが冒頭で提示されているし、
物語としては特に厚みがあるわけではない。
けれど読了後よりも読書中の歓びが顕著であり、
どこか川端康成さんの作風をも感じました。
僕達には神秘的な『女性の性』に触れられる
とても引力のある作品です。特に男性にお勧め。

蛇足で莉菜が別れた男からメールを受け取る場面。
彼女は「男と女が等間隔で離れてゆけることは稀」
と述懐するのですが、なんとも言えず印象に残ります。
男女の仲は

繋がるまでは女性が求め、
繋がった後は男が求める。

そんなアイロニーに受け取れたのですが、
僕には笑えなかったから。
快楽が接着剤になるのなら……と、
的外れな考えさえ浮かんでしまいました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(955)
(585)
one_day(523)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(192)
アルコール依存症(173)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター