出ておいで

FJ310709_201601300826380d7.jpg
おねむさん、朝ですよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

五十嵐貴久『サウンド・オブ・サイレンス』読了

聴覚障害のある同級生・春香らのダンスチームを手伝うことになった
夏子だが、大人の反対や恋のもつれでコンテストまでの道は遠い!?
内容(出版社内容紹介より)

青春の特権。

本書は女子聴覚障がい者を中心としたダンスチームのお話し。
健常者との壁や、青春期の葛藤を、
スポコンよろしく爽やかに描かれていました。

内容はバッサリ略。

ハンディキャップについては控えます。
綺麗事では済まされない事は、障がい者も健常者も同じでしょう、
超えられない壁は存在する。けれど無責任を承知で言えば、
若者ならその壁にだって、ぶつかってみれば良いんじゃないかな。
傷付き、壊れ、失ってもなお、得られるモノはきっとある。
だからセルフィッシュのメンバー、
中でも失恋を経験した美紗ちゃん。
それと端役の紅子ちゃんに心からエールを送ります。
これから何度でも何度でも

あたって、砕けて、恥をかけ!(笑)

厚顔は青春の特権です。心のおもむくままに進め。

おまけ:
サウンド・オブ・サイレンスと言えばやっぱりコレ。
シングルより水曜の朝バージョンが好き。
The Sound Of Silence
BGM: Simon & Garfunkel / The Sound Of Silence

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

ルノワールの裸婦像

大好きなルノワールだけれど、裸婦像にはあまり惹かれない。
描かれる女が神々しくて、距離を感じてしまう。

もとより女性礼賛は僕も賛同するところ。
女を豊饒をもたらす太陽神にたとえとしても、
異見や不満は一切ない。

けれど裸婦像だ。裸の女なのだ。
男を誘惑し、狂わす悪魔でもあるはずだ。
神格化するのも良いけれど、もう少し猥褻だって良い。
FJ3107300001.jpg
とは言え《横たわる裸婦(ガブリエル)》と《クッションにもたれる裸婦》、
どちらも楽しみにしています(笑)

※ 展覧会の詳細はコチラ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

伊東潤『池田屋乱刃』読了

池田屋で新選組に斬られ散っていった各藩の志士たち。
吉田松陰や坂本龍馬といった熱源の周囲で懸命に生き、
日本を変えようとした男たちの生き様と散り際を、
最注目の作家が熱く描いた「志士たちへの挽歌」。
幕末京都の、熱くて一番長い夜。道半ばで斃れ、
日本の礎となった男たちを描ききった連作長編。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

生(せい)の仕舞い方。

本書は池田屋事件を襲撃側(新撰組)ではなく、
襲撃される側の視点で描いた連作短編集。
好むと好まざるに関わらず、
幕末と言う激動の時代を生きる事になった男達。
そんな彼等の生(せい)の仕舞い方に、深く考えさせられました。

死して未来を願い
私を国に捧げる。

現代の価値観からすれば、
死を美化し過ぎなのかも知れません。
けれど佐幕も勤皇も、開国も攘夷も
死に込めたのはこの国の未来。
僕は会津に親しいけれど、長州の人たちが願った未来を、情熱を、
一片たりとも疑いません。
彼等はみな非業な最期を迎えてしまいますが(除く桂小五郎)、
その生(せい)の仕舞い方に、ただただ頭が下がるばかりです。

蛇足で僕のお勧めは「二心なし」。
女の為に間者となった裕次郎は、
潜伏先の志士達に薫陶を受け、志(こころざし)を得ます。
でもそれは女と(己の)命を捨てる事と同義に成ってしまい……。
正直僕は、裕次郎には女をとって欲しいと願いました。
けれど同時に彼の生(せい)の仕舞い方に、
男として憧れも覚えてしまうんですよね。
僕はどっちつかずの「二心あり」です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

猫砂を求めて

猫砂はケーヨーD2のプライベートブランドを利用している。
理由は値段、店舗も通販も含めて一番安い。

ただこの猫砂、消費税が8%になった時でも
価格据え置き(税込み298円)だったのに、
最近値段そのままに容量が10lから8lに減ってしまった。

それでも一番安いのには変わりない。
ただ毎回自転車で買いに行くのも結構大変で(前輪フラフラ)、
最近は通販で安いところを探している。

とは言え、娘達にかしずくのは嫌ではなく。
今日も仕事の気分転換を兼ね、猫砂を買いに自転車で二往復。
前輪フラフラ~。
FJ310721_20160126132619162.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

宮下奈都『ふたつのしるし』読了

「勉強ができて何が悪い。生まれつき頭がよくて何が悪い」
そう思いながらも、目立たぬよう眠鏡をかけ、
つくり笑いで中学生活をやり過ごそうとする遙名。
高校に行けば、東京の大学に入れば、社会に出れば、きっと―。
息をひそめるように過ごす“優等生”遙名と
周囲を困らせてばかりの“落ちこぼれ”ハル。
「しるし」を見つけたふたりの希望の物語。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

しるし=証(あかし)

本書は男女二人の三十年に渡る物語。
腑に落ちない点もありますが、
繊細な文書と心温まるラストが印象的な作品です。

熱中すると自分だけの世界に入っていく少年
優等生だけど息をひそめるように過ごす少女
そして
ふたつのしるし

正直、 疑問点も少なくありません。
協力としてのソレではなく、各々の「しるし」はあいまいだし、
なにより二人の邂逅にリアリティがありません。
僕がハルと同じ事をしたら唯の「ストーカー」でしょう
(イケメンは良いなぁ~)
また転換点に311を用いるのも安易な印象を受けました。
けれど中盤までの期待感と興奮、
それと(やや予定調和ではあるモノの)幸福なラストには
素直に感動しました。

蛇足で社長がハルを「キャベツみたいにもくもくと働く」
と称するのですが、意味不明ですよね(笑)
けれどとても微笑ましい褒め言葉だと感じました。
とんかつ屋のキャベツ宜しく、お代わりし放題、
お腹がはち切れるまでもくもく、もくもく。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

死ぬまでにやりたかったこと

ヴィックスヴェポラップ。
子供の頃から憧れていた。
でもオッサンには最早手が出せないから、
今夜も葛根湯を飲んで寝る。
胸の内も外も、スーっとしない。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

過ぎた娘

お姉ちゃんはトントンが終わると
FJ310706_20160116085046426.jpg
僕の手を舐め返してくれる。

FJ310707 - コピー
ダメ親父の僕に、なんて過ぎた娘だろう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

米澤穂信『ボトルネック』読了

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、
何かに誘われるように断崖から墜落した……はずだった。
ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。
不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。
もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。
世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。
そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。
内容(出版社内容紹介より)

ファンタジーと不親切。

内容はバッサリ略で一言、完敗です。
if の世界を扱い、現実の世界を毒す。
仕掛けに目新しさがありますが、全体的に単調で不親切。
恥を忍んで告白すれば、読了後にネットで調べて
やっとオチを理解する事が出来ました。
ただ、自己弁護が許されるのなら、
この不親切さはミステリィとしては反則でしょう(キッパリ)
でもファンタジーとしてなら要スキル・脳内補完として
これはこれでアリなのかな。著者にご意見を伺いたいかも。

最期に。
追想五断章』や『満願』が素晴らしかったので
本書を手にしたのですが、僕の完敗に終わりました。
体力の衰えは日々痛感するところではあるけれど、
頭の固さ(感受性のニブさ)をこうも突きつけられると
ちょっと凹むなぁ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

消灯の少し前

FJ310682 - コピー

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(955)
(585)
one_day(523)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(192)
アルコール依存症(173)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター