東京都知事選挙期日前投票

今度こそはお願いします。
FJ310667_20160730130947400.jpg
うんざりBaby うんざりBaby うんざり♪

おまけ:
うんざり
BGM: RCサクセション / うんざり

※ この曲を聞くと夏に良く釣ったザリガニを思い出します。
  で、惜しくも死なせてしまって、鼻が曲がりそうなあの匂い。
  また水槽の後始末も憂鬱で。うんざり、ザリ……。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

ご飯頂戴(notカリカリ)

FJ310648.jpg
台所に向かうと、ふう助さんが先回り。
仰りたいことは判ります(困)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

山田詠美『珠玉の短編』読了

“珠玉”に取り憑かれた作家の苦悩を描く「珠玉の短編」、
第42回川端康成文学賞受賞作「生鮮てるてる坊主」など
11編の“絶品”をご堪能あれ。
内容(「BOOK」データベースより)

惚れ直しました。

本書はタイトル通り11つの「珠玉の短編」が収められた短編集。
いづれも短編と言うより掌編ではありますが、
著者の意外な才能(本当に失礼)を堪能しました。佳作。

箱入り娘に憧れる少女
フェティシズムの探求に余念の無い師弟
占い師に弟子入りしたサヴァランちゃん

本書はまぎれもなく『山田詠美』です。
明け透けな性愛描写、発情の有様を美しく描き、
少年少女の罪は無垢とされている……。
けれど掌編を集めた本書はさらに
ユーモアがあり、ブラックで、シンプルです。
これらも『山田詠美』の特徴ではあるのだけれど、
本書は加えてオチが秀逸なんですよね。
純文学?にありがちな難解さや、
自問自答を強制することもなく、単純にピリリと刺激的。
著者のショートショートの才能がここまでとは!
『山田詠美』を惚れ直してしまいました。

ただ、第42回川端康成文学賞を受賞した「生鮮てるてる坊主」以外、
大作?力作?の趣はないのでコアなファンには物足りないかも。
けれど、ショートショート好きには文句無くお勧めです。

蛇足でクスッとなった一編をご紹介。
それは「100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン」であり、
駄目な男に見初められた?駄目な女のお話です。
で、この駄目な男はミックと呼ばれていて、
あわせて駄目な女はビアンカと呼ばれていました……って、
もうお気づきですね?
先日、73歳でパパになることが話題になったかの性豪、
ミック・ジャガーがモチーフなのです(笑)
詳細は本書をご確認していただくとして、
ビアンカの他にもジェリーやマリアンヌも名前が出るなど、
ファンのくすぐりが大変心地良い(笑)作品でした。
残念ながら今が旬?のメラニーは登場しないけれど、
作中の彼女はまだ生れていないのしょう(白目)

おまけ:
Shes The Boss
BGM: Mick Jagger / She's The Boss

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

姉妹の性格

例えばトントンの時のお足の位置。
FJ310640.jpg
FJ310645_201607270529123dd.jpg
お姉ちゃんはきっちり収納(正座)。

妹さんはもっとリラックスして
FJ310637_20160727052909f76.jpg
FJ310639_201607270529085a0.jpg
だら~んと落っこちています(デフォルトです)。
どちらも愛おしい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

ハラルト・ギルバース『ゲルマニア』読了

1944年ベルリン。ユダヤ人の元刑事が、
ナチス親衛隊から殺人事件の捜査を命じられた。
断れば死、事件解決でも死。爆撃と恐怖が支配する街で、
命がけの捜査が始まる。ドイツ推理作家協会賞新人賞受賞作。
内容(出版社内容紹介より)

強制と自発。

本書は大戦下のベルリンを舞台とした警察小説。
ナチスとは言っても決して一括りには出来ない
人間模様が描かれています。佳作。

ユダヤ人の元刑事
命じられて捜査する猟奇殺人事件
そして
ナチスの将校

連合国の空襲に逼迫する毎日ではあっても、
ドイツはナチス(思想)の一辺倒ではありません。
「反ナチ」や国防軍防諜部、さらには明確な支配関係や
利害関係があっても、思想を(心を)強制する事は出来ない、
そんな微かな希望(=矛盾)が描かれています。
けれど戦時下にあっては希望は結局希望のままであり、
主人公達に待ち受ける運命が決して明るくは無い、
そう予感させたまま物語りは終わってしまいました……。

でもきっと日本もドイツと同じ様なドラマがあったのでしょうね。
たとえば特高とアカとされた人達とか。
そう考えたら、この物語も遠い国の話しには思えなくなりました。
また戦後も遠くになり、風化を嘆く声も聞こえます。
けれど本書を得たように、僕達が客観的な視点を得つつある事もまた
重要ではないでしょうか。

蛇足でオッペンハイマーとフォーグラーが
地下室に閉じ込められた場面。
そこではオッペンハイマーがユダヤ教の教義に反する
豚肉の缶詰を口にするのですが……。
強制と自発の意味を問いかける印象的なシーンです。
僕にそっちのケは無いけれど、
二人の関係がとても美しく思えました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

エイリアン?

FJ310620 - コピー
出かけようとしたら敷地に闖入者発見。

FJ310619 - コピー
見たことも無い虫です。
どっちが頭か判りません(怖)

FJ310626 - コピー (2)
帰宅後。
まだ彼?が居たら嫌だなぁ~と思ったら、
自転車にしがみついて瞑想状態。
宇宙と交信中?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

伊集院静『不運と思うな。 大人の流儀6』読了

愛する人と別れ、大切な家族をなくし、夢破れ、道を失っても、
人はまたいつか、ちがう幸せを手にする。
生きる勇気が湧いてくる。感動の1冊!
内容(「BOOK」データベースより)

意見を伝える。

本書は『大人の流儀』シリーズの第6弾(前作はコチラ→1,2,3,4,5
己は兎も角、他人を「不運」と断じる傲慢さを説いており、
ウンザリするような説教の中にも、隠し切れない優しさがありました。

近しい人との死別
天災で逝ってしまう人
老衰した東北一の馬鹿犬

内容は既存のエッセイと重複が激しく、
また本書内でも(上記のテーマの様に)
同じ事が何度も語られています。
目新しいと感じたのは最近煙草を減らしている事ぐらいでしょうか。
それでも、本書を読書中にふと(新しく)気がついた事があります。
それは「意見を伝える」ことの重要性です。

「哀しみの淵で」の一編の中にあるのですが、
軽井沢スキーバス転落事故のニュースに触れた際、
親は子に注意を喚起するべきだとありました。
これって、昔から僕も同意見なんですよね。
相手を思うのなら、意見は伝えるべきだと考えます。

勿論、時と場合があります。それでも
愛する人に嫌われるより、愛する人を危険にさらすリスク。
会議に無言でいることの損失等、
自分を守るために発言を控えているのなら、
著者の言う「大人」の資格があるとは思えません。
断定口調で結構です。言葉はどこまで行っても
心の(考えの)一部しか顕すことが出来ないのだから。
ならば嫌われても、卑下されても
大切な人の為には口煩い石頭になる。
苦手だけれど、僕も頑固親父にならなければ。

蛇足で、最近では反感を覚えることの多い著者ですが、
それでも「意見を伝える」姿勢には共感してしまう。
それは口数が少なくとも、大切な事は身体を張って教えてくれた
亡父に似ているからかも知れません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

続々・今夏もガス使用量が0になりました。

これで4年連続。
FJ3106360001.jpg
カウンタが1未満(メータの回転角で20度ぐらい)は
翌月への繰り越しでしょうか。

去年

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

東山彰良『罪の終わり』読了

なにが善で、なにが悪か。決めるのは、誰だ?崩壊した世界。
恐怖や暴力が蔓延し、他人を信じることも難しい。
罪だけ増え続けていた。そんな時代に、黒騎士は降り立つ。
罪の浄化。悩める者の救済。数々の奇跡、圧倒的な力。
神と呼ばれた男。命を狙う影。すべてが壊れた場所で、
価値観をめぐる闘争が始まる。
内容(「BOOK」データベースより)

涙から。

本書は、文明崩壊後の世界を描いた『ブラックライダー』の前日譚。
SF でありながら内包するテーマは重く、答えもない。
そんなあらゆる意味で言葉に顕せない作品ではありますが、あえて一言。
傑作です。

内容はバッサリ略。
前著『』が良かったので、本書にも近しい作品を期待。
しかしそれは見事に裏切られ(まさか SF とは!)、
当初は戸惑いを覚えました。さらには本書が前日譚であり、
未読の本編『ブラックライダー』がある事を知ってさらに困惑。
しかし、それらは全て杞憂に終わり、
本作だけで十分以上に楽しめました。

隕石落下による文明の崩壊
世界を分けるキャンディ線
そして
黒騎士と呼ばれた男

僕は残念ながら信仰心を持つ事が出来ないけれど、
いわゆる神様は「あり」だと考えています。
それは本書の様に罪の有無、軽重も関係なく

苦しさから目を逸らせる

なら、神様や神話はペテンでは無いと思うから。
とても優れた(あるいは唯一の)救済方法だし、
語弊を恐れずに言えば悲しみだけが生み出せる
(慈愛の)システムでは無いでしょうか。
多くは控えますが、食人の神となったナサニエル(=黒騎士)も
人々の涙から生れたと感じました。

※ 只今、興奮さめやらぬまま『ブラックライダー』に突入です!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

読み間違え

LaTeX をラテックスと読む人がいる。
僕だって width をワイズと密かに読んでいる。

でも ajax をアヤックスぐらいは許して欲しい。
顧客はオランダに近いのだし。
(ラテックスの人へのささやかな抵抗……)

別件で、昔 IEEE をアイイースリーと読む方が居た。
こちらは判らないでも無い。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(955)
(585)
one_day(523)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(192)
アルコール依存症(173)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター