京王線を徒歩で全駅制覇 第三回

前回の続きでスタートは調布、
今回のゴールは分倍河原となりました。
また全ての駅を写真に収めるのがこのチャレンジのルール。
なので途中の盲腸の様に飛び出た府中競馬正門前駅にも寄りました。
IMG_20180327_125211 - コピー
道中、桜は満開。お天気にも恵まれ、
日頃のストレスをタップリの汗と一緒に流しました。
そして一日中くだらない話で笑いっぱなし。
ホント、楽しかったなぁ。

おまけ:
image11.jpg
巨大サッカーボールを華麗にヘディング。
ハリル、日本代表に僕を呼べ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:タラレバ娘  Trackback:0 comment:0 

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』読了

自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、
提供者と呼ばれる人々を世話している。
キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。
共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも
彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、
あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。
図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、
保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、
キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。
彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく
内容(出版社内容紹介より)

Don't Go Away.

本書はカズオ・イシグロ(敬称略)による一冊。
非情な「運命」を淡白な筆で描いており、
それは慟哭よりもさらに激しい(けれど静かな)
哀しみとなって迫ります。
佳作。

内容はバッサリ略で一言。とても良かったです。

本書は色々な見方ができる作品ではありますが、
あえて一つに絞るとしたら僕は「青春小説」だったと思います。
それは御多分に漏れず、苦い、哀しい、でもやり直せない。
また、そもそもが変える事が出来ない「運命」がテーマですからね?
少年少女のモラトリアムに、さらなる憐情を覚えました。

文庫本の解説や訳者あとがきにもありましたが、
詳細な内容に触れることは本作の魅力をスポイルすると感じます。
それはネタバレが害と言うよりも、
多分意図的に語られなかったであろう数々の場面・出来事を、
読者自身が補完するコトに意義がある思うから。

また僕と同じように、他の作品と作風が違って
最初は戸惑う方もきっといらっしゃると思います(例えばコチラ)。
でも、そんなのは些細なコトです(断言)。
読み進めれば必ずや世界に没入するコトになるでしょう。

最後に。
内容には触れない、としましたが一点だけ。キャシーの行く末について。
それは作中の多くと同じく、淡くぼやかされたまま終わっており、
読者の想像が許されています。
でもきっとトミーやルース、それに施設出身者と同じ運命を辿ると
想像するのは難しくないのですが……。
でも僕はキャシーにこの歌を送りたいと思いました。
ジュディ・ブリッジウォーターの
『わたしを離さないで(Never Let Me Go)』に対するこの返歌、
オアシスの『Don't Go Away』を。そしてこう呼びかけたいんですよね

キャス。
『行くべきところへ向かって』は駄目だ。
お願いだから、行かないで。

おまけ:
Dont Go Away
BGM: Oasis / Don't Go Away

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

夏が怖い

今日も父ちゃんの背中を駆け上がり、得意げにこのポーズ(ほぼ毎日です)。
冬は服の生地が厚いから良いけれど……。
11 - コピー
Tシャツ一枚じゃ、ふう助さんの爪から僕の肌は守れません。
夏が怖い。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

西川恵『知られざる皇室外交』読了

1953年、19歳の明仁皇太子は大戦の遺恨が残る欧州を訪れた。
それから続く各国王室との交流、市民や在外日本人との対話、
戦没者の慰霊…。
両陛下の振る舞いやおことばから根底にある思いにせまり、
皇室外交が果たしてきた役割を明らかにする。
内容(「BOOK」データベースより)

実を取る。

本書は皇室外交を題材に、皇室の役割と実績。
さらには政治的な側面をも記した作品。
天皇制を考えるとき、是非とも一読されたい一冊です。
秀作。

内容はバッサリ略で一言。大変勉強になりました。

僕は制度としてのそれだけではなく、個人としての
天皇陛下や皇后陛下(以後敬称略)を敬愛しています。
それはお二人のおためごかしではない博愛とご賢察に
個人としてただただ感動を覚えるからです(例えばコチラ)。
それは本書にも数多く記されており、
(詳細は控えますが)例えば慰霊の旅でのエピソードや、
歓迎やおもてなしのお言葉に顕れる尊い思慮。
またはお歌に託された悲しみと慈しみの心にも
強く胸を打たれるモノがありました。

しかし本書の白眉は皇室外交の、
さらには天皇制の「実利」を説いたところにあります。

勿論、天皇は政治に関わらないので
表向きの「外交」はありえないのだけれど、
一方で政治と切り離された皇室外交などありえないんですよね。
いままでも時の政局によって訪問国は選ばれてきたし、
賓客を招いて事態の打開を計られた事は少なくありません
(勿論、天皇ではなく政府の意図です)。

ではなぜ天皇が「外交」のカードとなりうるのか。

それは日本の天皇家が世界で最も古い王室だからです。
さらには世界でも唯一の男系相続であり、
諸外国が敬畏してやまない強力な「信用」があるからです。
(因みにその「信用」とは、出自が明らかにされている。
先祖を遡れると言うのが唯一無二の理由です。
あけすけに言えば、どこの馬との骨とか判らない人物に
「乗っ取られていない」ってコトです)
世界中から一目も二目も置かれている存在だから、
天皇は強力な外交カードになるのです。

その上で(返す返すも下種だけれど)この強力な外交カードを
活用しないなんて、あまりにも勿体無くは無いでしょうか。
実際、先の大戦で遺恨が残るイギリスやオランダ。
さらにはフィリピン等の根深い「反日」を和らげたのは
第一に皇室外交であったと言って過言ではありません。
(反対に天安門事件後の中国に、
良いように利用されたてしまった事もあるけれど……)

繰り返し下種な話で申し訳ありません。
でも、上記の天皇が果たしてきた実績をお金で購うとしたら……。
それは直接的な補償でも、ODA 等の名目を立てたとしても、
現役世代やさらなる次の世代にも多大な負担となる
非常に高額となるでしょう(でも心理的にはきっと解決はしない)。
繰り返しますが、天皇制は強力な外交カードであり、
言い換えれば

絶大なるブランド

なのです。
大変不遜ではありますが世界に通じる切り札(天皇)
を持つ日本は非常に幸運でしょう。
中には天皇制そのものに反対される方や、
女系天皇を認めるべきとの意見もあると思うけれど、
天皇制も男系維持も捨てるのは簡単ですが、
一度捨てたら二度と取り返しがつかないのです。
ここは短絡的になる事を恐れ、一先ず

名を捨てて実を取る

と言う考えもアリではないでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

向きは同じです

お膝を独占しても
FJ310407_20180325114455345.jpg
ふう助さんは左向き

FJ310412_20180325114453f4e.jpg
える坊は必ず右向きです。
なんでかな?

※二人の場合

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

星野智幸『目覚めよと人魚は歌う』読了

大きな目は少し緑がかって睫毛が長く
肌は薄いシナモン色をした日系ペルー人の青年ヒヨヒトは、
暴走族との乱闘事件に巻き込まれ伊豆高原の家に逃げ込んだ。
そこでは恋人との夢のような想い出に生きる女・糖子が
疑似家族を作って暮らしていた。
自分の居場所が見つからないふたりが出逢い触れ合った数日間を、
サルサのリズムにのせて濃密に鮮やかに艶かしく描く。
内容(出版社内容紹介より)

ちょっとあざとい。

本書は第13回(2000年)三島由紀夫賞受賞作。
個人の中にある不定形なモノと、
個人の外にある実際的なモノのギャップが描かれており、
意図は判りますが、些か過剰です。

ネットで知り合った擬似家族
統合失調症と解離性障害
そして
妄想から現実に戻る意味

漠然とした世界観は理解しやすかったと思います。
「逃げた」先の曖昧模糊を描き、
「戻る」ために必要な不安を示唆する。
一貫して粘度の伴った「混沌」がそれだったと感じます。
ただし、その為に用いられたテクニックに疑問が残るんですよね。
一人称や三人称の混在、不明瞭な主語、
時には独白する人物が(唐突に)入れ替わり、
真面目に読み解くのが馬鹿らしくなるほど意地悪。
勿論、上述の統合失調症をはじめとする
幻想的な世界観を顕すために必要だったと思いますが、
それにしても……。

また一貫して硬直した筆は、
同時に過剰にデコラティブです(特に序盤で顕著)。
その意気は支持するところではありますが、
大衆性のない文学は最早時代遅れではないのかな?

ネイビーブルーの空とクリムゾンの大地
(中略)
プラチナゴールドに輝くススキ野原(本文より)

だなんて。
14歳から遠く離れたオッサン(僕)には、
感銘よりも「あざとい」が先に来てしまいました。

蛇足で罵り言葉について。
それはヒヨが寝言で口にしたスペイン語にあったのですが、
僕はサッカーの話題から、偶然にこの言葉の意味を知っていました。

いっほでぷーた(本文より)

それは多分「サノバビッチ」や「お前の母ちゃんでべそ」とほぼ同義。
日系人のヒヨが故郷・ペルーで味わった屈辱を想います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

シュークリーム愛好会活動報告 武蔵小金井 パティスリーメリクリ

IMG_20180317_185735.jpg
190円。クリームタップリ。割りと濃厚でバニラの風味が豊かです。
皮はセミハード。若干没個性かもしれないけれど、ロースト強めで僕は好き。
IMG_20180317_185741.jpg
持ち帰ったケーキもプリンも好評だったし、
なによりイートイン?だと珈琲がサービスされちゃいます!
こりゃあ、良いお店をみつけました。

おまけ:
IMG_20180317_105401.jpg
青木屋国立店のくろどら(どら焼き)。確か180円。
皮は普通だけれど、兎に角アンコが素晴らしい!
かなり柔らかめだし、量も上品。値段も国立価格だけれど、
それを飲んでもこのアンコには価値があります。
お花見のお供にお勧め。
IMG_20180317_105441.jpg
って、僕達はどら焼きを持って谷保天満宮に梅を見に行きました。
でも、訪れた時(3/17)は梅園の梅はすっかり禿げ散らかっており(涙)
まっ、梅は来年として、次は桜でリベンジだ!^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:タラレバ娘  Trackback:0 comment:0 

満席です

IMG_20180315_164021 - コピー
足を組んでも(ブロックしても)膝に乗ってきます。
って、お姉ちゃん。凄い体勢ですな。

IMG_20180315_164027.jpg
あぁ、あぁ
ふう助さんも来なくて良いのです。
あ”~

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

アナスタシア・マークス・デ・サルセド著 田沢恭子訳『戦争がつくった現代の食卓-軍と加工食品の知られざる関係』読了

プロセスチーズ、パン、成型肉、レトルト食品、シリアルバー、
スナック菓子、缶詰…スーパーマーケットでお馴染みの
「安くて長持ちする美味しい食品」のルーツは
兵士のための糧食だった!身近な食品がどのように開発され、
軍と科学技術がどんな役割を果たしたのかを探る。
内容(「BOOK」データベースより)

好意的な理由。

本書は軍と家庭の食卓の意外な繋がりを、
さまざまな食品を通して著した一冊。
やや詰め込みすぎな感もありましたが、
薀蓄好き(含む僕)には溜まりません。

第二次世界大戦とレーション開発
長もちするパンとプロセスチーズ
革命をもたらすプラスチック包装
そして
子どもに特殊部隊と同じものを食べさせられるのか?

著者はごく一般的な主婦であり、後にフードライターとなりました。
彼女は子供達のためにお弁当を作り続けてきたのですが、
ある日、学校の給食の方が栄養価も高く、なにより

自然な(元の)状態に近い

ことに衝撃を受け、本書の執筆となったそうです。

そんな序盤の文章に触れて、
本書はスーパーなどで売られている『保存食品』に
(カウンターパートとして)否定的な意見が多いのかな?
と予想しました。
ですが存外に好意的な一面もあり、客観的にみて中立です。
ですから、やや単調な文章(しかし情報量は多い)も、
データや知識として素直に(興味深く)拝見できました。

また食品そのモノの加工についても面白いのですが、
包装材の来歴(開発)には多くの驚きがありました。
中でもサランラップのそれと、さらに電子レンジで
チンした時の安全性について、強い印象が残ります。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は割りと好意的に受け止めたんですよね。
けどそれは

僕には子供が居ない

と言うのが、大きな要因としてあると自覚します。

ちなみに現在のスーパーの棚には(本書にある様な)
研究成果が活かされていない商品なんて殆ど無いそうです。
これについても意見が分かれると思うけれど、
やっぱり僕は好意的に受け止めます。
それは情緒や感情は兎も角、
経済性と安全性は昔と比べるまでもないからです。
テクノロジーは健康だって支えています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

スーパーモデル

image4.jpg
モデル、ふうミ・キャンベル。

image1 - コピー
写真、アラーキー・タラレバ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫3歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(929)
(567)
one_day(511)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(187)
アルコール依存症(170)
タラレバ娘(102)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター