小田豊二『初代「君が代」』読了

今の「君が代」の前に、もうひとつの「君が代」があった!
明治初期、わずか数年で使命を終えた、国歌誕生の謎に迫る。
内容(「BOOK」データベースより)

国歌とは。

本書は初代の「君が代」が作成された経緯を中心に、
明治維新の一端を描いたノンフィクション。
激動のさなか悪戦苦闘する全ての当事者に、感謝の念を覚えます。

黒船来航による開国
はじめての外賓と外交儀礼
そして
英国軍楽隊と薩摩藩

恥ずかしながら「君が代」に先代があるのも知らなかったし、
初耳の話が多かったです。
例えば歌詞が薩摩琵琶の『蓬莱山』の一節から採られたことや、
作曲は英国人・フェントンであったこと。
そのフェントンに作曲を依頼した「君が代」の選定者には
多くの自任する者がいて現在でも定かではないこと。
さらには初代から現代の「君が代」に改定時のウラ話等、
どれも興味深く拝読できました。

本書は「研究書」ではないと断りがある様に、
残念ながら確証の得られなかった部分も多々あります。
それでも多くの文献と足を使った調査には一定以上の説得力がありました。
「君が代」の選定者は多くが名乗りをあげていますが、
僕は(も)薩摩藩通詞・原田宗助だとほとんど確信する事が出来ました。

正直、「君が代」だけではページを満たせず、
逆に近代化当時の日本や、サツマバンド等、
魅力的な脇道を掘り下げるにはページが足りない。
やや苦心のあとも見られるんですよね。
それでも「国歌」の作成を迫られた背景や、
「国歌」の国際的な意義に多くのサジェッションがあります。
思想の如何に問わず、ひろく読まれたい一冊だと感じました。

蛇足で国歌について。個人的な意見を控えめに。
僕は「国立市立第二小学校事件」でも知られ、
いわゆる「左」の人が多い街に住んでいます。
なので学校で「国歌」を歌わない、習わない、教えない、
って話も良く聞くし、実際に「君が代」を忌避する人も
少なからず知っています。
でも僕は国歌はどこまで行ってもただ歌だと思うんですよね。
ただのアイコンでしかない。他人の好き嫌いに意見はないけれど、
それほど過敏に反応しなくても良いのでは?とも思います。

因みに僕は「君が代」を歌います。大きな声で歌います。
それは「君が代」がアイコンといっても、
僕達の父や母、日本の全ての先哲のアイコンだからです。
おためごかしではありません。
僕は国と言うより、この国を僕達に残してくれた全ての先哲に
感謝の気持ちを込めて歌います。
それが僕の「君が代」です。

さらに蛇足:
rps20180427_065839.jpg
初版、P173-16行目。
『日本人には評判がよくなった』の
”よくなった” は ”よくなかった” の誤字(脱字)です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

トランジスタ・ラジオ

石田寺より。
清志郎の母校・日野高等学校の屋上を望みながら。
image1_2018042312565455b.jpg
寝転んでたのさ~ 屋上で~♪

※清志郎は『スローバラード』であの娘の「ねごと」を。
 僕はこの時、ビデオにあわせて歌う彼女の歌声を聞いていました。
 ああ、こんな気持ち。上手く言えたことがな~い♪


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:タラレバ娘  Trackback:0 comment:0 

ちょっと寒い?

IMG_20180409_122237.jpg
昨日は暑かったけれど

IMG_20180409_122255.jpg
今朝はちょっと寒い?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

奥田亜希子『青春のジョーカー』読了

島田基哉、中学3年生。15歳。
何を得て、大人になるのか。何を捨て、大人になるのか。
内容(「BOOK」データベースより)

青春 “だから” ジョーカー。

本書は「性」に振り回される若者を描いた作品。
なんら臆すことなく真正面から「性」を扱っており、
青春のモヤモヤを多面的に映し出していました。
佳作。

スクールカーストの最底辺
顔が残念な兄の大学デビュー
元AV女優の年上の友人

本書のジョーカーとはズバリ、セックスの事(白字で反転しています)
それは男女間だけではなく、同性間にもある暗黙の優劣、
ひいてはスクールカーストを一気にひっくり返す『切り札』
とされています。
実際、主人公・基哉は年上の彼女がいる(さらには二人は経験済み)
と誤解されるコトにより、学校生活が激変しました。

ジョーカーは「7並べ」や「大富豪」では最高のカードになるし
反対に「ババ抜き」では最悪なカードにもなりますよね。

基哉の場合、失ったモノもありましたがそれ以上に多くのモノを得ており、
ここではジョーカーは無いよりはあった方が良い(良かった)と
僕には受け取れました。

さらに作中では
様々なカタチでジョーカーに振り回される人々が描かれていますが、
結局は7:3で利益が大きかった様に感じます。

本書において青春の『ジョーカー』は割りと有効です。

この辺りは好悪が分かれると思うけれど、
僕は通り一辺倒のおためごかしではないトコロに好感がもてました。

またアイテムとして動物保護団体の活動や、猫の避妊手術の功罪と
人間と少し距離を置いて「性」を描いた点も良かったです。
僕も猫好きの一人として思うところが多々ありました。

最後はほろ苦く、しかし未来は拓けており、
「青春」のある意味で好ましい一面に溜飲を下げました。

最後に。
若き彼らの煩悩や苦しみは人一倍良く判るつもりです。
僕も何度も痛い目にあったし、屈辱も味わいました。
けれど、この歳になってジョーカーは、
もっともっと豊かであり、さらには非常に寛容なモノである
そう思える様になったんですよね。
きっと自分を含め、パートナーや色々な事が赦せるようになった
のが大きいと思いますが、結局ジョーカーは

心身を満たす唯一無二のコト
けれど、
それほどたいしたコトでもない

ではないでしょうか。
ジョーカーは年齢を重ねるほど切り札にはならないと思います。
老人の戯言だけれど、若者には

『青春のジョーカー』は
『青春 “だから” ジョーカー』だってこと。

心の片隅に置いて欲しいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

初恋の味

少し考えて僕の答えは「やきそばパン」。
友人は「ポカリスエット」だと言う。
要は初めて異性から言われた「一口ちょうだい」。
どちらもそことなく甘酸っぱい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

赤神諒『大友二階崩れ』読了

天文19年(1550年)、九州・豊後(現在の大分県)の戦国大名、
大友氏に出来した政変「二階崩れの変」。
時の当主・大友義鑑が愛妾の子への世継ぎのため、
21歳の長子・義鎮(後の大友宗麟)を廃嫡せんとし、
家臣たちが義鑑派と義鎮派に分裂、熾烈なお家騒動へと発展した。
謀略、裏切り…揺れる家中での勢力争いに明け暮れる家臣たちの中で、
義鑑の腹心にして義鎮の義兄でもある吉弘鑑理は一途に大友家への
「義」を貫き、その弟の鑑広は数奇な運命で出逢った姫への
「愛」を貫く―乱世に生きる男たちが命を賭して守り抜いたものとは。
九州・豊後の戦国大名家に出来したお家騒動、
重臣一家を通して骨太に描いた本格歴史小説。第9回日経小説大賞受賞。
内容(「BOOK」データベースより)

糞喰らえ。

本書は史実にある政変「二階崩れの変」を中心に、
男達の生き様を描いた作品。
「義」と「愛」を天秤にかけた究極の命題に、
最後まで息が詰まりました。

「義」の為に改易はおろか実弟をも捨てる兄
「愛」の為に「義」はおろか命さえ捨てる弟

吉弘鑑理・鑑広の兄弟は固い絆で結ばれていましたが、
己の信念だけは変えることが出来ず、
多くの悲劇を招いてしまいました。
最後は先祖代々・吉弘一家の人徳により、
一定以上の救済があって大団円となるのですが……。

本書は創作(と思われる)部分が割りと多く、
あくまでもフィクションとして受け止めます。
それでも「信念」って他人の(多くは守るべき・愛するべき人の)
運命や生命を犠牲にしてまでも貫かなければならないのか??
最後まで自問を繰り返してしまいました。
勿論、そんなのは人それぞれだし、優劣も善悪もありません。
強いてあげるなら「義」を取れば乱世の逸話となり、
「愛」を取れば現代の美談となる。
それぐらいの違いでしかないでしょう。

ただ個人的な感想を控えめに記せば
僕には兄・鑑理が愚か者にしか見えなかったし、
反対に弟・鑑広には強い共感を覚えました。
「愛」はその本質が不義であり、裏切りとほぼ同義。
それが僕の人生で得た教訓だけれど、「愛」の前では「義」なんて

糞喰らえ

やっぱりそう感じてしまいます。
鑑理・鑑広の兄弟ではないけれど、
信念ってそう簡単には変えられませんね。

最後になりましたが、作品としては非常に面白かったです。
今後も期待する作家が増えました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

午後のひととき

IMG_20180404_152129.jpg
妹さん、ぐっすり。

IMG_20180404_152107 - コピー
お姉ちゃん、まったり。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

小田嶋隆『上を向いてアルコール 「元アル中」コラムニストの告白』読了

「50で人格崩壊、60で死ぬ」。
医者から宣告を受けて20年―なぜ、オレだけが脱け出せたのか?
「その後」に待ち受けていた世界はいかに??
300万のアル中予備軍たちと、何かに依存しているすべての人へ。
壮絶!なのに抱腹絶倒。
内容(「BOOK」データベースより)

アルコール依存症から回復した人向け(*1)。

本書はアルコール依存症から回復した著者による、
回復後に得た知見と断酒のメリットを記した一冊。
読む人を選びますが、切り口は新しく、また的確です。
良作。

内容はバッサリ略で一言、大変素晴らしかったです。
数少ないサンプルではありますが、
僕が拝読してきたこの手の中では間違いなく一番。
アルコール問題とは無縁の方や、
回復された当事者の方にはお勧めです。

寡聞にして存じ上げなかったのですが、
著者は辛口のコラムで人気との事。
実際、本書も歯に衣着せぬ物言いで一貫しており、
しかし要所(急所、弱点^^)を突いているので実に爽快です。
例えば

太宰治が傷付きやすかったのは
心が綺麗だからではなく心が汚かったから(yuki意訳)

等、まさに快刀乱麻。
当然その鋭い刃は仲間にも容赦なく向けられており、
特に現在、断酒を頑張っていらっしゃる方には
耳の痛い話が少なくないと思います。
例えば

(AAや断酒会において)
自慢話と言うか自己肥大な感じの話題が多い(本文より)

と、ある意味で “上から目線” の発言が並ぶんですよね。
僕は小心者なので個人的意見は控えますが(笑)
それでも、回復された方がAAや断酒会に対して覚える違和感や、
ありていに言えば嫌悪感みたいなモノをまた
的確に代弁してはいないでしょうか。

ただし著者は薬の服用の他、自助グループの有効性も説いており
決して否定するモノではないことを付記します。
(しかしコチラも現役会員の方なら
皮肉に受けとってしまう可能性もあると思います)

取り上げたい話題が尽きないのですが、
長くなるのでこの辺で。

大きな声では言えないけれど賛同する意見は多いし、
耳の痛い話もまた同等に多い良作です。
所謂「断酒のアドバイス」的な指南書?技術書?ではないし、
まさに断酒の渦中の方からは反発が予想されるけれど、
回復された方には自信を持ってお勧めします。

って、スミマセン蛇足で一つだけ。
ストーンズ好きとしてはどうしてもこの話題は外せなくて(笑)
それは酒の無い人生を再構築するにあたって実践したコト
の中にあったのですが、著者は酒を飲んでいた時に愛聴していた
ビートルズやストーンズを遠ざけ、ジャズに転向したそうです。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕も断酒中はストーンズを、ロックを一時的に遠ざけていました。
僕のロックはアルコールとは切っても切れない関係だったので。
でもそれ以後は著者と違っていたんですよね。
僕は酒を抜きにした人生の中にも、再びロックを取り入れてしまいました。
これも ZIGGY のギタリストだった松尾宗仁の言葉を借りれば
「血なんだよ」
になるでしょうか(笑)

Like A Rolling Stone
BGM: 松尾宗仁 / Like A Rolling Stone (Album)

ロックはお酒ナシだって酔えます。
酔っ払いばかりのハコ(ライブハウス)に参戦したって大丈夫。
素面だって高揚感なら負けません!^^/

……

本書の趣旨に賛同し、
こんな回復者(僕)もいると言うサンプルを。
控えめにご報告。

*1)
本来、アルコール依存症に「回復」はないことを承知します。
しかしここでは、かつてアルコール依存症と診断され、
かつ現在では殆ど意識することなく『断酒』を継続し、
健康的な社会生活をおくられている方を「回復」としました。
甚だ僭越ではありますが、本書を解説するにあたっての便宜であること、
ご了承願いたいと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

お肉、お肉、お肉!

またまたご馳走になってしまいました(前回)。
IMG_20180410_175648.jpg
僕達はずーーっと下らない話をしているのだけれど、
焼肉を食べるとき “だけ” は
長年連れ添った夫婦の様に無言になります。

IMG_20180410_181307.jpg
って、あれれ!?
もしかして焼肉に誘ってくれるのは、セクハラで煩い僕の口を
閉じるため?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:タラレバ娘  Trackback:0 comment:0 

今年もやってきました

IMG_20180328_083051.jpg
抜け毛の季節。スギやヒノキよりも手強いです。
ハーックション!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1108)
(701)
one_day(594)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(214)
my_ex(211)
アルコール依存症(189)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(39)

検索フォーム
FC2カウンター