蟻の巣

IMG_20180527_081651.jpg
公園の歩道に出来た蟻の巣。

IMG_20180527_081634.jpg
シュガードーナツみたいに素敵です(笑)
でも近くで見てみると……

ant.jpg
砂の一粒一粒が宝石のよう。
まるでファンタジー映画みたいでした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

高野秀行『間違う力』読了

人生は脇道にそれてこそ。
ソマリランドに一番詳しい日本人になり、
アジア納豆の研究でも第一人者となるなど、
間違い転じて福となしてきたノンフィクション作家が、
間違う人生の面白さを楽しく伝える!!
破天荒な生き方から得られた人生訓10箇条!
内容(「BOOK」データベースより)

著書の宣伝。

本書は元・辺境作家(現・ノンフィクション作家)の著者による
「オンリー・ワンになること」を指南した一冊。
「出したことが間違い」とされた単行本を
新書として七年ぶりに再刊行されたモノです。
でも本作の新書化もやはり……。

他人のやらないことは無意味でもやる
長期スパンで物事を考えない
過ぎたるは及ばざるよりずっといい

著者の人生釧10か条がそのまま各章のタイトルとなっており、
それは一定以上の説得力があります。
さして新しくは無くてもメソッドとしては正しい(当然逆も真なり)。
けれど問題はその内容です。
はじめに人生釧(各章のタイトル)ありきで、
内容との乖離、または結論への強引な誘導が目に余ります。
また殆どが既存で(しかもアチコチで)発表されている
著者の体験談であり、しまいには
「詳細はホニャララ(自署のタイトルが入ります)に書いてあります」
ですからね。これは一体ナンの本でしたっけ?

多くの素晴らしい本を上梓されている(例えばコレとかコレとか)
僕も大好きな作家です。
なので批判は心苦しいのだけれど、
僕も単行本発刊当時の担当編集者Nさんと同じ(?)く
『間違う力』の新書化もやっぱり……が正直なところです。

蛇足で著者が作家として心がけているコトとして
「情報」「技術」「科学」の三つがあるそうです。
こちらに対しても意見は少なくないのですが、
ここでは客観的な事実を一つだけ。僕は作中で紹介されていた
内澤旬子さんの『飼い喰い』に興味を持ちました。

最低、読者が「あ、これは初めて知った」ということを書いておけば、
その人たちに時間や金の損をさせずにすむ(本文より)

前述の通り、殆どが見た読んだコトのある話
(しかもその一部、ごく表面だけ)
ばっかりだったけれど、新しく得た情報もありました。
『高野秀行』にも「オンリー・ワン」にも関係ないのだけれど。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

わたしも

IMG_20180524_083813.jpg
アンニュイな午後

IMG_20180524_083819.jpg
妹さんが毛づくろいをはじめると

IMG_20180524_083834.jpg
お姉ちゃんもはじめました。
僕も髭を剃ろうかな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

山本幸久『ふたりみち』読了

函館から津軽海峡をフェリーで渡る67歳の野原ゆかりは、
元ムード歌謡の歌手。借金返済のため、営業の旅に復帰したのだ。
その船内で知り合った12歳の家出少女森川縁が、
なぜかゆかりの後をついて来る。旅先で起きるトラブルや
55歳の歳の差を乗り越えて、いつしかふたりは固い絆で結ばれていく。
そしてたどり着いた最後の会場、東京。
そこにはゆかりの悲しい過去が刻まれていた…。
内容(「BOOK」データベースより)

どうせなら。

本書は元ムード歌謡歌手の初老の女性と、
旅先で出会った少女の奇妙な旅を描いた物語。
昭和と現代が絶妙に溶け合い、
懐かしくはあっても古さは感じさせません。

ドサ回り先の絶えないトラブル
ワケあり少女の家出の理由
そして
過ぎ去った日々と、これからの日々

主人公・野原ゆかりは歌手を引退してスナックを経営。
しかし、とある理由でドサ回りに出るコトになりました。
正直、その理由は少々弱いのですが(ありていに言えばお金です)、
彼女が旅先でみせる「諦め」と「不屈」、
そのどちらにも揺れてしまう様子に、親近感を覚えました。
また縁ちゃんも悩みはあるけれど、元気印の優しい女の子であり、
彼女のビックリする言動も微笑ましく思えました。

作品を通して(一部を除き)悪意は存在しません。
さらには、いじわるな解釈もできるけれど(僕の臍は曲がっています^^)、
ラストは悲しみの中にあっても愛が詰まっている等、
最後まで安心して読める一冊です。
基本的には昭和な人向けだとは思いますが、
現代の文化や流行を積極的に取り入れており、
年代を問わず多くの方にお勧めです。

最後に。
ゆかりの亡き母は大手織物会社社長の妾であり、
彼女の口癖は「どうせ日陰者だから」でした。
さらには「運命だと思って諦めるの」と続くのが常であり、
そんな母の口癖・生き方をゆかりは嫌っていました。
しかし、ゆかりもいつの間にか母と同じ轍を踏んでおり、
それに気が付いたのは大切なものを失った後の事でした……。

僕も老人だからポジティブ思考が最善だとは思いません。
けれど、ゆかりが夢の中で叫び、
次世代を(そして自身をも)諭した一言

運命に逆らえ(本文より)

に、僕は後頭部をガツーンと叩かれた気がしました。

「どうせ日陰者」でも「どうせなら幸せに」

結局、どうせ一度しかない人生ですからね?
悔いは少なく生きたほうが良い。
望まぬ運命が相手ならば、大いに臍を曲げましょう^^/

おまけ:
ainosannka.jpg
BGM: 作中曲、エディット・ピアフ『イムヌ・ア・ラムール』より。
   でも僕は本家より越路吹雪さん。ゆかりの歌も聴いてみたいな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

京王線を徒歩で全駅制覇 第四回

前回の続きでスタートは分倍河原、
今回のゴールは多摩動物公園となりました。

IMG_20180512_110312.jpg
写真:百草園「アルティジャーノ・ジェラテリア」のアイス。
ピスタチオ、ミルクベリー、キウィバナナ、クリームチーズ。この中ではクリームチーズが一番美味しかったです


今回は比較的慣れた土地だし、この上なくゆる~い感じで歩きます。
でも道中、珍しく(ってかほとんど初めて)
社会福祉についての真面目なディスカッションもしちゃったり。
それは高幡不動から多摩動物公園まで僅か一駅の短い時間だったけれど、
とても新鮮で刺激的な一日となりました。

IMG_20180512_122630.jpg
写真:高幡不動『四八天丼』のチキ玉天丼(420円)。控えめに言って最高です。

次回は本線に戻って高幡不動から再スタートし、京王八王子を目指します。
またゴールではとあるチャレンジをする予定です。

IMG_20180512_132207 - コピー
写真:ゴールは多摩動物公園。この日は暑かった!

それは明らかに児戯なんだけれど(謙遜ではなく本当です)
僕一人では絶対に出来ないし、滅茶苦茶楽しみにしています^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:タラレバ娘  Trackback:0 comment:0 

キャンドゥの『スマホで広角&マクロレンズ(当然108円)』

で、早速撮影した写真を。
IMG_20180520_162602.jpg
える坊のおてて。

IMG_20180522_131357.jpg
ふう助の肉球……

IMG_20180522_131418.jpg
って、お休みのトコロすみません。

感想を一言、非常に遊べます。
ただ装着はクリップなので、スマホケースに入れたままだと具合が悪いです。
また広角レンズは
IMG_20180520_164557 - コピー
こんな感じで四隅にレンズの影が入ります(僕のスマホの場合)
でも、たったの108円ですからね。1回遊んだだけでも充分元がとれます。
人気商品らしいし(セリアで働く友人談)、
みつけた方は『話のタネ』にお勧めです!

おまけ:
IMG_20180520_164149.jpg
ぎゃあ~

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

長崎尚志『編集長の条件―醍醐真司の博覧推理ファイル―』読了

不可解な死を遂げた、伝説の漫画編集者。
すべての漫画好きを唸らせる、最強の漫画×ミステリ!
「絶対に勝てる漫画誌のノーハウ」を誰にも話さずに消えた、
伝説的編集者。フリーの漫画編集者・醍醐は、
その跡目の編集長を依頼される。不可解な死の真相、
そして彼の目指した漫画誌が気になった醍醐は、
その依頼を引き受けるが――。
発売前にドラマ化決定! 漫画原作者・長崎尚志だからこそ書けた、
博覧強記の漫画ミステリ。
内容(出版社内容紹介より)

強きをくじいて弱きを助ける。

本書は漫画編集者、醍醐真司の活躍を描いたシリーズ第三弾(1,2,3
漫画雑誌出版にかかわる舞台裏とウンチク、
それと実在の事件が違和感なく融合されており、
最後の最後までスリリングです。
佳作。

落ち目な青年誌の梃入れ
敏腕編集長の謎の死
そして
昭和最大の未解決事件

内容はバッサリ略で一言。
まだ三冊しかないけれど、シリーズで一番です。ポイントはバランス。
さらには二重三重のどんでん返しが実にあざやかであり、
トータルの完成度が非常に高い印象です。

正直、前作(二作目)で見切りを付けていました。
悪くは無いのだけれど、話がバラバラで統一感がまるでない。
控えめに言って、著者の目的・意識が感じられなかったのです。
しかし、ちょうど手持ちの本がなくなり、
図書館でたまたま見かけた本書を消極的に手にしたのですが、
これが大正解。シリーズにあった荒々しさ(詰め込みすぎ)は
良い意味でマイルドになり、物語の一貫性がスポイルされていない。
それによって各種の伏線が埋没されることがないから、
辛口のスパイスの様に後半になってガンガンと効いてくる。
実際、作中の『パシリ刑事』の警視総監の種明かし?ではないけれど、
南部のメモ帳にあったケーキ屋さん、天敵とされた後輩等、
「あと付けじゃないの?」
と疑いたくなるほど、それは見事な(伏線の)回収です。
さらにはラストの行動予定表にあった、とある編集部員の名前に、
僕は醍醐と同じく、どうしても上ずってしまう何かがありました。

マンガの存在意義は、強きをくじいて弱きを助ける(本文より)

心の捻じ曲がった南部は、しかし漫画に全霊を打ち込んだ、
アツい男でした。
因みに、昭和最大の未解決事件は作中で

こんな推理、だれもしていない(本文より)

とありましたが、割りと良くある説の様な(笑)
ただ、そんなのは本編の完成度に比べればホントに些細な事。
それより×イチの二人に全く進展がない方が気になります。
これも敏腕原作者であり編集者の手だと判っちゃいるけど、
コレを理由に続きを読まない手はありませんよね。
本シリーズは「見切り」から「積極的継続」にクラスチェンジです^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

one day

IMG_20180511_215346 - コピー
タラレバ娘は読書をしながら、える坊にご奉仕。
僕はふう助とだらだらしながら、スマホでパチリ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

村上春樹/大橋歩『村上ラヂオ』読了

アンアンに一年間連載された伝説のエッセイ『村上ラヂオ』。
「“TVってうるさいからからほとんど付けません。
でもラジオにはどこか個人的なユルいイメージがある。
ニュースなんかもラジオで聞いています。そういう
“何でもあり感”でエッセイを書こうと思って『村上ラヂオ』
というタイトルにしました」(アンアン・インタビューより)
村上春樹さんのエッセイと大橋歩さんの銅版画と言う
画期的なコラボレーションから生まれた、ゆったりたゆたう世界。
内容(出版社内容紹介より)

待ち合わせのお供に。

本書は「村上ラヂオ」シリーズの第一弾(1,2,3
ノンジャンルのゆるーいエッセイ集であり、
毒にも薬にもならないけれど、暇つぶしには最適です。

パスタの悲劇-『リストランテの夜』
不向きです-『教えられない』
本当は赤では?-『真っ白な嘘』

いづれも1編につき3ページの文章と大小2つのイラスト。
じっくり読んでも5分で終わります。
当然シリアスな話は一切ないし、哲学的な深い考察もない。
けれど「クスッ」とは笑えます。
それに何より『村上春樹』の筆(文体)を味わえるのですからね?
これだけで僕はかなり満足できました。

またイラストはある時は写実的であり、ある時は印象的。
ある時はシュールでもあったりして。
こちらも文章に劣らずバラエティに富んでいます。
ただ一貫して存在した銅版画の温かみには、
ちょっとだけノスタルジックみたいなモノを感じました
(それが良かったです)。

僕は待ち合わせに向かう途中、手持ちの本がなくなって
普段は借りない駅近くの公民館で本書を借りました。
選ぶ時間も無かったので適当に手にしたのですが
大正解のチョイスになりました。
(待ち合わせの相手がハルキストなので、
それをヒント?にしました^^)

本書はソファで寛いで or ベッドで横になって
じっくり読むのも良いけれど、
待ち合わせの短い時間を埋めるのに最適です。
偶然手にした本書だけど、これから続きを読むコトは確実です。

蛇足で『猫の自殺』の一遍について。
前述でシリアスな話はないとしましたが、
コチラは猫好きとして少々メランコリックになってしまいました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は結びにあった「おたくの猫にも気をつけてくださいね」の一文が、
どうしても(今も)頭から離れません。仮にそんな事があったら、
きっと僕も作中の漁師と同じ行動をとると思うのだけれど……。
あぁ、やっぱりこんなに悲しい未来なんて、考えたくないな。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

悪夢

うなされて目を覚ませば
IMG_20180506_183544.jpg
ご覧の通り。
える坊さん、みぞおちは止めて(泣)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(941)
(575)
one_day(518)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(189)
アルコール依存症(171)
タラレバ娘(105)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター