肝試し

下まで結構な高さがあります。
IMG_20180620_162634.jpg
みている僕の方がおっかない(高いの苦手)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

門井慶喜『新選組の料理人』読了

度胸もなく、剣の腕はからっきしの浪人・菅沼鉢四郎は、
働きに出ている妻と、幼い娘を世話する主夫ぐらし。
料理は好きだし、自信がある。
それが、元治元年の大火で長屋を焼かれたのをきっかけに、
まかない専門として新選組に入隊することになった──。
内容(出版社内容紹介より)

お腹は空きません。

本書は新撰組の内幕を描いた作品。
フィクションの部分も多いのですが、
斬新な史実の解釈もあり、目から鱗となりました。

剣はからっきしの賄方・菅沼鉢四郎
剣は強いが家庭を持ってしまった原田左之助
そして
近代化の波に乗れず衰退する新選組

タイトルに『料理人』とありますが、
料理・食事シーンは殆どありません。
そもそも主人公・菅沼鉢四郎は架空の人物であり、
ひょっとしたら彼は必要なかったかも(爆弾発言^^)
それでも原田左之助との絡みは良かったし、
新撰組のイメージ(人斬り集団)をひっくり返す意味で新鮮です。
さらには近藤勇を小事に囚われず大局をつかむ賢人、
土方歳三を実は剣が弱かったとする等々、
それぞれのキャラクタ設定も目新しく映りました。
それらに全く違和感を覚えなかったと言えば嘘になるけれど、
僕は新しいチャレンジ?をいつだって歓迎します。

また個人的な醍醐味として天満事件の解釈がありました。
それは坂本竜馬暗殺の報復を目的とした襲撃であり、
海援隊士や陸援隊士が新撰組と戦った事件です。
その詳細は他の文献に譲るとして、
僕はこの事件を殆ど知識として(まるで記号の様に)
覚えているだけでした。
けれど本書によってこの事件が示すモノ(その解釈)に
蒙を啓かれた気分になったんですよね。
なるほど、本事件は新撰組の弱体化を明確に顕し、
ひいては後の悲劇に直結する衰退をも予感させました。

本書は軽い読み物だけれど、
歴史好きもそれなりに楽しめると思います。

蛇足で沢庵について。
タイトルのワリにお腹の空かない本書だけれど(笑)、
二つの沢庵の記述が印象に残りました。
一つは京都のそれであり、口に入れると

ほとんど羽二重餅のごとき甘さ、やわらかさ(本文より)

とありました。対して土方歳三の故郷石田村のそれは

「塩の濃い、口の曲がる」であり
「石を砕くような音も立つ」(ともに本文より)

なんですよね(笑)
僕は石田村(現在の東京都日野市)の近くに住んでいるから、
って訳じゃないけれど、会津をルーツとしているので、
塩分濃度の濃い後者の方が断然に好みです(血圧注意)。
まっ、最近は甘い沢庵も美味しいんですけどね^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

父娘ツーショット

IMG_20180615_185105 - コピー
お姉ちゃんと。

IMG_20180615_183651 - コピー
妹と。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

原田ひ香『三千円の使いかた』読了

24歳、社会人2年目の美帆。貯金に目覚める。
29歳、子育て中の専業主婦、真帆。プチ稼ぎに夢中。
55歳、美帆・真帆の母親、智子。体調不良に悩む。
73歳、美帆・真帆の祖母、琴子。パートを始める。
御厨家の人々が直面する、将来への不安や人生のピンチ。
前向きに乗り越えたいからこそ、一円単位で大事に考えたい。
これは、一生懸命生きるあなたのための家族小説。
「8×12」で100万円貯まる?楽しい節約アイデアも満載!
内容(「BOOK」データベースより)

ポジティブシンキング(笑)

本書は三世代、四人の女性から考察されるお金の物語。
楽しく拝読することが出来ましたが、
どこか白々しい気分にもなりました。

内容はバッサリ略で一言。普通に面白いと思います。
主役の女性たちは基本的に収入を配偶者に頼っており、
家計を預かる者の苦労はそれはそれは大変なモノだと思います。
さらには登場する男は揃いも揃ってデクノボー(除く太陽)であり、
もう少し言えばお金にも女心にも無頓着、無神経な駄目男。

女性は大変ですな(鼻ホジ~)

お金に対する意見は千差万別あって当然だと思いますが、
本書の稼ぎ手(の意見)不在のあり方には首を傾げてしまいます。
イマドキ、稼ぎ手(男)が何も考えていないとでも?

また OL の美穂の場合は若干話が違いますが(正確を期すなら琴子も)、
結局彼女も家族から(臆面もなく)援助してもらうコトになり、
本当に泣きたいのは一体誰なんでしょうね。

最後になりますが、
本書は女性視点のネガティブな意見が蔓延しているけれど、
ラストのおためごかしには

ポジティブシンキング(笑)

と、その反動を思わず笑ってしまいました。
こんなトコロで自分語りは避けますが、
お金はそんなに簡単でも軽くもありません。

お金は『命』と同義。

それぐらい男(僕)でも理解しています。

蛇足:
rps20180626_121417.jpg
初版、P35-13行目。
『そしてももちろん「お金」。』の「も」は衍字です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

おじゃましまーす♪

静か過ぎて心配になり、
二階を探してみたらこんなトコロにいました。
IMG_20180616_130200 - コピー
おじゃましまーす♪(寝起きドッキリ風に)

IMG_20180616_130156 - コピー
あっ、ふう助さん。どうぞお構いなく(汗)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

三浦しをん『ののはな通信』読了

横浜で、ミッション系のお壌様学校に通う、野々原茜(のの)と牧田はな。
庶民的な家庭で育ち、頭脳明晰、クールで毒舌なののと、
外交官の家に生まれ、天真爛漫で甘え上手のはな。
二人はなぜか気が合い、かけがえのない親友同士となる。
しかし、ののには秘密があった。いつしかはなに抱いた、
友情以上の気持ち。それを強烈に自覚し、ののは玉砕覚悟で
はなに告白する。不器用にはじまった、密やかな恋。
けれどある裏切りによって、少女たちの楽園は、音を立てて崩れはじめ…。
運命の恋を経て、少女たちは大人になる。女子の生き方を描いた傑作小説。
女子校で出会い、運命の恋を得た少女たちの20年超を、
全編書簡形式で紡いだ、女子大河小説の最高峰。
内容(「BOOK」データベースより)

やっぱり違います。

本書は女性二人の愛と友情を描いた一冊。
一貫して「人を愛する」意味を真正面から扱っており、
彼女達の真摯な態度に感服しました。
佳作。

周りから見劣りする家庭で育った優等生・のの
誰もが羨む家庭で育った天真爛漫・はな
そして
愛と友情の決定的な違い

内容はバッサリ略で一言、非常に面白かったです。
ジャンルは違えど、同じ大河小説とも言える著者の代表作
舟を編む』よりも一つ……、いや二つは上。
正直驚きました(勿論、嬉しい誤算です)。

また本書は女性同士というセクシャルマイノリティを扱っていますが、
そんなのは全く気になりません。
むしろ愛と友情の “違い” を語る上で絶妙な設定だったと思います。
僕みたいなオッサンに多いと思いますが(実際僕がそうでした)
本書を「百合かぁ…」と敬遠されるのなら、きっと後悔するでしょう。

本書はストーリーそのものより、彼女達の考察こそが白眉。
それは高校生、大学生、40代と三つの年代で語られており、
どの年代の主張も(それぞれの視点として)感心と共感しかありません。
ただ強いてあげるのなら、僕は高校時代のそれが一番印象に残りました。
例えば

異性愛しか想定せず、認定しない神は、
あらゆる意味で人間の生命力に敗北している(のの談。本文より)

や、

友だち。なんて便利な言葉。
この世に存在するどんな感情よりも深い思いをこめることもできれば、
なんの思い入れもない知り合いを遠まわしに表現することもできる
(同じくのの談。本文より)

等々。
それは「幼い」の一言で片付けられるかも知れないけれど、
でもだからこそ限りなく純化された言葉になっていたと感じます。

またラストは7:3の7で物足りない?尻切れトンボ?と感じました。
けれど僕は本作においては
これが最上のラストだったとも感じたんですよね(3の割合で^^)。
彼女達の絆(←ここで愛か友情かは控えます)の行き着く先は
コレしかないと納得も出来ました。

最後に。
本書に習って僕も愛と友情の意味や違いについて軽く考えてみました。
で、僕はののちゃん、はなちゃんと違って到底「純化」出来ない
煩悩の塊だから大きな声では言えないのだけれど、
愛と友情はやっぱり違うと言う結論に達したんですよね。
そこには毅然として両者を隔てる壁があるのではないでしょうか。
例えば、友情なら極限下にあっても理性が介入できます。
でも愛は至上の幸福に包まれている時でさえも理性を狂わせる。
友情は兎も角、愛の本質は抗うことの出来ない「災厄」だと思うんですよね。
けれど、その災厄の炎でこの身を焼かれた経験は、
それを知らずに死ぬよりは何倍も良い(良かった)。
この点は僕も彼女達の意見に賛成です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

好きな人が好きな人

タラレバ娘のソウルメイトがパン屋をオープンした。
IMG_20180615_110312.jpg
夢を “実現” するって本当に凄い。
僕は実際に行動に移す(移せる)人を心から尊敬します。
それにしても……

IMG_20180615_113635.jpg
ソウルメイト(とそのパートナー)の頑張っている姿が眩しい。
そして彼女達の夢の実現を、我が事の様に喜ぶタラレバ娘がいる。
僕にも見せた事がないほどの笑顔です(笑)

IMG_20180615_112404.jpg
IMG_20180615_114402.jpg
僕の好きな人が好きな人。
それは僕にとっても好きな人、ってコト。
そんな大好きな人達の笑顔を目の当たりにして、
僕まで幸せな一日となりました。

# 店名は控えますが、
# パンはちょっと頑張りすぎなぐらいに美味しいです。
# 彼女達の成功を心からお祈りしています!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:タラレバ娘  Trackback:0 comment:0 

変身願望

キャベツが一玉49円(税抜き)だった。

小さいし、幾分ぞんざいに扱われたそれは、たぶん規格外。
でもたったの49円って!

僕は農家を心配しつつ(大きなお世話)
連日、青虫の様にキャベツを食べている(二玉買いました)。

不細工な僕も、蝶の様になれるかしら。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

小川洋子『口笛の上手な白雪姫』読了

劇場で、病院で、公衆浴場で―。
“声”によってよみがえる、大切な死者とかけがえのない記憶。
その口笛が聴こえるのは、赤ん坊だけだった。
切なく心揺さぶる傑作短編集。
内容(「BOOK」データベースより)

記憶の力。

本書はささやかなエピソードを優しく記した8つの短編集。
『記憶』の寛容性・包容力が描かれており、
僕も大切な(多くは過ぎ去った)時間を
愛おしく思うことができました。

今回も印象に残った2編を簡単にご紹介。
まずは『かわいそうなこと』。
こちらは世の中の “かわいそうなこと” を
ノートに書き留める少年のお話です。
そのノートには博物館のシロナガスクジラ、動物図鑑のツチブタ、
映画の名も無き女優に、少年野球のライトの選手と、
様々な“かわいそうなこと”が記されるのですが……。
僕は少年の “かわいそう” の基準に胸を打たれました。
大人への成長過程で必要なのかもしれないけれど、
少年が覚えたであろう哀しみに共感を覚えました。

もう一つは『一つの歌を分け合う』。
ミュージカル「レ・ミゼラブル」を観にいった
叔母さんと甥っ子のお話です。
叔母さんは観劇の少し前に息子を亡くしているのですが、
舞台の主役俳優を息子と信じ込んでおり……。
作中に描写はないけれど、僕は叔母さんは正常だったと思います。
むしろ感情を開放するために必要な方便、
仮初の狂気だったと思います。だからこそ彼女の涙に、
僕はある種の救いみたいなモノを感じました。

蛇足でちょっと不思議な技能について。
それは表題作『口笛の上手な白雪姫』にあったのですが、
そこでは赤ん坊たちだけが聞こえる「口笛」が登場します。
まぁ、その「口笛」の真偽は別として、
現実の世界では「モスキート音」が有名ですよね。
僕もネットで「モスキート音」を試してみたのですが、
だいたい15,000から16,000Hzを境に上は聞こえなくなりました……
って、閑話休題(笑)
著者の作品には不思議な技能を持つキャラクタが多くありますよね。
例えば『ことり』、『博士の愛した数式』、『猫を抱いて象と泳ぐ』
なんかがあげられると思います。
正直言えばワンパターン?とも感じていました。
けれどそれは(多くは辛い)現実をオブラートで包む、
著者の特徴的な(そして素敵な)テクニックだと気が付きました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

こっちを向いて

image2_201806170915219bc.jpg
ハーイ、こっちを向いて~

image1_20180617091525641.jpg
OK! 良いですね~^^

写真、アラーキー・タラレバ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫17歳・白黒猫4歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(965)
(591)
one_day(530)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(195)
アルコール依存症(175)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター