死ぬまでにやりたいこと

ポテチをお腹一杯食べてみたい。

口の中が痛くなっても
身体中がしょっぱくなっても

一度でよいから
ポテチをお腹が裂けるまで食べてみたい。

チップスター(小)を二つ食べ終え
三つ目をじっと睨んでいる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

長崎尚志『風はずっと吹いている』読了

広島郊外の山中で見つかった白骨死体。誰が、誰をなぜ殺したのか。70年以上の時を経て、それは真実を語り始める。広島発世界行き、熱く重厚なミステリー。
内容(「BOOK」データベースより)

罪の重さ。

本書は戦争と殺人を根底から “比較” した長編サスペンス。
ヒロシマを舞台に、現代まで続く戦争の傷跡を描いており、
その命題の深さに顫えるばかりです。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
著者にしては薀蓄が控えめ、しかしテンポの良さはそのままと、
非常に読みやすかった印象です。
また扱うテーマは非常に重いのだけれど、
このスピード感がそれをマイルドにしていた様な気がします。
ラストを含め、ご都合主義や、
やや投げっぱなしの伏線も多々あるけれど
それもエンタメとしてなら許容範囲ではないでしょか。
それにしても……。

本書のテーマのひとつに「罪の重さ」があった気がします。
それは戦争(原爆)による殺人と、
個人間のそれを比較して語られていましたが、
非常に難しい問いだと感じました。
なぜなら本書にあった「罪の重さ」とは、
突き詰めれば「命の軽重」になると思うからです。
機微に触れるのでこれ以上の発言は控えるけれど

命は一つしかない

それだけは忘れてはならないと自戒します。

蛇足で骨について。
ネタバレになるので控えますが、作中では人骨(およびその一部)が
非常に重要なアイテムとして扱われています。
で、そこでフト思い出したのは、骨って存外に重いこと。
僕の持ったそれは人骨ではなくイルカの頭部だったけれど、
幼い僕の両手にずしりとした重みを感じたこと。
痴呆がはじまる歳になった今でもよく覚えています。
きっとあの重さは実際のそれもあったけれど、
子供ながらに命の重さみたいなモノも感じたのかも知れませんね。
「罪の重さ」も「命の軽重」も、あの時感じた骨の重さが、
一つの答えの様な気がします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

誰だろう?

IMG_20190817_143810.jpg
カーテンの向こうにいるの。
誰だろうね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

山本周五郎『白石城死守』読了

攻撃を受けた時は、すぐに援軍を送るゆえ使を送れ―主君伊達政宗から白石城の留守を任された浜田治部介と五十一騎。白石城は直後、上杉の猛攻を受けるが、治部介は援軍を頼まず籠城を決意する。その真意とは?表題作「白石城死守」のほか、名作「菊屋敷」など全六篇を収録。生の意義を端正な言葉で描く傑作。
内容(「BOOK」データベースより)

涙と意地。

本書は時代小説の大家・山本周五郎の短編集。
武士の魂ウンヌンの前に、一人の男として、女として。
彼等の人としての矜持に強く胸を打たれました。
佳作。

印象に残った二編をご紹介。先ずは表題作の『白石城死守』。
寡兵で城を死守する伊達家の物頭・浜田治部介のお話です。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は治部介の妻・奈保が死を目前にしてもなお、
与えられたお役目を夫にも明かさなかったコト。
目頭が熱くなるのを抑えられませんでした。
死兵となり城を守り抜いた治部介の覚悟は見事。
でもそれ以上に奈保の覚悟が見事です。

もう一つは『矢押の樋』。
旱魃による飢饉に相対した二人の兄弟のお話です。
内容は割愛しますが、僕は弟・梶之助と加世の悲愛に
胸が苦しくなりました。
それは梶之助が杏の酒を干して発した

若しまたこれが欲しくなったら、
必ず貴女の手作りを馳走になります(本文より)

に極まったんですよね。
これはネタバレとなってしまいますが、上記は二世を約する言葉。
つまり今生の別れの言葉であり、同時に来世で貴女と結ばれん……
って、口には出せぬ想いが込められていたのです。
そして、加世がそれを覚りながら口にした一言については
是非皆様ご自身でご確認していただきたいと思います(要ハンカチ)。

以上、本書にあったのは「涙と意地」だった様に感じました。
もう少し言えば涙は男のそれだったし、意地は女のそれ。
さらには男や女、武士や武士の妻ウンヌンの前に、
人としての矜持があった様にも感じるんですよね。
現代とは比べ物にならないほど男女の区別があった時代に、
愛を前にしては対等であった男と女。
いつの時代でも人を好きになるのって、
きっとそういう事ではないでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

続・今夏もガス使用量が0になりました(7年連続)

前回のあらすじ。
例年、使用量が 0 になるのは7月か8月。
しかし今年は早くも6月に 0 となったのでした……。

ってコトで、同年に2度目の 0 が期待されて(?)いましたが、
見事に達成いたしました。
IMG_20190825_151642 - コピー
7月は2㎥でしたが、1ヶ月飛んで8月が 0 です。

非常に少ないとはいえ、料理はしています(夏だからと言って控えてはいない)。
ここから考えるに、ガスはガスコンロのそれよりも、
お風呂の給湯(夏は99%が水シャワーです)の方が、
比べ物にならないほど消費量が大きい。
そう予測しています。


さらに言うと、冬にガスストーブを使用すると、
軽く諭吉さんがいなくなってしまいます。
でもコチラは使用する時間が長いため、
単位時間当たりはやはりお風呂の給湯かと。

とは言え、そもそもはガスの検針のアバウトさが
使用量 0 の月を作っているんだと思います^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

加納朋子『いつかの岸辺に跳ねていく』読了

あの頃のわたしに伝えたい。明日を、未来をあきらめないでくれて、ありがとう。生きることに不器用な徹子と、彼女の幼なじみ・護。二人の物語が重なったとき、温かな真実が明らかになる。
内容(「BOOK」データベースより)

凸凹。

本書は男女二人の幼馴染の物語。
人が他人と補うコトで広がる(広がった)未来に、
心が充たされました。

不思議な言動が多い徹子
不思議と徹子が気になる護
そして
二人の物語が重なるとき

内容はバッサリ略で一言、割と良かったです。
正直、途中は暗い結末しか予見できなくて、
かなり嫌になってしまいました。
告白すれば「フラット」のラストにあった
ホニャララを “する” ではなく “した” と
僕が読み間違えていたのが大きいのですが……。
それでも、恵美の結末やその原因となったカタリの言動には
素直に胸クソだったし、抵抗しきれず半ば諦めの入った徹子には
ヤキモキを通りこして、嫌悪感さえ芽生えはじめていました。
しかし……。

何を書いてもネタバレになってしまうので控えますが、
長く続く陰鬱を耐え、ラスト30ページまで辿り着けたら
もうこっちのモンです。
あとは『加納朋子』のファンである幸せを
皆様も存分に味わってください。

最後に。
個人的に本書のテーマは一般、普通、平均、尋常と、
そこからはみ出すことについてがメインだったと考えます。
けれど、未来についてや愛情の偏りについても触れられており、
テーマが散漫になってしまった印象も受けました。
それでも「出る杭は打たれる」よろしく、
特異体質で世間と馴染めない徹子と、
彼女に守られ・彼女を守った護の凸凹コンビ。
二人が重なれば凸凹だっって均(なら)すコトが出来るとした点に、
本書の白眉があったと思います。
読後、二人が平らな石になったコトを想い、
もう一度トビラ絵を見直しました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

扇風機

IMG_20190819_063500.jpg
今夏も大活躍してくれた扇風機。

IMG_20190819_063515.jpg
1シーズンでこんな感じになりました。
雉と白黒の混毛です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

就寝前

IMG_20190816_191927_20190820085253c7d.jpg
IMG_20190816_192043 - コピー
そろそろ電気消すよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』読了

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたい―1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。
内容(「BOOK」データベースより)

肉体の利用する。

本書は村上春樹による一冊。
走ることを通して自身の内面を掘り下げており、
エッセイを超えた著者の肉声がそこにはありました。
良作。

内容はバッサリ略で一言、非常に良かったです。
それ程多くはないのだけれど、
僕が読んだ『村上春樹』の中でも間違いなく上位に入ります。
特にエッセイだけなら1番かも。
大雑把に言えば、肉体との付き合いかた(利用の仕方)、
精神との関連性、その考え方みたいなモノに、
おこがましいけれど僕と類似性を感じました。

ある種のプロセスは何を持ってしても変更を受け付けない
継続すること - リズムを断ち切らないこと
時間をかけることがいちばんの近道

感銘を受けた箇所は両手で足りません。
その多くは、走って、続けて、つまずき、受け入れて。
しかし決して諦めない(諦めなかった)著者のシンプルな一言。
とても静かで、重みのある肉声が、深く深く僕の中に沈みました。

それでも強いて一つを選ぶとしたら僕はキッパリと次の言葉を。
それは

腹が立ったらそのぶん自分にあたればいい。
悔しい思いをしたらそのぶん自分を磨けばいい(本文より)

この発言の経緯や詳細については皆様にご確認していただくとして、
僕は過去にどうしても酒が飲みたくなった時のコトを思い浮かべました。
つまらない話なので端折りますが、僕は酒が飲みたくなった時、

自転車で走りました。

どこまでも走りました。帰路は考えず、兎に角走りました。
今もそうです。飲みたくなったら、悔しかったら、泣きたくなったら
自転車で走り、身体を痛めつけます。自分磨きは二の次だけれど、
とりあえず酒を飲んで自分を痛めつけるよりはずっと良い。
そう信じて、僕は自転車で走っています。

悔しいときは、自分の肉体を痛めつける。

それは精神を守るための肉体の利用方法(の一つ)なんですよね。
全ての方にお勧めするわけではないけれど、
著者と同じく(大変おこがましいけれど)僕もそう考えています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

クーラーを入れたら その2

IMG_20190817_161248.jpg
大好きなお風呂場(コチラ)からちゃっかりと移動。
しかも最も風のあたる位置を確保です。

って、ふう助さん、そのタオルは洗いたて。
これから父ちゃんが使うのに(涙)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1123)
(711)
one_day(603)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(215)
my_ex(212)
アルコール依存症(189)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(39)

検索フォーム
FC2カウンター