こたつでご奉仕 える坊さんの場合

IMG_20191217_154443.jpg
コチラも、ただの日常なんだけれど。

IMG_20191217_154503.jpg
だいたいこんな感じを、飽きもせず繰り返しています。

IMG_20191217_154550.jpg
える坊さん、ここですか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

高須克弥『全身美容外科医 道なき先にカネはある』読了

イエス!自分を楽しんでサクセスしましょう!!時代を読み、先駆者に。「逆張り」でこそパイオニアに。とことん下品に、いかがわしく。「○○になりたい」は失敗のもと。
内容(「BOOK」データベースより)

恥じる必要はありません。

本書は ”かっちゃん” でお馴染みの高須克弥医師による一冊。
「逆張り」の重要性が判りやすく描かれており、
著者の発言「ピンチはチャンス」が胸にストンと落ちました。

人間のエネルギーの根本は欲
いかがわしいものこそ成功する
なんでも下品にやるべき

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
ただし、Twitter 等で著者をフォローされている方には
目新しい情報は少なく、やや物足りないかも知れません。

本書は『高須克弥』と『美容外科の歴史』の二つの柱がありました。
しかし

僕の人生を語ることは、
日本の美容外科の歴史を語ること(本文より)

とある様に、その二つは分かち難く、
むしろ二つの柱は一つである。そう理解します。
ネタバレになるので個々の案件?は控えるけれど、
「逆張り」をモットーとした著者が
美容外科の「パイオニア」であるコトに間違いありません。

因みに著者が包茎手術のブーム仕掛け人であることは
コチラ(高須克弥『行ったり来たり僕の札束』読了)
でも書かれていました。
けれど、それに加えて男性のワキガ、ハゲ、デブをヘイトし、
脱毛を推奨(ツルツル賛歌)すると言ったムーブメントも
かっちゃんの仕業だったんですね?
「美容外科とは幸福医療である」と発言されているけれど、
要らぬ不幸も多数生んできたのではないでしょうか(苦笑)

ここからは蛇足。
僕は『美容外科』を受けたい人は受ければよいと考えます。
仮に自分の容姿が死にたくなるほど大きな悩みならば
むしろ積極的に検討すべきとさえ考えます。

恥じる必要はありません。

かっちゃんの

「生きているうちに起きたことは
 必ず生きているうちに解決できる」(本文より)

ではないけれど、

「人生は楽しんだ者が勝ち」

僕はこの歳になってそう考えられる様になりました。
「整形は……」なんて他人の雑言を気にするより、
自分の心の声に耳を傾けませんか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

鶏の丸焼き

IMG_20191221_113707.jpg
IMG_20191221_113434.jpg
IMG_20191221_113429.jpg
IMG_20191221_113459.jpg
IMG_20191221_113548.jpg
1576899758039.jpg
1576899767004.jpg
IMG_20191221_181940.jpg

おまけ:
IMG_20191221_133234.jpg
この世にただ一つ、かけがえのないモノを貰った。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

こたつでご奉仕 ふう助さんの場合

IMG_20191217_085004.jpg
ただの日常なんだけれど。

IMG_20191217_085030.jpg
だいたいこんな感じを、飽きもせず繰り返しています。

IMG_20191217_085104.jpg
ふう助さん、ここですか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

馳星周『殺しの許可証(ライセンス) アンタッチャブル2』読了

“公安のアンタッチャブル”椿は、代々高級官僚を輩出する名家のスーパーエリート。しかし、その狂人的な言動に部下の宮澤は振りまわされていた。政府の不祥事の関係者が相次いで死に、椿はその背後に官邸の関与を嗅ぎとる。半信半疑の宮澤は、新設された内閣情報調査室の極秘組織に潜入を試みる…馳星周の新境地、痛快ノワール・コメディ第2弾!
内容(「BOOK」データベースより)

やっぱり、これじゃあない。

本書は公安部の落ちこぼれコンビの活躍を描くシリーズ第二弾(1,2
ジャンルとして『ノワール・コメディ』とされていますが、
ノワールとコメディの割合はおよそ1:9。圧倒的にコメディです。

内容はバッサリ略で一言、まさか続編が出るとは(笑)
僕は『馳星周』の大ファンだけれど、
このシリーズだけは人にはお勧めしないし、僕ももう良いかな。

著者が全く頭を使わず「楽しんで」書いているのは、
なんとなく伝わってくるんですけどね。
例えば安倍首相をモデルにした田部総理が
「云々」を「でんでん」と読み違えた……とか、
菅官房長官をモデルとした芳賀官房長官がホニャララになるとか。
でもそれ以上は、特に感想も浮かびません。

コレだけではなんなので、強いて感想をひとつだけ。
それは宮澤巡査部長のフィアンセ・千紗が存外に可愛らしい事。
勿論、彼女はコメディでお約束の
エキセントリック・ギャル(笑)ではあるのだけれど、
それでも「目がトロンとする」ところが良いんですよね。
女性に嫌われちゃうからコレ以上は控えるけれど、
「覗き屋トム」の気持ちが判らんでもありません(笑)

蛇足で本作もハッカー達が大活躍します。
フィクションなので、特に意見は無いのですが、
一応この分野で糊口をしのぐ者として、いつも思うんですよね。

ハッキングはそんなに簡単じゃないぞ?って。

ただし、どんなコトも “出来ない” ことはありません。
それを念頭に置くだけで、セキュリティレベルは上がるでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

お姉ちゃんはえらい

IMG_20191130_145631.jpg
父ちゃんのお膝で眠る妹さん。

IMG_20191130_150344.jpg
そこにお姉ちゃんがやって来ましたが……

IMG_20191130_150844.jpg
スミマセン、少しだけ待っててください。

IMG_20191130_150905.jpg
ふう助さん、いま眠ったばっかりなのです。

IMG_20191130_151047 - コピー
その後、える坊はお姉ちゃんらしく
じっと我慢して(待って)くれました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

中島京子『キッドの運命』読了

すぐそこにある未来は、こんな奇妙なものかもしれない。
廃墟化した高層マンションの老人が消えるわけ。汎用型AIが人を超えた時に起こる異変。アグリビジネスから逃れた種の行き先――。
『小さいおうち』『長いお別れ』の著者が贈る、初の近未来小説。
内容(出版社内容紹介より抜粋)

近未来不愉快小説。

本書は近未来を舞台にした六つの短編集。
SFでお馴染みの “終末” の世界を扱っており、
違和感も無い変わりに、目新しさも一切ありません。
でも不愉快だけは割とありました。

内容はバッサリ略で一言、うーん。

いきなりですが、著者は日本がお嫌いなのかな?
例えば、日本が二度目の原発事故で放射能まみれになっていたり、
そもそも日本と言う国が亡くなっていたり。
さらには日本人が絶滅するのはまだしも(まだしも?)
愛玩のラブドールをして『日本人』とは!(呆)
残念ながら著者の悪意を感じずにはいられませんでした。

因みに日本が亡くなったあと、近隣諸国がまとまり
東アジア連合(EAU)が設立されたと言う設定なのですが、
その本部がソウルです。

純粋に SF としても、見るべきモノはありません。
漏れなく手垢の付いた話だし、そこからの発展も一切無い。
近未来小説ながら、オビに “SF” が使われなかった理由を察します。

以上、SFとしては “終末” の扱い方が安直だし、
プロパガンダにしては幼稚な印象を受けてしまいました。
著者の主義主張(あればですが)に意見は無いのだけれど、
小さいおうち』や『夢見る帝国図書館』の様な
温かい作品を期待していただけに、残念な読書になってしまいました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

ここが好き

IMG_20191130_140719.jpg
ふう助さんの巻き付けた尻尾

IMG_20191130_140713.jpg
ここが好き。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫18歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

角田光代『希望という名のアナログ日記』読了

少女時代から作家としての半生までを振り返る感動的な回想から、愛してやまない忌野清志郎論、シャネルN°5のドキュメント、そして、恋愛と結婚、美味しい旅の記憶までを鮮やかに描いた充実のエッセイ集。珠玉の名短篇『それぞれのウィーン』を特別収録。
内容(「BOOK」データベースより)

ロックと小説。

本書は様々な雑誌に掲載されたエッセイを集めた一冊。
あとがきに「統一感がない」と自嘲?されていましたが、
それでも『角田光代』の筆と言う心地良い質感は一緒です。

世話になった編集者からの最後の手紙
二十歳の私の目的地と五十二歳の私の未知
そして
永遠を具現化したシャネルNo.5

内容はバッサリ略で一言、しみじみと良かったです。
日常に発見する小さな記憶、生活に溶け込んだ習慣。
そんなある意味で人生を支えるアレやコレやを、
角田さんらしい割と淡々とした(しかし情熱を隠し切れない)
筆で描かれています。上手く言えないのだけれど、
読後は「身が引き締まる」。そんな印象となりました。

正直、所詮は寄せ集めだし、
エッセイ集の中でも大作?には程遠いと思います。
けれど、どれも水準以上だし、
少なくとも失望するようなコトはないでしょう。
ファンだけでなく、どなた様にも安心してお勧めです。

蛇足で僕のお勧めをご紹介。
それは『「好き」とは違った』の一編であり、
そこには角田さんの背骨となっている
ロックと小説について述べられていました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は何度も「うぉー!」って叫びたくなっちゃったんですよね。
でも共感したところを挙げればキリがないから、
ここでは一つだけ。

大人になればロックは聴かなくなるのだと思っていたけれど、
私は今もロックが好きで聴いている(本文より)

僕は何か赦された、肯定された様な気分になりました。
角田さん、これからも一緒にロックを愛し続けましょうね?
時代遅れのアナログな音楽だけれど、
僕達にとってロックは永遠だし、<希望>なのだから。

おまけ:
雨あがりの夜空に
BGM: RCサクセション / 雨あがりの夜空に


写真のアルバムは『the TEARS OF a CLOWN』
『武道館で見たくらいに小さいけれど、でも見える』の一編にあった、
角田さんがRCサクセションにはじめて触れた日比谷野外音楽堂のライブとは
このアルバムのそれではないでしょうか?(1986年だし、割と強い確信)
ロック好きとして、清志郎好きとして、万感がこみ上げます……。
読後に聴いた今夜の『雨あがりの夜空に』も、格別に響きました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

小豆とさつまいもとおからのパウンドケーキ

IMG_20191202_095423.jpg
IMG_20191202_100530.jpg
IMG_20191202_100536.jpg
IMG_20191203_135645.jpg
こんなに美味しいパウンドケーキ、
いままで食べたことがない。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1163)
(739)
one_day(630)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(220)
my_ex(212)
アルコール依存症(192)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター