明太子

ご飯の上に一本(半腹)ドーーーン!
IMG_20200429_052657.jpg
って乗せるのが、子供の頃の夢でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

東山彰良『路傍』読了

二十八のいま、輝いて見えるものなんか、なにひとつない。学もカネも仕事もない船橋のビート・ジェネレーションが房総半島を突っ走る。これが2008年の『オン・ザ・ロード』だ。
内容(「BOOK」データベースより)

漢字一文字で言うなら、愚。もしくは、狂。もしくは、快。

本書はデタラメ・コンビが活躍(?)する連作ハードボイルド。
千葉県船橋市を舞台に、パンキッシュな世界が描かれていました。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
それはデタラメな中にも哲学的な一文や、
無気力の中にもガムシャラな生命力があったから。
正直、リアリティは皆無であり、
ハッキリと若者向けの内容だと思うけれど、
映画を楽しむようにオッサン(僕)にも楽しめました。
(ブライアン・アダムスだけはオッサン向けかな?^^)

因みに本書は権威ある「大藪春彦賞」を受賞しており(第11回)、
カテゴリがハードボイルドであるコトに間違いありません。
それでもアウトロー成分よりコメディ成分の方が多目な印象であり、
その比率はおよそ 1:2 と言ったところでしょうか。

また個人的には主人公の “俺” と喜彦は
映画『チ・ン・ピ・ラ』の柴田恭兵さん、
ジョニー大倉さんをそれぞれ想起させました。
あの映画が好きな方なら、本書はそれほど外さないと思います。

蛇足で漢字一文字のお遊び(?)について。
それはソープ嬢の花ちゃんが毎回 “俺” に対して
「ホニャララを漢字一文字で言うなら何になる?」
って問いかけるお遊びです。
で、このお遊びで(僕なりに)本書を顕したのが冒頭の一文。
ついで(?)に舞台となった『船橋』をお題とするなら……

漢字一文字で言うなら、終。もしくは、疲。もしくは、眠。

になるのかな。
京葉線や武蔵野線を利用するサラリーマンの方なら、
なんとなくご理解いただけるんじゃないかと思います。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

弛緩

IMG_20200425_161758.jpg
IMG_20200425_161806.jpg
IMG_20200425_161814.jpg

おまけ:
IMG_20200425_160240.jpg
足を組もうがお構いなしで乗ってきます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫19歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

武藤正敏『韓国人に生まれなくてよかった』読了

なぜいま文在寅なのか!開いた口がふさがらない!北朝鮮にすり寄り、反日を叫ぶ大統領に日本は強い決意で臨むしかない。
内容(「BOOK」データベースより)

お隣に生まれた僕らは?

本書は元・在大韓民国特命全権大使による一冊。
巷に溢れる薄っぺらな嫌韓本とは異なり、
韓国への理解と期待が十二分にありました。

内容はバッサリ略で一言、とても面白かったです。
普段なら手にするコトはない分野ではあるけれど、
図書館の休館もあって知人から借りたままの本書にトライ。
結果、想像以上の満足となりました。

機微に触れるので多くは控えます。

それでも著者が指摘する

願望が事実を曲げてしまう韓国人の癖(yuki意訳)

は、少なくない日本人の思いを代弁しているように感じました。
また「親北」しか頭にない文在寅大統領に対する見解は、
浅学な僕にとって非常に有意義なモノとなりました。

直近では北朝鮮の金正恩の容態が騒がれています。

他人が(韓国が、北朝鮮が)どうなろうと僕に意見は無いし、
タイトルの『韓国人に生まれなくてよかった』とも別に思わない。
けれど現実に差し迫った危機として、

韓国のお隣に生まれた僕ら日本人はどうするべきか?

それぐらいは考える必要があるかも知れませんね。
なんせ文在寅は「親北」と同じぐらい
「反日」でコリ固まった人物なのだから。

本書は著者の韓国への理解と期待と比例して、
その指摘も厳しさを増しています(愛情の裏返し)。
右も左もなく、多くの日本人にお勧めです。

前述の通り、本書は知人に借りました。
この方は職業柄、韓国に対して大きな不満を持っている筈なのだけれど、
常に紳士的な態度であり続けているんですよね。
大きな声じゃ言えないけれど、本書や嫌韓本なんかより、
僕はこの方に学ぶところの方が多いです。
って、早く本書を返さなきゃ(焦)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

キッチンハイター

IMG_20200422_140109.jpg
はじめて試しました。
頑固な茶渋の99%は落ちたけれど、正直残りの1%が残念。
積み重ねた茶渋の年月を想います。


それにしてもキッチンハイターって安いんですね!
1リットル100円ちょっとで驚いちゃいました(だから買った)。
また塩素の匂いで頭が痛くなっちゃって。
慌てて風呂場に退避です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:7 

それぞれの時間

IMG_20200420_172223.jpg
IMG_20200420_172237.jpg
それぞれの時間。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫19歳・白黒猫5歳)  Trackback:0 comment:0 

川上弘美『ぼくの死体をよろしくたのむ』読了

彼の筋肉の美しさに恋をした“わたし”、魔法を使う子供、猫にさらわれた“小さい人”、緑の箱の中の死体、解散した家族。恋愛小説?ファンタジー?SF?ジャンル分け不能、ちょっと奇妙で愛しい物語の玉手箱。
内容(「BOOK」データベースより)

玉石混交。

本書は多彩なショート・ショート18編を収めた一冊。
ストーリやオチは勿論、意味さえ判らない話が多数でしたが、
いくつかはなんとも言えない趣がありました。

内容はバッサリ略で一言、案外悪くありません。
ただし前述の通りナンセンス?な話が多いので、
好き嫌いがハッキリと分かれる一冊だと思います。
因みに僕の感想は、各話の良と不可の割合がおよそ1:5。
トータルで「案外悪くない」となりました。

ここからは幾つかを簡潔に。

『鍵』と『銀座 午後二時 歌舞伎座あたり』
ななおの銀のダンベルは何キロなのかな?(かなり重そう)

『二人でお茶を』
僕は気をつけてないんだけどなぁ。

『バタフライ・エフェクト』
厳密には単語の意味が違うけれど、とても良かった。

『お金は大切』
こんな呪いなら10%ぐらい掛かってみたい。

『いいラクダを得る』
偶蹄目と同じくらい霊長目も判りません。佳作。

『土曜日は映画を見に』
本作で一番。小西さんが羨ましい。

『スミレ』
“ふわり” って、とても実感です。

『無人島から』
恒子さんの言葉、これ以上はありません。

『廊下』
思い出せなくて良いと思います。

以上、なんだか狐に摘まれた感じが残らないでもないけれど、
やっぱり『川上弘美』は良いなぁ、と感じる一冊でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

緑茶

IMG_20200422_110736.jpg
IMG_20200422_111124.jpg
IMG_20200422_151247.jpg
塩昆布とキュウリで浅漬けを作った。
ただ合わせただけなんだけれど結構美味しい。
久しぶりに緑茶を飲んでいる。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

小林章『フォントのふしぎ』読了

欧米で撮った写真270点とコラム70本でひもとく知られざる欧文フォントの秘密。
内容(「BOOK」データベースより)

愛おしい。

本書はフォントのトリビアを扱った一冊。
デザインの奥深さと、秘められた意図に感銘を受けました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言、はぁ~面白かった!
フォント(≒活字)と言えば、毎日の様に目にしていますが、
その目的や来歴を考えたことなんて、ほとんどありません。
「これは格好良いな」とか「これはちょっとダサいな」とか。
ただ漠然と感じることが精精です(僕の場合)。
それでも、著者のフォント愛(?)に満ちたウンチクは
僕の貧しいフォントへの関心を大いに刺激したんですよね。
たかが(←失礼)フォント一つにここまで意味があるなんて!

因みにフォントのデザインに必要なのは、
作成者の美的センスだけではありませんでした。
銅販印刷、活版印刷、そしてデジタル。
その時代の変化と歴史を色濃く受け継いでいたんですよね。
で、このちょっとした浪花節?みたいな感じ。
朴念仁な僕でもフォントを『愛おしい!』って
ちょっと思っちゃいました(笑)
勿論、著者ほど偏執的な愛≒ヘンタイ(←褒め言葉)ではないけれど、
これから街でみかけるフォント一つ一つを
じっくり観察しちゃうと思います(笑)

最後に。
本書は一つのフォントにつき見開き一つ。
写真と解説がセットになって完結しています。
非常に読みやすいし「あっ!」と言う間に読み終えてしまいます。
活字の苦手な方(ダブルミーニング)にもお勧めです。

蛇足で丸文字について。
フォントときいて、僕はアップルの次に丸文字が浮かびました。
理由は中学二年生の時、
同級生の女の子の書いた丸文字をみて衝撃を受けたから。
これ以上は控えるけれど、
あの星空のレターセットに書かれた丸文字は
一体どこに行っちゃったのかな?
人生に何度もあった引越しで失くしたと思うのだけれど、
僕の大切な大切な思い出です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

1階に引越し(コタツを仕舞いました)

before.
IMG_20200419_130604.jpg
IMG_20200419_130627.jpg

after.
IMG_20200419_135931.jpg
IMG_20200419_135119.jpg
コタツを仕舞った途端にまた雨。
足元が寒いです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫19歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1209)
(777)
one_day(654)
ex_girlfriend(342)
ロックンロール(227)
my_ex(212)
アルコール依存症(195)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター