白桃のヨーグルト

IMG_20210221_160253.jpg
IMG_20210221_160320.jpg
あいかわらずイチゴばっかり。

IMG_20210224_154949.jpg
IMG_20210224_155012.jpg
でも最近、ヨーグルトは白桃が良い。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

もう寝た?

IMG_20210225_192628.jpg
もう寝た?

IMG_20210225_192726.jpg
起きてるよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:0 

木内一裕『水の中の犬』読了

探偵の元にやってきた一人の女性の望みは恋人の弟が「死ぬこと」。誰かが死ななければ解決しない問題は確かにある。だがそれは願えば叶うものではなかった。追いつめられた女性を救うため、解決しようのない依頼を引き受けた探偵を襲う連鎖する悪意と暴力。それらはやがて自身の封印された記憶を解き放つ。
内容(「BOOK」データベースより)

遡って良かった。

本書は「矢能シリーズ」の第1弾(1,2,3,4
とは言え、今回の主人公は矢能の前任探偵であり、
彼の救われぬ晩年が描かれていました。

内容はバッサリ略で一言、典型的なノワールです。
もう少し言えば海外ではなく、日本のノワールだと感じました。
それは、深みや、広さ。ウンチク等は慎ましいのだけれど、
同時に、暴力や狂気も控えめで、悲劇も想定内に(一応は)収まる。
だけど展開の早さと、まとまりの良さは特筆モノなんですよね。
僕は海外モノも好きだけれど、日本のノワールはもっと好きだなぁ。

僕はシリーズを 2 > 3 > 4 > 1 の順で読みました。
正直、物語は時系列で読みたい派(?)なのだけれど、
本書に限っては遡って読むことになって良かったと思います。
その後の作品を(登場人物のその後を)知って挑んだ本書は、
愛着に似た楽しみが加わわりました。

最後に。
血なまぐさくて、ほとんど救いのない本書だけれど、

笹川が組を解散し、引退した理由
情報屋が矢能に借金(?)がある理由
なにより
栞ちゃんが矢能に庇護されるコトになった理由

に、僅かなりとも明るいモノを感じました。
おまけに美容室のお姉さんもこんな最初期から登場していたとは!
彼女をノワール、あるいはクエンティン・タランティーノで例えるなら、

ナチュラル・ボーン・親父・キラー

になるのかな?僕なんかイチコロでやられちゃうでしょう(確信)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

IMG_20210218_134126.jpg
IMG_20210218_134135.jpg
IMG_20210218_134142.jpg
娘たちの手が好き。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:0 

山崎豊子『しぶちん』読了

“しぶちん”とは大阪弁でケチン坊のことだが、ケチが陰にこもらない開放的な言い方である。19歳で伊勢の沢庵売りから大阪の材木問屋に奉公して財をなした山田万治郎は、“しぶまん”と呼ばれながらも、昭和初年に、商工会議所の議員に推薦される。大阪商人の金銭への執念を捉えた表題作の他、大阪富商の町、船場に憧れと執念をもやした女の一生を描く『船場狂い』など、全5編を収録する。
内容(「BOOK」データベースより)

計算高い。

本書は戦後の大阪を舞台とした5つの短編集。
僕は大阪の文化には疎いのだけれど、
彼等の “メリハリ” の効いた価値観に、ほとほと感服いたしました。

ここからは一言感想を。

『船場狂い』
第一印象は、大阪のおんな版「矢沢永吉」。
良いも悪いも、好きも嫌いも抜きにして、強烈な上昇志向?がありました。
でも住む地域でマウンティングだなんて、
古今東西(一部の人には)変わらないんだなぁ~(呆れ)

『死亡記事』
浅はかな女の変心を、憐れむように頑なに拒む(本文より)
そんな大畑はきっと正しいし、尊敬とそれ以上の羨望を覚えました。

『持参金』
なにより千賀子の胸中こそを想います。
それにしてもかの時代に比べれば、
結婚を強いられない現代で、僕は本当に良かった。

『しぶちん』
万治郎の “しぶちん” はいっそアッパレだけれど、
家族にしたら堪ったモンじゃないと思います。
たまの玉子丼や天丼ぐらい、いいじゃないですか。

『遺留品』
ネタバレを避けますが、そのミルクはダメです。
ただ、喜代夫人の哀しみを(たとえ僅かであったとしても)
その子が和らげてくれるコト。僕は確信しています。

以上、本書には様々な大阪人の姿がありました。
因みに彼等を乱暴に、けれど好意的にまとめるならば
「自己抑制のできる人」になるのかな?
反対にちょっとだけイジワルに言えば「計算高い人」になるでしょう。
“しぶちん” は東京に生きる僕にとって、そんなイメージになりました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

おいで

IMG_20210214_183236.jpg
お姉ちゃんとまったり。

IMG_20210214_183242.jpg
ふうもおいで。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:0 

角山栄『茶の世界史 改版 - 緑茶の文化と紅茶の世界』読了

一六世紀に日本を訪れたヨーロッパ人は茶の湯の文化に深い憧憬を抱いた。茶に魅せられ茶を求めることから、ヨーロッパの近代史は始まる。なかでもイギリスは独特の紅茶文化を創りあげ、茶と綿布を促進剤として伸長した資本主義は、やがて東洋の門戸を叩く。突如世界市場に放り出された日本の輸出品「茶」は、商品としてはもはや敗勢明らかだった。読者がいま手に茶碗をお持ちなら、その中身は世界史を動かしたのである。
内容(「BOOK」データベースより)

お~いお茶。

本書はお茶を通して世界経済史を学ぶ一冊。
東洋で芽吹いたお茶とその文化が西洋に広まった背景に、
新鮮な驚きと納得が等分でありました。

内容はバッサリ略で一言、大変興味深く読めました。
それはお茶を文化としてだけでなく、もっと本質的な価値。
有体に言えば国際的戦略物質としても、高く評価されていたとあったから。

お茶と言っても、結局はお金。経済です。

始まりが憧れであったとしても(←個人的には半信半疑ですが)、
一旦取り入れてしまえば狡猾さと近代化であっけなく出し抜く。
結果、

利益を、国益を奪う。

お茶をひとつとっても、西洋がイギリスが。東洋を中国を日本を。
巧みに操る(上回る)様子に、強い感心を覚えてしまいました。
けれど……。

本書にあるお茶もそうだけれど、歴史に学ぶコトって多いですよね。
それでも日本における世界貿易の歴史、特にその端緒においては、
悔しさを覚えるコトが(個人的には)多いかも知れません。
ただ、これは脱線になるのだけれど、
例えばコーヒーのフェアトレードを思い浮かべた時。
かつての日本が覚えた悔しさみたいなモノを
この瞬間も感じている人たちがいるのかもしれませんね。
だからと言って、コーヒーは(も)安いに越したことは無いし、
僕がイギリス人を非難なんて出来ないのだけれど。

蛇足で紅茶に適した水について。
作中、複数の角度から
イギリスで紅茶が根付いた背景が論じられていました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は水の硬度はどうなのかな?って、
(本書の記述に)ちょっと物足りなさを感じてしまいました。
だって(遠い昔に)散々ウンチクを聞かされてきましたからね?
紅茶は日本の水にはあわない(そんなのも知らないの?)って。
でも最近では硬水(イギリスの水)の方が、
紅茶の色には悪いと聞きまして……。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

新型コロナワクチンを接種したら

真っ先に歯医者に行きたい。
それまで我慢我慢。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

線対象

IMG_20210216_113903.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫20歳・白黒猫6歳)  Trackback:0 comment:0 

木内一裕『ドッグレース』読了

今をときめく人気俳優とカリスマ歌姫が殺された。被告は冤罪を主張するが、真犯人はすでに死んでいた。弁護士の依頼を受けた矢能は、冤罪を覆す鍵を握る失踪中の前科者の捜索に乗り出す。
内容(「BOOK」データベースより)

子を想う。

本書は「矢能シリーズ」の第4弾(1,2,3,4
弁護士の依頼を受けた矢能が、警察とヤクザを相手に、
冤罪事件のカギを握る人物の確保を競います。

内容はバッサリ略で一言、ほとほと良かったです。
それは子を想う親(達)の決して譲れない想いに、
言葉には出来ない共感を覚えたから。

正直、従前に比べればヌルイと感じました。
たとえば砂川刑事をはじめ、キツネとマンボウのコンビ(マル暴)も、
肝心なトコロでマヌケが過ぎたし、
現金強奪事件の捜査はあまりにもお粗末。
なにより矢能と美容師のおねえさんのコイバナなんて(唖然)。
他は兎も角、矢能がヌルクなってしまったのはほとんど致命的。
個人的にはハッキリと疑問に感じてしまいました。けれど……。

矢能が栞ちゃんを得てヌルクなったのは確かだけれど、
言い方を変えれば

父親として譲れないモノが出来た

ってコトでもあるんですよね。
それはとある息子を想う父親や、
娘に想われたい父親(ネタバレ防止)と同様に、
言い方を変えれば「弱点が出来た」と言うコト。
僕は人間の親にはなったことがないのだけれど、
我が子の為に自分の命さえ差し出す彼等の心中を、
簡単に想像することが出来ました。
また親が子を想う気持ちに、

血のつながりは関係ない

僕はそこにも心を打たれてしまいました。

以上、本書はシリーズにおいてある意味で転換点にもなる一冊。
正直、本シリーズにおいて『ヌルイ』は致命的だと思うのだけれど、
全く違う方向に楽しみ・喜び(?)が広がっていました。
ただのノワールと思っていると、不意に胸を衝かれてしまうので、
ご注意を。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫20歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒6歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1349)
(892)
one_day(724)
ex_girlfriend(343)
ロックンロール(234)
my_ex(214)
アルコール依存症(202)
タラレバ娘(131)
自転車(41)
縦結びの人(41)

検索フォーム
FC2カウンター