朝井リョウ『正欲』読了

あってはならない感情なんて、この世にない。それはつまり、いてはいけない人間なんて、この世にいないということだ――共感を呼ぶ傑作か? 目を背けたくなる問題作か? 絶望から始まる痛快。あなたの想像力の外側を行く、作家生活10周年記念、気迫の書下ろし長篇小説。
内容(出版社内容紹介より)

繋がっても、繋がらなくても良い。

本書は “多様性” にある、もう一つの側面を描いた一冊。
崇高な理念であっても、結局は個人に帰依する様子がありました。
秀作。

内容はバッサリ略で一言、とても良かったです。
それはテーマやストーリィよりも圧倒的に人物の描写。
「朝井リョウ」は若手で一番の “エグる” 作家だと思うのですが、
本作も期待を裏切らず、むしろいつも以上に圧倒されてしまいました。

今回は(も)テーマが機微に触れるので、個人的な意見は控えます。
ただテーマとはちょっと違った意味・角度から

人は誰かと繋がっても良いし、繋がらなくても良い。

僕はそう感じてしまいました。
勿論、必ずどちらか一方に……ってコトではないですよ?
繋がりたいときは繋がれば良いし、繋がりたくないときは離れれば良い。
本作も(著者らしく) SNS が大いに活躍しますが、
(性癖に限らず)あらゆるジャンルのマイノリティは勿論、
そうでないマジョリティも。
繋がりを求める時は、SNS を積極的に活用すれば良い。
割と強くそう感じました(離れるのも比較的容易ですしね)。

結局、崇高な理念(例えばダイバーシティとか)に集まる仲間だって、
お互を 100% を知ることも、理解することも出来ないのです。

書いていて自分でも哀しいし寂しいのだけれど、
ある程度の「割り切り」は自分の為だけではなく、お互いの為。
そう自分を説得して僕は生きています。

以上、本作は多くの方に自信を持ってお勧めしたい作品。
願わくば一人きりの時間・空間で
(例えばその時だけは恋人とも別の部屋になって)
自分の内面と対話しながら読んで欲しい。控えめにそう思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

牛乳が好き

昔はお腹を壊すから少し苦手。
けれど今は大丈夫(何故だろう?)だから好き。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

監視 その3

IMG_20210515_093530.jpg
まぁ、いつもと同じなのですが……。

IMG_20210515_093609.jpg
この1枚(写真)がとても気に入っています。
(手前味噌でスミマセン)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

青山文平『泳ぐ者』読了

離縁された妻はなぜ三年半も経って、病床の前夫を刺したのか。徒目付の片岡直人は「真相」を確信するが、最悪の事態に。折も折、耳に入る奇妙な噂。毎日決まった時刻に、冷たい大川を不恰好に泳ぐ男がいる。何のために? 事件の予兆、男の謎めいた笑み、仕掛けられた罠。「なぜ」の奥に、直人は人の心の「鬼」を見た――。
内容(出版社内容紹介より)

誰にも判らない。

本書は徒目付・片岡直人の活躍を描いた『半席』の続編。
今回は二つの「なぜ」に迫る様子がありました。

まずは離縁した前夫を刺殺した老女・菊枝の「なぜ」。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕は(大きな声では言えないけれど)こんなのは判らなくて当然。
菊枝の動機を「見抜こう」なんて、ほとんど無駄だと感じました。
乱暴に言ってしまえば所詮は夫婦の……男と女の事なんです。
たとえ血を分けた息子でも、また片岡が “見抜く者” だとしても、
男女間にあるモノが他人に判る筈がないし、
もしかしたら当人同士だって判らないコトの方が多いのではないでしょうか。
結局、片岡の推理?は二転三転して終わりますが、
そのどれもが正解かも知れないし、きっと不正解だと思います。

次は季節外れに大川を泳いで渡る男・蓑吉の「なぜ」。
こちらも詳細は本書をご確認していただくとして、
今回の事件は多かれ少なかれほとんど全員が不幸になっており、
さらにその根底には残酷すぎる二つの事件がありました。
だからかな?武家に切り殺される際に見せた蓑吉の笑顔を、
僕はいっそ「救い」とさえ感じてしまいました
時効や情状酌量は兎も角、犯罪は犯罪として決して赦されないコト。
それを誰よりも “願って” いたのは、きっと蓑吉なのだから。

以上、本書には決意も新たにした “見抜く者” の活躍がありました。
因みに本シリーズで見抜く者・片岡が迫るのは Who も How もなく Why だけ。
ですが、そこに普通?のミステリィとは違う妙味があると感じます(感じました)

結局、人の内面、胸の内なんて誰にも判らないですよね?

そんな答えのハッキリしない「なぜ」を(悪く言えば)自己中心的に解釈し、
しかし、かき消されてしまいそうな「心の叫び」みたいなモノを掬う……。
そんな片岡の姿勢に、嫌悪感を覚えるコトはありません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

爪って便利

シンクの白い汚れ(固いヤツ)。
なんとなく爪でカリカリしたら、ちょっと取れた。
なんか嬉しい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

湊かなえ『ドキュメント』読了

中学時代に陸上で全国大会を目指していた町田圭祐は、交通事故に遭い高校では放送部に入ることに。圭祐を誘った正也、久米さんたちと放送コンテストのラジオドラマ部門で全国大会準決勝まで進むも、惜しくも決勝には行けなかった。三年生引退後、圭祐らは新たにテレビドキュメント部門の題材としてドローンを駆使して陸上部を撮影していく。やがて映像の中に、煙草を持って陸上部の部室から出てくる同級生の良太の姿が発見された。圭祐が真実を探っていくと、計画を企てた意外な人物が明らかになって……。
内容(出版社内容紹介より)

わたし見ちゃった。

本書は放送の全国大会を目指す高校生達を描いた作品。
青春にある希望とほろ苦さがありました。

内容はバッサリ略で一言、うーん。
本作は『ブロードキャスト』の続編であり、
僕はその駄文(感想文)でかなり辛辣な批評を書いてしまいました(コチラ)。
それを一言にまとめれば「著作で最も評価の低い作品(*1)」
になるのだけれど、本作はそれとほとんど同じと感じてしまいました。

*1)僕は著者の大ファンであり、たぶん単行本になった作品は全て拝読しています。

これ以上は品がなくなるので控えますが、
今後も著者の新しいチャレンジを期待したいと思います。

って、コレだけでは何なので、一つだけ。
それは(大雑把にまとめてしまうけれど)噂について。
多分、本作のテーマには「伝えるコト」があったと思います。
なるほど、ココには伝える側の意思(たとえば誘導)や、
受け取る側の意思(たとえば偏見)と、その差異がありました。
言い換えればそれは “報道” や “伝聞” に対する
『警告』だったのかも知れません。

で、それはそれで良いのですが、そこで使われるアイテムとして
ドローンはちょっとどうなのかな?と感じてしまいました。
法や校則(教師の許可アリ)に触れなくても、学校内での撮影です。
そこで目的外で映ってしまった映像の一部を切り取り、
本人の許可なしに他人に伝えてしまうコト。
どんな理由をこじつけても(僕には)嫌悪感を拭えませんでした。

校長先生のトイレ掃除だってそうですよ?

美談だから、スキャンダルだから……って別はなく、
たとえどんなモノでも

ねぇねぇ、偶然だけれど(本当に偶然よ?)わたし見ちゃった!
コレはココだけのナイショの話ね?

って言うのと変わらない。僕はそう感じてしまいます。

別に綺麗事を言いたいのではありません。

ただ噂やそれに近しいモノからは出来るだけ距離を置いて過ごしたい。
単に僕のエゴ(保身と言い換えても良いかも知れません)と自覚します。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

監視 その2

IMG_20210512_123148 - コピー
ポストに不動産の広告でも入ったのかな?

※ 因みに僕は足を組んでいますが、そんなのお構いなく乗ってきます。
  あぐらをかこうが、体育座りしようが(つまりどんなにブロックしようが)、
  娘達に狙われたらおしまい(?)です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

夏川草介『臨床の砦』読了

「この戦、負けますね」
敷島寛治は、コロナ診療の最前線に立つ信濃山病院の内科医である。一年近くコロナ診療を続けてきたが、令和二年年末から目に見えて感染者が増え始め、酸素化の悪い患者が数多く出てきている。医療従事者たちは、この一年、誰もまともに休みを取れていない。世間では「医療崩壊」寸前と言われているが、現場の印象は「医療壊滅」だ。ベッド数の満床が続き、一般患者の診療にも支障を来すなか、病院は、異様な雰囲気に包まれていた。
内容(出版社内容紹介より)

正解ではなくても。

本書はコロナ診療の最前線を描いた作品。
僕たちが思い描く「医療崩壊」がそんなに甘いモノではないコト。
しかし “敗戦” にあっても戦いを辞めない戦友の姿がありました。
秀作。

内容はバッサリ略で一言、言葉もありません。

医療の現場
地域や国の行政
経済

コロナの災厄には多くの一面があり、
百の人間(立場)があれば、百の意見があると思います。
作中においても、医療の最前線にある医師の間(局所)でさえ、
完全な意見の統一など望むべくもなく、
ある意味で「バンザイアタック」の様相にも(僕には)映りました。
さらには、やっとコロナの猛攻もピークアウトしたと思われた時、
医療の現場として最悪の事態を迎えてしまい……。
その後にあった主人公・敷島医師の言葉は
是非本書をご確認していただくとして、
僕はこみ上げるモノを抑えるコトが出来ませんでした。

ここからは少し脱線してしまいますが
たとえば僕が(別にコロナに限ったコトでないけれど)
どこかで戦いに挑むコトがあったのなら……。
僕は彼等(敷島医師等)にこそ、背中を預けたいと思いました。

別に正解じゃなくても構いません。

戦友のその言葉さえあれば、僕は僕なりの全身全霊で戦える。
そう強く想像するコトができました。

以上、本書はフィクションではありますが、それでもなお。
困難な時代を共にコロナと戦う多くの戦友(皆様)に触れて欲しい。
そう願ってやみません。

最後になりますが、
医療に限らず、様々な分野でコロナと戦っている全ての戦友に。
心より感謝を申し上げます。
これからも僕は僕なりに精一杯コロナと戦い続けようと思います。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

楽天モバイルが圏外に

以前はバリ3(死語)。
けれど今では(家の)二階がギリ・セーフで、一階は完全に圏外に。
あ”~。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

監視

IMG_20210420_072715.jpg
ポストにピザの広告でも入ったのかな?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター