ふうが7歳になりました。

暴れん坊だけれど、
ちょっとしたコトでビクンとなっちゃう臆病さん。

主張が激しいけれど、
いつも父ちゃんに寄り添っている健気な子。

最近、ふうには寂しい想いをさせている。

体調が良くないお姉ちゃんにかかりきりになっているけれど、
君は父ちゃんの命より大切なもう一つだってコト。
ずっとずっと伝えて行きたい。
IMG_20210808_144149.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:2 

吉田修一『ブランド』読了

『悪人』『怒り』『国宝』――
数多の賞を受賞し、世界的にも注目を集める著者が、芥川賞受賞から20年にわたり広告で描いてきた、単行本未収録の贅沢な作品集。
エプソン、エルメス、大塚製薬、サントリー、JCB、ティファニー、日産、パナソニック……
錚々たる企業の依頼で描いてきた小説、紀行、エッセイを収録。
内容(出版社内容紹介より)

ブラインド。

本書は様々なメディア、タイアップ等で書かれた単行本未収録の作品集。
広告と文学。はたまた一流ブランドとの共通点として、
「物語」が提示されていました。

内容はバッサリ略で一言、やっぱり凄い作家です。
ほとんどが掌編だし、多くはクライアントありきといった制約もある。
それでも、そこには絶対的に『吉田修一』が存在していたんですよね。
ファン云々を抜きにしても、もはや驚嘆するしかありません。

きっと著者自身が一流のブランドなのでしょう。

ひとつのブランドに多種多様のラインナップがあったとしても、
その佇まいみたいなモノは共通しているし、隠せない。
そんな様子を思い浮かべました。

一方で、いくつかは広告臭?が鼻につくのもありました。
具体的にはマガジンハウス「BURUTUS」の「NIGHT COLOR」シリーズ。
特に電化製品のいくつかは This is 広告。って感じで苦笑してしまいました。
それでも、主人公「僕」と恋人・綾の何気ない日常には
温かい気分にもなれました。

以上、本書は主に広告と言う制約?の上で書かれた作品集。
紀行、エッセイもありましたが、小説(掌編)が頭一つか二つは抜けています。
コレクターズアイテムになるかも知れませんが、
ファンには自信を持ってお勧めです。

蛇足でブランドについて。
巻末にある対談に

日常の幸せというか、
それを輝かせるために存在するものが一流のブランド(本文より)

と著者は述懐していました。
その詳細は本書をご確認していただくとして……。
例えば男ならブーツやピアス。女性なら下着とか。
他人に見られることが無くても、
お気に入りのブランド品を身に着ける、ただそれだけで。
気分が上がっちゃったりしませんか?
本書に触れながら、それもブランド品の効能の一つなのかな?って感じました。
因みに、女性なら見えないトコロのオシャレを、お気に入りのブランド品を。
僕には見せてくれても構いません。全然構いません。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

【IPO公募割れ】 取らぬ狸の皮算用 【惨敗】

先日、IPOに当選したと報告しました(コチラ

結果はサブジェクトの通りで、約6万円のマイナスです。
財布も痛いけれど、いま思えば僕の浮かれ具合も痛々しかったですよね。
品のない話題なんかして罰が当たりました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

ギャース

IMG_20210808_190006.jpg
IMG_20210808_190014.jpg
IMG_20210808_190022.jpg
ギャース!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』読了

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。
内容(「BOOK」データベースより)

幻。

本書は人気作家・朝井リョウのデビュー作。
ふとした切っ掛けで揺り動く17歳の様子がありました。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
それは上下を問わず、哀しいほど自己中心的で、
残酷なまでに保身的な高校生の姿があったから。

映画にもなった有名作品なのでストーリィには触れません。
でも著者一流の鋭い(=抉る)筆は既に健在だったし、
ストーリィよりもこの筆を楽しむ作品だと思いました。
デビュー作だからか、いささかポエミーでしたけどね。
個人的には悪くありません。全然悪くありません(春樹)。

因みに作中には音楽が多数扱われていました。
例えばチャットモンチー、aiko、RADWIMPS。
さらには小田和正もあったりして(いづれも敬称略)
現代的な作風にあわせ、当時のリアルタイムだったと思うのだけれど、
哀しいかなオッサン(僕)には何一つ判りませんでした。
時代遅れのロックばかり聴いていますからね。
なんだか、いたたまれない気持ちになってしまいました。

以上、本書はある意味で普遍的な17歳を描いた作品。
青春のほろ苦さを知る全ての大人の方にお勧めです。

蛇足で白いキャンパスについて。
作中、それは高校生の目の前に広がる無限の可能性。
そのメタファとして使われていました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕はこう思ったんですよね。

君の目の前にある白いキャンパスは幻だ、って。

少なくとも、父に授業料を払ってもらい、
母に食事と洗濯と身の回りの世話をしてもらっている。
そんな高校生のキャンパスが真っ白の筈がありません。
家族であっても他人の影響下にある限り、
君のキャンパスには下書き(ガイドライン)があり、
それは絶対に消せないのだから。

また君たちにアドバイスするつもりなんてサラサラないのだけれど、
僕が大人なって(自立して)手に入れたキャンパスは本物です。
あのころ夢見たそれより遥かにちっぽけだけれど、真っ白です。
大人になるって、多分こう言うコトです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

じゃあね、チャーリー(R.I.P. The Rolling Stones Dr.Charles Robert "Charlie" Watts)

詳細はコチラ

今夜は湿った話は一切ナシ。
長年、バンドを支え続けた功労者に。最大級の敬意と愛情を込めて。
じゃあね、チャーリー。また未来(あした)。

おまけ:
As Tears Go By
BGM: The Rolling Stones / As Tears Go By

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

津村記久子『まともな家の子供はいない』読了

「一週間以上ある長い盆休みはどう過ごせばいいのだろう…気分屋で無気力な父親、そして、おそらくほとんど何も考えずに、その父親のご機嫌取りに興じる母親と、周りに合わせることだけはうまい妹、その三者と一日じゅう一緒にいなければならない。…」14歳の目から見た不穏な日常、そこから浮かび上がる、大人たちと子供たちそれぞれの事情と心情が、おかしくも切ない。
内容(「BOOK」データベースより)

割とありふれている。

本書は家族に不満を抱える14歳・セキコを中心とした物語。
彼女たちが充たされぬ様子に、共感と応援が等分で湧きました。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
それは情動に支配され、苛立ちを止められない彼女たちの様子が、
僕にも身に覚えがあったから。

タイトルは『まともな家の子供はいない』ですが、
作中にある家庭は割とありふれていると思います(まともとは言ってません)
でもこれは彼女たちの4倍近く生きた老人(僕)の意見であり、
父が働かない、母が不倫をしている等々は、
思春期真っ最中の子供からしたら堪ったモンではないでしょう。
それでも家族に傷つけられ、反対に傷つけもしたセキコたちの結末?に、
少なくない安堵を覚えました。

同時収録の『サバイブ』も感想は同じです。

最後になりましたが、セキコに、ナガヨシ、クレ、大和田。
そして室田に、沙和子さん。

今は辛いと思うし、何のアドバイスも出来ないけれど、
君たちならきっと大丈夫。オッサン(僕)はそう思いますよ?

以上、本書には割とありふれた家庭(繰り返しますが、
まともとは言ってません)の子供たちの姿がありました。
家族を、自分の家を他所と比べて、いつも苛立っていた。
そんな経験のある、割とありふれた大人(例えば僕)にお勧めです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

入りなよ

こっちはクーラーが効いてるよ?
IMG_20210804_125038.jpg
IMG_20210804_125046.jpg
IMG_20210804_125105.jpg
そんなトコロにいないで

IMG_20210804_125110.jpg
入りなよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

葉室麟『さわらびの譜』読了

扇野藩重臣有川家の長女・伊也は、藩随一の弓上手、樋口清四郎と渡り合うほどの腕前。競い合ううち清四郎に惹かれていく伊也だったが、妹の初音に清四郎との縁談が。伊也とのあらぬ噂により藩主の不興を買った清四郎の汚名をそそぐため、伊也は清四郎と立ち合うことに―。
内容(「BOOK」データベースより)

武の心。

本書は弓矢小町と称された伊也の物語。
弓の名手たちが矢に込めて放つ想いに、胸が熱くなりました。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
それは(武士の常として)生死をかけながらも、しかし死者はなく。
ほとんどパーフェクトな大団円があったから。

ただし、漫画みたいに何もかも上手く行く(行き過ぎる)ので、
ハッキリと物足りなさも感じました。
時代物としては、信じられないくらいに読みやすいのだけれど、
もう少しリアリティみたいなモノが欲しかった気もします。

正直、これ以上は無いのだけれど、
姉妹の恋が二つとも最上の結果を得られたコト。
これは “上手く行きすぎ” が多い本書にあっても、
もろ手を挙げて賛成できました。
(でも血で流派が “濁る” のを畏れていた当初の設定はドコへ?)

以上、本書には藩の政治に翻弄されながらも、
武の心を貫き通した男の、そして女の姿がありました。
男女平等……とか、お堅い話からははるかに遠いところで、
男女それぞれに武のカタチ。心の有り様が謳われています。
頭が動かなくてもスンナリ読めるので、どなた様もお気軽にどうぞ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

新規公開株(IPO)に当選しました。

こんな話題。
品がないので控えているのだけれど。
高倍率の当選が嬉しくて。
無題 - コピー

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター