須藤靖『宇宙は数式でできている なぜ世界は物理法則に支配されているのか』読了

なぜ宇宙は、人間たちが作った理論(数式)にこれほど従っているのか? ブラックホールから重力波まで「さすがに実在しないだろう」と思われたものが、技術の発展によって続々と明らかにされている。神が仕組んだとしか思えない驚きの宇宙の姿とは。
内容(出版社内容紹介より)

逆です。

本書は宇宙が物理学ひとつで全て説明できる “不思議” にこたえる一冊。
未見の物質まで予想する物理学の正当性をある意味で示していました。
佳作。

アインシュタインの一般相対論
ニュートンの力学
ダークエネルギーの正体
そして
何故それらは数式で顕すことが出来るのか

本書を読みながら、理解の及ばない部分も少なからずありました。
ただ、これだけは疑うコトが無かったんですよね。
宇宙が、この世界が、物理で、数式で全て顕せること。
なんか宗教?狂信?が入っちゃていると思われるかも知れないから、
これ以上は控えるけれど

なぜ世界は物理法則に支配されているのか(タイトルより)

ではありません。

物理の法則があってはじめて、世界はあるのです。

僕はそう考えています。
だから本書のタイトルは逆だと思いました。

作中、経験と発想や、観測と結果と言うミスリード(著者の罠?)があるのだけれど、
結局は全て数学と物理が(何故か?)正しいコトが細々とありました。
それがちょっと嬉しかったし、でも当然では?とも思いました。

本書は多くの方にはお勧めしません。
ただ、少しでも物理に、数学に興味のある方には
是非手に取っていただきたい一冊です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

ふうが8歳になりました。

ふう。
誕生日おめでとう。
IMG_20220827_073641.jpg
愛している。君は僕の最後の娘だ。


ふうと僕達家族の記録。このページの 2014/09/02 が始まりです。
もし、ご興味がございましたら、
最下部にあるページ・ジャンプを93,92,91……と降順で移動してみてください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:4 

ジョー・バフ/著 上野元美/訳『深海の雷鳴』読了

2011年にドイツと南アフリカで勃発した武力政変は、独・南アの新枢軸軍側と英米連合軍との戦術核戦争へと発展し、泥沼化していた。米軍の原潜“テキサス”は戦局を打開すべく出撃する。だが、戦いに破れ、深海で救助を待つことに。彼らを救出する任務を帯びたのは、勇猛果敢な海の男ジェフリー・フラー率いる最新鋭ステルス原潜“チャレンジャー”。しかし、その行手には恐るべき宿敵が待ち受けていた。『原潜迎撃』につづく、全米で話題騒然の海洋軍事アクション。
内容(「BOOK」データベースより)

絶対にダメ。

本書は潜水艦同士の格闘を描いた SF ノベル。
ありがちな設定ではありますが、核ミサイルが簡単にぶっ放されています。

内容はバッサリ略で一言、うーん。
僕は世界情勢・政治に疎いのだけれど、
独と南アの新枢軸軍側のアイデア?には単純に興奮しました。
でも、正直、本書はココまでです。

軍事はおろか、潜水艦の何も知らないから言えることは無いのだけれど、
簡単に核ミサイルを打ち合う本作は、
(僕にとっては)漫画『沈黙の艦隊』に遠く及ばなかったです。

核ミサイルを敵攻撃抑制のアイテムにするのか。
逆に
(条約が赦す範囲で)核ミサイルを無限にぶっ放しても良いのか。

僕には判りません。

ただ、スリル、サスペンス、アクションが第一のエンターテイメントでも
最低限守って欲しいモラルが僕にはあります。
たとえば

核(及び核ミサイル)を人殺しに使うのだけは、絶対にダメです。

正直、僕にはもう少し核に対する意見があるのだけれど、
ここでは省略。

ただ、本作は核ミサイルの暴虐性を
(安易に)ストーリィの盛り上げに使っていた様な気がします。
僕にはそれがどうしても苦手でした。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

明太スパ

IMG_20220825_120925.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 日常
ジャンル : 独身・フリー

Tag:one day  Trackback:0 comment:0 

日常

IMG_20220820_140615.jpg
IMG_20220820_140816.jpg
IMG_20220820_140839.jpg
IMG_20220820_141024.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

垣根涼介『ボーダー』読了

渋谷でのあの事件から3年。チームを解散し、別の道を歩み始めていたアキとカオル。ところがある日、カオルは級友の慎一郎が見に行ったイベントの話を聞いて愕然とする。それはファイトパーティーを模したもので、あろうことか主催者は“雅”の名を騙っていたのだ。自分たちの過去が暴かれることを恐れ、カオルはアキに接触するが―。
内容(「BOOK」データベースより)

ワン・ナイト・スタンド。

本書はヒートアイランドシリーズの第四弾。
解散した「雅」のオリジナル・メンバによる、「一夜限りの公演」がありました。

内容はバッサリ略で一言、普通です。
決して悪くはないのだけれど “熱量” みたいなモノがハッキリと足りず、
割と淡々と終わってしまった印象です。

因みに『午前三時のルースター』の慎一郎が登場したのには驚きました!
義妹の章も元気(元気すぎる)様子があり、ファンとしてとても嬉しかったです。
しかも二人共、割と重要な役だったんですよ?
思わず、コレはヒートアイランドシリーズのナンバリングではなく、
外伝?なのかと思っちゃいました(笑)

柿沢、桃井はいつもの彼等です。
格好良くて、強くて、抜け目がないプロフェッショナル。
でも柿沢が慎一郎と取引する様子に、少なからずの優しさも感じました。

以上、本書はニセの「雅」をぶっ潰す為、
「雅」のオリジナル・メンバが集まった一冊。
正直、解散後の雅を、メンバーの近況をこの10倍ぐらい書いて欲しかったな。
『午前三時のルースター』とのクロス・オーバが、痛し痒しと言った感じです。

おまけ:
One Night Stand
BGM: ZIGGY / One Night Stand

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

日常

IMG_20220821_114949.jpg

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

清水玲奈『世界で最も美しい書店』読了

ヨーロッパ、アメリカ、南米、アジアの名店20店を美しい写真と、取材を行ったジャーナリストの文章、本好き・本屋好きによる本屋体験を綴ったコラムを掲載。
内容(「BOOK」データベースより)

ドレスコードは?

本書は世界中から選りすぐった個性的な書店20軒を紹介した一冊。
美しい写真と、垂涎を誘う文章に、率直な憧れを抱きました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言、はぁ~(ため息)
勿論、写真は盛ってはいるだろうし、コラムにも煽りがあると想像します。
けれど、それでもなお、それでもなお(大切なので二回言いました)
素敵な書店ばかりです(キッパリ)。
これが(特に断りがないってコトは)無料で入れるのですよね?
僕にとっては本はもとより、その空間(書店内)自体が魅力的であり、
たとえ有料であっても是非に訪れたい書店ばかりでした。
ただし、入店にドレスコード?はあるのかな?って。
それだけはちょっと不安になりました。

正直、現代において読書は非常にマイナな趣味です。
市場規模は小さく、減少にも歯止めはきかない。
現在は一部のオタク(←バカにしていません)だけが
愉しむ文化になっていると感じています。
また紙(メディア)で読書を愉しむのは
将来的には好事家か、お金持ちのファッションでしかありえない。
そう予想しています(もっと言えば確信しています)。

因みに、図書館もデジタル化(貸出)が始まっています。
それはそれで理に適っているし、反対意見は無いのだけれど、
これは僕個人の嗜好として
僕は紙の手触りが、図書館の雰囲気が、書店の匂いが大好きです。

以上、本書は本好きなら簡単に想像できちゃうであろう、
天国みたいな場所の写真&コラム集。
僕の読書は知的なそれより、圧倒的に娯楽が優先なのだけれど、
僕は一生、読書を愛してやまないんだろうな、って。
何故か確信した一冊です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

日常

あれから、ふうのご機嫌とりに、ワッフル生地のシーツを出しました。
IMG_20220820_114020.jpg
理由は判らないのだけれど、ふうはこのシーツが大好き。
爪を研いで(泣)、ゴロンゴロンして、最後はこの通り。
IMG_20220820_114036.jpg
ふうのご機嫌が治るなら、シーツぐらいまた買うよ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Tag:娘たち(雉猫享年23・白黒猫9歳)  Trackback:0 comment:0 

T・J・ニューマン/著 吉野弘人/訳『フォーリング -墜落ー』読了

コースタル航空416便の機長に、謎の人物から連絡が入った。コンピューターに映し出された画像に写っていたのは、四肢を縛られ、爆弾を巻き付けられた家族の姿。家族を救いたければ飛行機を墜落させろ。乗客の命か、家族の命か。機長が下した決断とは……?
内容(出版社内容紹介より)

アメリカン・スピリッツ。

本書は旅客機撃墜を阻止する多くのアメリカン・ヒーローを描いた一冊。
誰もがテロには “絶対に” 屈しない様子に、いっそ見事だと感動しました。
佳作。

家族を人質にとられ旅客機を DC に墜落するように脅迫されるパイロット・ビル
乗客を救うための様子が、乗客の一人によって SNS に拡散されてしまう
本来、地上の犯人には知られなかった筈のビルやクルーの反抗
そして
地上だけではなく、機内にも居たもう一人の犯人

内容はバッサリ略で一言、超一級の時間泥棒です。
乱暴に言えばハリウッド映画みたいなジェットコースター・ノベル。
けれど、そんなコトより、誰もが責任と義務を放棄することなく
ギリギリまで不当な要求には抗い、戦って、屈しない。
そんなアメリカ人の魂みたいなモノがありました。

一方で、テロの理由となった「イスラム国」(IS)へのアメリカの介入と撤退。
僕はそちらはほとんど無知なのだけれど(お恥ずかしい)
悪事は悪事として、犯人もまたアメリカの犠牲者の一人でもあったコト。
この皮肉?には多くを考えさせられました。

紹介したい場面を一つだけ。
本作にはアメリカ人らしい格好良い場面(発言)が山ほどあるのだけれど、
それは事件で中断となったワールドシリーズの第七戦にもありました。
その中でとある選手はこう言います。

フルスイングして終わりたいんだ(本文より)

僕は毎朝、
大谷選手の活躍だけを楽しみにしているニワカ MLB のファンだけれど、
それでもこの一言には胸が熱くなりました。
また例え同じ場面が実際にあったとしても(縁起でもないですが)、
実在の選手の誰であっても、きっと同じことを言いそうな気がしたんですよね。
だってそれこそが(良いか悪いかはともかく)アメリカン・スピリットだと思うから。

以上、本書はアメリカの有名・無名を問わない多くのヒーローを描いた作品。
洋書らしい極上のエンターテインメントに仕上がっています。
また存外に短くて 400ページもなく、それに反してこの充実した内容ですからね?
時間泥棒にだけ気を付てきていただければ、どなた様にも自信を持ってお勧め。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター