大崎善生『将棋の子』読了

奨励会……。
そこは将棋の天才少年たちがプロ棋士を目指して、
しのぎを削る”トラの穴”だ。しかし大多数はわずか一手の差で、
青春のすべてをかけた夢が叶わず退会していく。
途方もない挫折の先に待ちかまえている厳しく非情な生活を、
優しく温かく見守る感動の1冊。
内容(出版社内容より)

厳しいからこそ。

本書は「将棋世界」の元編集長によるノンフィクション。
著者作品には同じ将棋を題材とした
『聖の青春』や『赦す人』などが記憶に新しいところですが、
今回は友人との話題に上がった本書を手に。
荒削りな部分もありましたが、そのぶん熱量に溢れている筆に、
著者の深い愛情を感じました。

四段(プロ)への狭き門
厳格な昇格/降格システム
その上で
人生を賭けたオールオアナッシング

本文にもある様に、誰のどんな人生にも競争はあり、
形は違っても奨励会の様な場所はあります。
それは受験だったり、出世争いだったり、
もしかしたら恋だったりするかも知れません。
勿論僕の人生にも競争の場はあったし、今でもあります。
でもだからでしょうか、奨励会を去っていく棋士に
不遜な同情を寄せつつも、胸に痛みも感じてしまうんですよね。
それは僕も篩いに落とされた人間だから。
けれど、この痛みを感じられる自分を
どこか誇らしくも思うのです。
生意気で恥ずかしいし、上手く言えないのだけれど。

奨励会の厳格なシステムは、優しさでもある(yuki意訳)

過酷な競争は深い悩みと重い苦しみを生みますが、
その反力として優しさを得る事も出来るのなら……。
あぁ、やっぱり棋士は格好良いなぁ。
それはプロ(四段)になろうがなるまいが関係ありません。
名人を目指した全ての棋士が素敵です。

最後に。
競争の場は奨励会ではないけれど、僕も棋士達を見習いたい。
そしてどんなに厳しくても、どんなに負けたとしても、
寄り添う気持ちだけは失くしたくない。
ちっぽけでも、
沢山の人に寄り添ってもらった(僕の)人生ですからね。
大切にします。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫19歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1228)
(791)
one_day(664)
ex_girlfriend(343)
ロックンロール(227)
my_ex(212)
アルコール依存症(195)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター