黒岩重吾『闇からの声』読了

夜の街、欲望の街、孤独の街にもつれあう男と女。
闇の中で探りあう男と女を描いて間然とするところがない短篇全8篇。
内容(「BOOK」データベースより)

時代にそぐわず。

内容はバッサリ略。
僕は先鋭的なフェミニストではないから、
本書に漂う価値観(男性視点)を否定はしません。
けれど、良い齢のオジサンが若い娘に

モテて、抱いて、捨てるのワンパターンだなんて。

やはり少々カビが生えた考え方だし、
男の僕でも鼻白んでしまいました。
当時でも現代でも、ハードボイルドの核心は
女性に対する強さではないですよね。
優しさです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(941)
(575)
one_day(518)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(189)
アルコール依存症(171)
タラレバ娘(105)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター