米澤穂信『真実の10メートル手前』読了

高校生の心中事件。二人が死んだ場所の名をとって、
それは恋累心中と呼ばれた。週刊深層編集部の都留は、
フリージャーナリストの太刀洗と合流して取材を開始するが、
徐々に事件の有り様に違和感を覚え始める…。
日本推理作家協会賞受賞後第一作「名を刻む死」、
本書のために書き下ろされた「綱渡りの成功例」など。
優れた技倆を示す粒揃いの六編。
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

暴く理由。

本書はジャーナリスト・太刀洗万智の活躍を描く
シリーズの最新作の短編集。
僕は他の作品を未読なのですが、
本書単独でも充分に楽しめました。

行方不明の姉が残した電話のテープ
高校生の心中に残された遺書
そして
姪を殺害した若き叔父の手記

いずれもジャーナリストの鋭い視点から、
事件関係者の秘めたメッセージを察知し、事件を追います。
けれど、真実を追究するのは警察であり、
太刀洗は唯の(フリーの)ジャーナリストなんですよね。
本書は事件の謎を解くと言うよりも、
彼女が真相を暴く理由を問いかけていた気がします。

苦いラストも少なくありません。

けれど僕はクールな太刀洗万智の秘めたる優しさを、
世間に暴いてやりたくなりました。
こんな能面みたいな顔をして、飛び切りの善人なんだぜ!?
ヘヘッって(←悪趣味)

蛇足で僕のお勧めは「名を刻む死」。
孤独死した老人が刻み付けたかったモノと、
刻み付けられたモノ(者)を描いた作品です。
内容は本書をご確認していただくとして、
太刀洗が京介君を一喝する場面に、強く胸が締め付けられました。
間逆ではあるのだけれど、京極夏彦さん『姑獲鳥の夏』の
「今のが呪いだ」を思い出しました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター