村上春樹『パン屋再襲撃』読了

堪えがたいほどの空腹を覚えたある晩、彼女は断言した。
「もう一度パン屋を襲うのよ」。
それ以外に、学生時代にパン屋を襲撃して以来
僕にかけられた呪いをとく方法はない。
かくして妻と僕は中古カローラで、
午前2時半の東京の街へ繰り出した…。表題作ほか「象の消滅」、
“ねじまき鳥”の原型となった作品など、初期の傑作6篇。
内容(「BOOK」データベースより)

村上版サタイア。

本書は『村上春樹』の短編小説集。
凹凸のないサラリとした世界観は現実味に乏しく。
けれど、全てをメタファーと捉えれば意外と親近感かも?

収録された6編はどれも良かったです。ただここでは、
タラレバ娘のお勧めである表題作『パン屋再襲撃』と、
僕のお勧め『ファミリー・アフェア』について簡単に一言づつ。

まずは『パン屋再襲撃』。
当初、梶井基次郎さんの『檸檬』と似た印象を受けました。
勿論、本当に実行した本作と、空想で終わった後者では
全く意味合いが違いますよね。
なので次にボニー&クライドの『俺たちに明日はない』
が一瞬浮かんだのだけれど、やっぱり全然違っていて。
本作の隠れたテーマを乱暴に特定するなら、
僕は共産主義(労働)と資本主義(マック)を
揶揄したんだと思います。
でもそれはアジテートほど大げさなモノではなくて、
あくまでも慎ましい村上版サタイアだったと思います。

次に『ファミリー・アフェア』。
正直、著者の作品にはそぐわない直接的な愛を感じました。
告白すればちょっと感動しました。
勿論、気の利いたジョークに、赤裸々な性の会話。
おなじみの「渡辺昇」と著者一流の
シンプルでクールな世界観は健在です。
けれど僕は俗物だから、そこに安直な(でも掛替えのない)
兄妹愛を見てしまうんですよね。
メタファーは受け取り手の自由だ!と言い訳をしながら、
吐くほどお酒を飲む兄の心情に、想いを寄せてしまいました。

最後に。
本書には「消える」アイテムが多いと感じました。
それは象であったり、双子であったり、妹であったり。
最終話の猫も最後まで消えたままでしたよね。
でも僕にはそこに込められたであろうテーマ、
あるいはメタファーが何なのかは判らなくて。
ただこれらは平凡な日常に潜む、
ちょっとした落とし穴を描きたかったのかな?って感じます。
これも村上版サタイアでしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(875)
(529)
one_day(480)
ex_girlfriend(341)
my_ex(208)
ロックンロール(179)
アルコール依存症(164)
タラレバ娘(77)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター