モブ・ノリオ『介護入門』読了

29歳、無職の〈俺〉。
寝たきりの祖母を自宅で介護し、大麻に耽る――。
饒舌な文体でリアルに介護と家族とを問う、衝撃のデビュー作。
内容(出版社内用紹介より)

質量を持った激情。

本書は第131回(平成16年度上半期)芥川賞受賞作。
介護を通した若者の叫びに只々圧倒されました。
傑作。

内容はバッサリ略で一言、凄い小説です。
読書数は少ないのですが、
芥川賞の中から一つだけ選べといわれたら
今なら迷い無く本書を挙げます。

テーマ、内容、文体、構成

いずれも衝撃と言うより、圧倒的な質量を感じました。
ページ数は少ないけれど、読書中は多くの体力を要求されるし、
読了後は胃に鈍い重みが残ります。
けれどそれは不快感とはちょっと違っていて……。

きっと危惧される方も多いと思うけれど(僕がそうでした)、
本作は異端ではありません。むしろゴリゴリの正統派。
文体が “ヒップホップ” と宣伝され
ユニークさを前面に出されていましたが、
正直最悪なアオリだったと思います。
また、

どうせ若者の幼い主義主張や、
偏った価値観の垂れ流しなんだろ?

と安易に取り組むと、こちらがヤラレマス。
『怨』だけではなく『愛』が伴って初めて
激情には質量が発生すること。僕ははじめて知りました。

最後に。
「介護」については言及を控えます。
けれど(主人公の)祖母の悲しみだけではない日常に、
父の晩年を弟と二人、男手だけで拙く支えてしまった僕も、
少しだけ救われた様な気がします。

おまけ:
激情
BGM: THE DUST'N'BONEZ / 激情

※ 奇しくも上記 CD のタイトルは『LOVE/HATE』。
  本書のテーマと同じく “愛と憎しみ” です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(875)
(529)
one_day(480)
ex_girlfriend(341)
my_ex(208)
ロックンロール(179)
アルコール依存症(164)
タラレバ娘(77)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター