伊坂幸太郎『ホワイトラビット -a night-』読了

仙台で人質立てこもり事件が発生。
SITが交渉を始めるが―。
伊坂作品初心者から上級者まで、
没頭度MAX!書き下ろしミステリー。
内容(「BOOK」データベースより)

正義感。

本書は人質立てこもり事件を描いた長編小説。
著者には珍しい神視点からの解説?がありますが、
それでも安心・安定・品質保証の「伊坂」でした。
佳作。

危機にある誘拐グループ
外れくじばかりの母子
そして
事件に巻き込まれる黒澤

描かれる「白兎事件」は
例によって全く関係の無い出来事が、
偶然と必然によって次々に連鎖して行きます。
またそこには故意や過失もあるのですが、

渡り鳥に、渡る時季を教えたやつ(本文より)

の存在もありました。
それが誰を(ナニを)指すかは
本書をご確認していただくとして……。

「伊坂幸太郎」は数多い著作の中にあって、
脛に傷を持つ奴等が殆どを占めている、
そんな話が少なくありません。
それでも「渡る時季を…」にあるような
ごく控えめで、非常に頼りない、けれど確かな

「正義感」

が存在しているんですよね。
それこそが僕達の愛して止まない
『伊坂ワールド』なんだと思います。

蛇足でオリオン座について。
本作ではオリオオリオの薀蓄をはじめ、
オリオン座が重要なファクターとなっています。
で、僕も偶然本書を読む前に、
オリオン座の思い出話を彼女にしていたんですよね。
以下はその引用です。

--start--
小学生の頃、学校の宿題でオリオン座の観測をしました。
屋外の特定箇所に固定した透明のプラ板を用意。
それを通して観察したオリオン座を(位置を)プラ版にマーク。
それを一時間毎に行って、
星座が移動する様子を観測すると言うものです。
ただそれだけなんだけれど、
当時プラ板が130円もしたこと(親に出してもらいました)。
観察するときにはめていた僕の毛糸の手袋が黄色だったこと。
親父が一度だけ一緒に来てくれたこと。
そんなどうでもよい色んなことを覚えています。
---end---

お目汚しで申し訳ありません。
でも皆様もオリオン座の記憶がきっと一つや二つはあると思います。
機会があれば大切な人と語り合ってみては如何でしょうか。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:1 comment:2 

Comment

藍色 URL
#- 2019.11.18 Mon05:39
今回も当たりで楽しいです。一気読みできました。
クスっと笑ってしまう場面が多かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
yuki URL|Re: タイトルなし
#- 2019.11.19 Tue12:39
藍色さん、こんにちは。

> 今回も当たりで楽しいです。一気読みできました。

ですね。今回も当たりだと思います^^b

トラックバックいたしました。
後ほどご確認をお願いします。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

「ホワイトラビット」伊坂幸太郎

楽しさを追求したら、こういう小説になりました。最新書き下ろし長編は、予測不能の籠城ミステリーです! 仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく――。「白兎事件」の全貌を知ることができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者から上級者まで没頭度MAX... 粋な提案 - 2019.11.18 05:33

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1167)
(741)
one_day(633)
ex_girlfriend(342)
ロックンロール(220)
my_ex(212)
アルコール依存症(192)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター