赤神諒『大友二階崩れ』読了

天文19年(1550年)、九州・豊後(現在の大分県)の戦国大名、
大友氏に出来した政変「二階崩れの変」。
時の当主・大友義鑑が愛妾の子への世継ぎのため、
21歳の長子・義鎮(後の大友宗麟)を廃嫡せんとし、
家臣たちが義鑑派と義鎮派に分裂、熾烈なお家騒動へと発展した。
謀略、裏切り…揺れる家中での勢力争いに明け暮れる家臣たちの中で、
義鑑の腹心にして義鎮の義兄でもある吉弘鑑理は一途に大友家への
「義」を貫き、その弟の鑑広は数奇な運命で出逢った姫への
「愛」を貫く―乱世に生きる男たちが命を賭して守り抜いたものとは。
九州・豊後の戦国大名家に出来したお家騒動、
重臣一家を通して骨太に描いた本格歴史小説。第9回日経小説大賞受賞。
内容(「BOOK」データベースより)

糞喰らえ。

本書は史実にある政変「二階崩れの変」を中心に、
男達の生き様を描いた作品。
「義」と「愛」を天秤にかけた究極の命題に、
最後まで息が詰まりました。

「義」の為に改易はおろか実弟をも捨てる兄
「愛」の為に「義」はおろか命さえ捨てる弟

吉弘鑑理・鑑広の兄弟は固い絆で結ばれていましたが、
己の信念だけは変えることが出来ず、
多くの悲劇を招いてしまいました。
最後は先祖代々・吉弘一家の人徳により、
一定以上の救済があって大団円となるのですが……。

本書は創作(と思われる)部分が割りと多く、
あくまでもフィクションとして受け止めます。
それでも「信念」って他人の(多くは守るべき・愛するべき人の)
運命や生命を犠牲にしてまでも貫かなければならないのか??
最後まで自問を繰り返してしまいました。
勿論、そんなのは人それぞれだし、優劣も善悪もありません。
強いてあげるなら「義」を取れば乱世の逸話となり、
「愛」を取れば現代の美談となる。
それぐらいの違いでしかないでしょう。

ただ個人的な感想を控えめに記せば
僕には兄・鑑理が愚か者にしか見えなかったし、
反対に弟・鑑広には強い共感を覚えました。
「愛」はその本質が不義であり、裏切りとほぼ同義。
それが僕の人生で得た教訓だけれど、「愛」の前では「義」なんて

糞喰らえ

やっぱりそう感じてしまいます。
鑑理・鑑広の兄弟ではないけれど、
信念ってそう簡単には変えられませんね。

最後になりましたが、作品としては非常に面白かったです。
今後も期待する作家が増えました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(913)
(558)
one_day(499)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(183)
アルコール依存症(169)
タラレバ娘(93)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター