知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』読了

広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、
脳腫瘍を患う女性・ユカリと出会う。
外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる碓氷。
心に傷をもつふたりは次第に心を通わせていく。
実習を終え広島に帰った碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。
彼女はなぜ死んだのか?幻だったのか?
ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜山手を彷徨う。
そして、明かされる衝撃の真実!?希代のトリックメーカーが描く、
今世紀最高の恋愛ミステリー。
内容(「BOOK」データベースより)

細かいコトは気にしない。

本書は医療を背景とした恋愛ミステリー。
読書メーター「読みたい本ランキング」第1位に選ばれ、
2018年本屋大賞にもノミネートされるほど話題の作品です。
正直、宣伝のアオリは過剰で「今世紀最高」は失笑モノだけど、
決して悪くありません。

脳腫瘍と言う爆弾を抱えたユカリ
父の記憶に囚われた研修医・碓氷
そして
ユカリの死と隠された秘密

物語は大きく二つに分かれており、
前半は碓氷の失踪した父の真相に迫り、
後半はユカリの死と彼女が真に望んだものを解き明かします。
僕は前半のそれの方が感動したのだけれど、
後半も決して悪くありません。

ミステリィの仕掛けとして、
(細部は兎も角)大筋は早い段階で推測可能です。
実際、とある漢字一字のトリックは(僕は)その場で気が付きました。
また、そもそもが研修の僅かな期間でここまで恋に落ちるのか??
と甚だ疑問だけれど、ラストは悲しみを内包しつつも安堵しました。

全体的に患者の望みを全てかなえる病院、
ストーリーに都合の良い病状等、リアリティには乏しいかも。
けれど、そもそもがミステリィだし、
著者は御大(島田荘司さん)に見出された方ですからね?
細かいコトは良いんです(笑)
出版社の宣伝ほどはお勧めはしないけれど、
気軽に読む分には損はしない一冊だと思います。

蛇足です。
本書のオビにある「恋愛」に異論はないのだけれど、
素直にヒロイン・ユカリを応援できない方も多いんじゃないかな。
それは碓氷と「爛れた関係」とされた冴子がとても魅力的だから。
実際僕は彼女の方を応援してしまいました。

決して胸の大きさではありません。

けれど心を開放する時、僕が包まれたいのは
控えめなユカリより、豊かな冴子のそれ(小さな声で)
まっ、本音はどちらも体験できた碓氷君が羨ましいのだけれど(笑)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(913)
(558)
one_day(499)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(183)
アルコール依存症(169)
タラレバ娘(93)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター