辻村深月『サクラ咲く』読了

塚原マチは本好きで気弱な中学一年生。
ある日、図書館で本をめくっていると一枚の便せんが落ちた。
そこには『サクラチル』という文字が。一体誰がこれを?
やがて始まった顔の見えない相手との便せん越しの交流は、
二人の距離を近付けていく。(「サクラ咲く」)輝きに満ちた喜びや、
声にならない叫びが織りなす青春のシーンをみずみずしく描き出す。
表題作含む三編の傑作集。
内容(「BOOK」データベースより)

がんばれ青春。

本書は小さくても一歩前に踏み出した少年少女達の短編集。
彼等の愚直で誠実な姿勢に、襟を正されました。

未来からやってきた少年
図書館の本に挟んで往復するメッセージ
そして
全てが繋がり、新しく始まる物語

初出が光文社 BOOK WITH YOU とあるように、
読者のターゲットはティーンエイジャー。
それもまだ青春の入り口に立ったばかりの若者向けだと思います。
なので、難しい話は一切ないし、ウラも、ワキもない。
最終話の新聞部を除けば悪意さえ一切無いと、
オッサンからみれば天下泰平、無病息災?な作品です。
でも青春の只中にある彼等にとって、
どんなに小さな悩みだって、世界の一大事なんですよね。
悩みに軽重なんてないし、大人も子供もありません。

ただ大人(含む僕)は経験に基づいた処世術があります。
良い悪いではなく、それは大きなメリットだと思います。
でも若者にはそれがないから、僕達よりも不安はきっと大きい。
なので勇気を振り絞って足を踏み出した本書の登場人物たちを
(たとえそれが拙くても)後ろからそっと見守ってやりたい。
そう感じました。

正直、とある登場人物に対しては「彼氏なんてまだ早い!」
と思いました。なんせまだ中学一年生なんですから!(怒)
いえ、やっかみなんて一切無いですよ?
これっぽっちも無いのです(白目)
でも、最終話で彼女の幸せな様子がありましたからね。
オッサン、完敗なのです(笑)

蛇足で本書は古い友人に紹介して貰いました。
今はメールだけになったけれど、
でもだからこそ「サクラ咲く」のマチと文通相手の様に

好きな本が私と同じで、いつも気になっていました(本文より)

僕達もそんな関係が続くことを願っています。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(977)
(600)
one_day(537)
ex_girlfriend(341)
my_ex(211)
ロックンロール(198)
アルコール依存症(176)
タラレバ娘(112)
自転車(34)
縦結びの人(6)

検索フォーム
FC2カウンター