アンソニー・ホロヴィッツ著 駒月雅子訳『絹の家 シャーロック・ホームズ』読了

ロンドンの美術商がアメリカで凄絶な事件に巻き込まれた。
からくもイギリスに戻るが、新妻を迎えた家に忍び寄る不審な男の影。
ボストンのギャングが追ってきたのか?
相談を受けたシャーロック・ホームズは、
「ベイカー街不正規隊」の少年たちに探索を命じるが、
その一人が命を落とし、怒りに燃えるホームズを新たな罠が待ち受ける。
「ハウス・オブ・シルク」の戦慄すべき秘密とは?衝撃の事件がいま、
明らかになる。
内容(「BOOK」データベースより)

本家より上手。

本書はコナン・ドイル財団公認のホームズ新作長編。
所謂パスティーシュでありますが、
その完成度 ”だけ” ならオリジナルを上回ります。

美術商からの依頼
House of Silk の謎
そして
二人の間にある感情

正直、驚きました。当たり前なんだけれど、
本作は古典ではなくバリバリ当世の作品。
なので(?)アクションや BL とそちらの需要にも答えつつ、
プロットや文章はあくまでもスマートです。
勿論、オリジナルも大切にしているし、
むしろ各キャラクタのエピソード満載と、
ファンの期待も裏切らないと、サービス満点なんですよね。
さらにはホームズの正義は「本当に正しいのか?」
と言った現代的なダークな視点にも支えられ
(ダークすぎる部分もあり、個人的には疑問もあります)、
ホームズ物から離れたとしても、非常に楽しめます。
ただドイルにしては、話題が豊富でありすぎるし、
そもそも全体的に上手すぎるかな(笑)
本書はソフィスティケイトされた(され過ぎた)ホームズなので、
その点でも評価は分かれるかも知れません。

蛇足でホームズのバイオリンについて。
それは作中のとある重要な場面で登場し、
読者(僕)に悲しい余韻を残しました。
で、ネタバレ回避の為に控えますが、
僕は(ホームズが)ワトソンの為に弾いていると想像します。
自分の為の盲滅法なそれではなく、

天を飛翔するがごとく崇高な調べ(本文より)

ワトソンが好きなあの曲を、彼のだけの為に。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(965)
(591)
one_day(530)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(195)
アルコール依存症(175)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター