長崎尚志『編集長の条件―醍醐真司の博覧推理ファイル―』読了

不可解な死を遂げた、伝説の漫画編集者。
すべての漫画好きを唸らせる、最強の漫画×ミステリ!
「絶対に勝てる漫画誌のノーハウ」を誰にも話さずに消えた、
伝説的編集者。フリーの漫画編集者・醍醐は、
その跡目の編集長を依頼される。不可解な死の真相、
そして彼の目指した漫画誌が気になった醍醐は、
その依頼を引き受けるが――。
発売前にドラマ化決定! 漫画原作者・長崎尚志だからこそ書けた、
博覧強記の漫画ミステリ。
内容(出版社内容紹介より)

強きをくじいて弱きを助ける。

本書は漫画編集者、醍醐真司の活躍を描いたシリーズ第三弾(1,2,3
漫画雑誌出版にかかわる舞台裏とウンチク、
それと実在の事件が違和感なく融合されており、
最後の最後までスリリングです。
佳作。

落ち目な青年誌の梃入れ
敏腕編集長の謎の死
そして
昭和最大の未解決事件

内容はバッサリ略で一言。
まだ三冊しかないけれど、シリーズで一番です。ポイントはバランス。
さらには二重三重のどんでん返しが実にあざやかであり、
トータルの完成度が非常に高い印象です。

正直、前作(二作目)で見切りを付けていました。
悪くは無いのだけれど、話がバラバラで統一感がまるでない。
控えめに言って、著者の目的・意識が感じられなかったのです。
しかし、ちょうど手持ちの本がなくなり、
図書館でたまたま見かけた本書を消極的に手にしたのですが、
これが大正解。シリーズにあった荒々しさ(詰め込みすぎ)は
良い意味でマイルドになり、物語の一貫性がスポイルされていない。
それによって各種の伏線が埋没されることがないから、
辛口のスパイスの様に後半になってガンガンと効いてくる。
実際、作中の『パシリ刑事』の警視総監の種明かし?ではないけれど、
南部のメモ帳にあったケーキ屋さん、天敵とされた後輩等、
「あと付けじゃないの?」
と疑いたくなるほど、それは見事な(伏線の)回収です。
さらにはラストの行動予定表にあった、とある編集部員の名前に、
僕は醍醐と同じく、どうしても上ずってしまう何かがありました。

マンガの存在意義は、強きをくじいて弱きを助ける(本文より)

心の捻じ曲がった南部は、しかし漫画に全霊を打ち込んだ、
アツい男でした。
因みに、昭和最大の未解決事件は作中で

こんな推理、だれもしていない(本文より)

とありましたが、割りと良くある説の様な(笑)
ただ、そんなのは本編の完成度に比べればホントに些細な事。
それより×イチの二人に全く進展がない方が気になります。
これも敏腕原作者であり編集者の手だと判っちゃいるけど、
コレを理由に続きを読まない手はありませんよね。
本シリーズは「見切り」から「積極的継続」にクラスチェンジです^^

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(913)
(558)
one_day(499)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(183)
アルコール依存症(169)
タラレバ娘(93)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター