馳星周『パーフェクトワールド(上)(下)』読了

沖縄の日本返還を目前に控えた1970年。
公安警察官・大城は内閣総理大臣からの直接の命を受け、
沖縄に潜伏することに。
時を同じくして、那覇では沖縄独立の動きを見せる平良が、
不穏な動きを…。幻のノワール巨編、待望の書籍化。
内容(出版社内容紹介より)

少しずつ足りない。

本書は混乱の中で私利私欲のために蠢く者と
無欲無私で理想に邁進する者を描いた長編。
『馳星周』のテンプレートをなぞっており、
ファン(僕)として一定以上の満足感はありますが、
少しずつ足りません。

公安警察と革命テロを目指す武装集団
アメリカーとやまととうちなー
そして
骨の髄までしゃぶる者としゃぶられる者

物語の舞台は日本返還を目前とした沖縄。
当時の日本は政治的にも非常に熱量の高かった時代であり、
全共闘運動の記憶も新しいところ。
また沖縄では施政権の移譲に伴う複雑な思想的対立、
さらには経済的な思惑も複雑に絡みあったコトと思います。
個人的な意見は控えますが、「ウチナータイム」に代表される
のんびりとしたイメージの沖縄のウラには暗い影があったこと。
本書はその事実を突きつけ、読者を激しく揺さぶります。

また、あとがきにもありましたが、
本書は傑作『弥勒世』と対をなす作品です。
ただ『弥勒世』が雑誌掲載後すぐに単行本化されたのに比べ、
本書は12年もの年月を経て漸く “文庫本” 化されたんですよね。
その理由は両作を読み比べれば一目瞭然だけれど、
一言で言えば「完成度」でしょう。本書は『弥勒世』に及びません。
で、その理由は色々あるのだけれど
(正直に言えば全ての面で『弥勒世』に及ばないのですが……)
手っ取り早く例をあげるならバイオレンスとエロス、
つまり嗜虐性が全然足りないと思います。
僕個人の嗜好とは別に、『馳星周』の看板に期待するのは
獣性むき出しの欲望。そして断固たるその実行です。
僕はそこに震えるし、吐き気を催す。けれどそれを求めています。
本書も決して悪くないのだけれど、なんせ『馳星周』ですからね。
スパイとなった貴代子や景子をもっと嬲って欲しかったし、
大城は平良にはもっと深い地獄に落ちてもらいたかったです。

蛇足でドルについて。
本書にある沖縄はアメリカの統治下にあり、
当然流通する貨幣はドルでした。
因みに

銀行員の平均月収が四十ドル(本文より)

とあったので、
大雑把に計算すれば当時の1ドルは今の1万円ぐらいでしょうか。
勿論ドル円の交換レートもあるから一概には言えないけれど、
それでもどこか遠い国の遠い昔のお話の様に感じました。
また、とある知人から沖縄の話を聞いたのですが、
彼女は小さい頃、周りのおじさんやおばさんから、
「昔は1セントで飴玉が1個買えた」と聞いて育ったそうです。
今で言うと100円ぐらいになるのかな?
随分高い飴だけれど、沖縄がアメリカだったコトを考えれば、
決して甘いだけの話ではありませんね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:2 

Comment

omachi URL|
#- 2018.06.28 Thu18:59
歴史探偵の気分を味わえるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、 小一時間で読めます。 北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。その1からラストまで無料です。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。 重複、既読ならご免なさい。 お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。 物語と観光地が絡むと興味が倍増します。気が向いたらお読み下さいませ。東大寺・ 毘盧遮那仏を造立した聖武天皇の外祖父が登場します。岡潔が後半生を暮らした奈良が舞台の小説です。(奈良のはじまりの歴史は面白いですよ。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
yuki URL|Re: タイトルなし
#- 2018.06.28 Thu21:03
omachiさん

コメントをありがとうございます。
ご教授いただいたサイトを検索し、ブックマークいたしました。
後ほどゆっくり拝見させていただきますね?
歴史は好きなので楽しみにしております!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(913)
(558)
one_day(499)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(183)
アルコール依存症(169)
タラレバ娘(93)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター