原田ひ香『三千円の使いかた』読了

24歳、社会人2年目の美帆。貯金に目覚める。
29歳、子育て中の専業主婦、真帆。プチ稼ぎに夢中。
55歳、美帆・真帆の母親、智子。体調不良に悩む。
73歳、美帆・真帆の祖母、琴子。パートを始める。
御厨家の人々が直面する、将来への不安や人生のピンチ。
前向きに乗り越えたいからこそ、一円単位で大事に考えたい。
これは、一生懸命生きるあなたのための家族小説。
「8×12」で100万円貯まる?楽しい節約アイデアも満載!
内容(「BOOK」データベースより)

ポジティブシンキング(笑)

本書は三世代、四人の女性から考察されるお金の物語。
楽しく拝読することが出来ましたが、
どこか白々しい気分にもなりました。

内容はバッサリ略で一言。普通に面白いと思います。
主役の女性たちは基本的に収入を配偶者に頼っており、
家計を預かる者の苦労はそれはそれは大変なモノだと思います。
さらには登場する男は揃いも揃ってデクノボー(除く太陽)であり、
もう少し言えばお金にも女心にも無頓着、無神経な駄目男。

女性は大変ですな(鼻ホジ~)

お金に対する意見は千差万別あって当然だと思いますが、
本書の稼ぎ手(の意見)不在のあり方には首を傾げてしまいます。
イマドキ、稼ぎ手(男)が何も考えていないとでも?

また OL の美穂の場合は若干話が違いますが(正確を期すなら琴子も)、
結局彼女も家族から(臆面もなく)援助してもらうコトになり、
本当に泣きたいのは一体誰なんでしょうね。

最後になりますが、
本書は女性視点のネガティブな意見が蔓延しているけれど、
ラストのおためごかしには

ポジティブシンキング(笑)

と、その反動を思わず笑ってしまいました。
こんなトコロで自分語りは避けますが、
お金はそんなに簡単でも軽くもありません。

お金は『命』と同義。

それぐらい男(僕)でも理解しています。

蛇足:
rps20180626_121417.jpg
初版、P35-13行目。
『そしてももちろん「お金」。』の「も」は衍字です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(913)
(558)
one_day(499)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(183)
アルコール依存症(169)
タラレバ娘(93)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター