山田ルイ53世『一発屋芸人列伝』読了

それでも、人生は続く。
不器用で不屈の人間たちに捧げる、涙と笑いのノンフィクション!
雑誌ジャーナリズム賞作品賞受賞。
内容(「BOOK」データベースより)

諦めない人。

本書は漫才コンビ・髭男爵のシルクハットの方(かた)の一冊。
所謂『一発屋』の悲喜こもごもが描かれており、
ある意味「負け組み」のインタビュー集になるのかも。
でも僕は彼らを1ミリも「負けた」とは思いません。

とんでもない芸でお茶の間を凍らせた-レイザーラモンHG
営業で稼ぎまくっていると噂の-テツandトモ
本当にポンコツだった(失礼)-コウメ太夫

同じ「芸人」、「一発屋」と言っても千差万別です。
キチンと自分の考えを持っている人や、そうでもない人。
仁義や慣習を礼儀正しく守る人、守らない人。
そもそも個人的な感想ではあるけれど、
芸人として面白い人も、そうでもない人もいる。
本書はそれを一層際立たせていたのだけれど、
それは著者の意外と冷めた観察眼と、
割りと容赦のない記述によるところが大きいと感じました。
で、これはもしかしたらなんだけれど、
著者は「一発屋」と呼ばれる仲間たちに
同属嫌悪みたいなモノがあるんじゃないかな?

実際、著者の筆は少々鼻白むところもあったけれど、
しっかりと基本を踏まえているので大変に読みやすい。
「冷めた観察眼」としたけれど、フォローだってちゃんとしており、
どんな方面にも配慮を欠かさないんですよね。
ヘンな言い方になるけれど、著者は「ちゃんとした人」だと感じました。
なので一癖も二癖もある彼等と同じ「一発屋」と括られるのが
不本意なんだと予想します。それでも……。

正確な「一発屋」の定義は判らないけれど、
少なくとも本書にある芸人たちは「お笑い」を辞めていません。
たとえそれでメシが喰えていなくても、諦めてはいない。
そんな彼等の(言い方は悪いけれど)諦めの悪さは
実は凄いことじゃないのかな?
人生の負け組み(僕)が言っても説得力はないけれど、
決して「ギブアップ」しない彼らを心の底から尊敬します。
勿論、それは著者だって同じコト。

執筆の動機が「怨み」だろうが「恥」だろが「弁解」だろうが、
諦めず続けて、貪欲にチャンスを掴んだからこその本書です。

素晴らしい一冊じゃないですか!

山田さん、僕は諦めない人が大好きですよ?

蛇足でジョイマンについて。
最近「サイン会なのに、客が0人」
のツイッターの投稿で話題となった二人組みではありますが、
僕はずーーっと前から彼等のファンなんですよね(本当です)。
それを言うと大抵の方に「えーっ」って半笑いにされたけれど、
僕はあの意味なしラップが昔から最高にツボでした。
著者の言葉を借りちゃうけれど、面白いのは勿論、
このラップは意外と難易度も高いと思います。
なんてたって、

ありがとう、オリゴ糖

ですよ?
このセンス、もはや天才ではないでしょうか??(割りと真剣に)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(955)
(585)
one_day(523)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(192)
アルコール依存症(173)
タラレバ娘(111)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター