門井慶喜『銀河鉄道の父』読了

明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、
昭和8年(1933年)に亡くなるまで、
主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。
賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、
長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、
後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。
地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、
このユニークな息子をいかに育て上げたのか。
内容(出版社内容紹介より抜粋)

父と息子。

本書は第158回(平成29年度下半期) 直木賞受賞作。
父と息子の愛情と葛藤を描いており、特に男性の方にお勧めです。

内容はバッサリ略で一言、良かったと思います。
評判に違わず面白かったし、改めて「宮沢賢治」を読みたくなる。
そんな魅力も兼ね備えていました。
ただ正直言えば同じ直木賞でも候補止まりだった
家康、江戸を建てる』の方が個人的には上です。
それは本書の内容が父・政次郎と息子・賢治の割合がおよそ4:6であること。
僕はタイトルにある “父” の視点を期待していたので、
この配分には若干の不満を覚えました。
また多くを裂かれた賢治の記述は広く知られている事が多く、
逆に両親にも強く勧められた見合いや恋愛の話がカットされるなど、
(個人的な意見ですが)もう少し工夫が欲しかった気もします。

それでも『永訣の朝』の作成秘話には驚きがありました。
ネタバレを避けますが、賢治のクリエイタとしての
業(ごう)みたいなモノに、僕は(逆説的ではあるけれど)
非常に感心してしまいました。

最後に。
よく知られるように賢治は
世間知らずの「お坊ちゃん」であり「甘ったれ」。
現代風に言えば「ニート」になるでしょう。
それを可能としたのは父・政次郎の厳格でありながら、
それでいて泉の様に溢れて尽きることのない息子への愛情です。

だからこそ僕は、賢治の逆縁を惜しみます。

長すぎる反抗期(←これもどうかと思いますが)に対峙し続け、
また支え続けた父に孝行せず先に逝くなんて……。
僕は宗教に疎いから親子の相克の一つとなった
日蓮とか親鸞とか良く判らないけれど、あの世で必ず父に再会し、
恩を返すコトを期待します。

それでも……

父・政次郎は甘える息子も、反発する息子も
どちらも等しく愛おしかったと思うんですよね。
ドラ息子だった僕の台詞ではないけれど、
政次郎には僕の亡父が重なります。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1123)
(711)
one_day(603)
ex_girlfriend(341)
ロックンロール(215)
my_ex(212)
アルコール依存症(189)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(39)

検索フォーム
FC2カウンター