ドストエフスキー著 工藤精一郎訳『罪と罰(上)(下)』読了

鋭敏な頭脳をもつ貧しい大学生ラスコーリニコフは、
一つの微細な罪悪は百の善行に償われるという理論のもとに、
強欲非道な高利貸の老婆を殺害し、その財産を有効に転用しようと
企てるが、偶然その場に来合せたその妹まで殺してしまう。
この予期しなかった第二の殺人が、ラスコーリニコフの心に
重くのしかかり、彼は罪の意識におびえるみじめな自分を
発見しなければならなかった。
内容(「BOOK」データベースより)

驚きの面白さ。

本書はロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの代表作。
ロシア文学、実在主義、古儀式派etcetcと、
『難解』や『難読』のアイコンでもある作品ですが、
その実態は愛とヒューマニズムを主題とした断固たる
エンターテイメントでした。
良作(←ちょっと恥ずかしい)。

内容はバッサリ略で一言。非常に面白かったです。
正直、従前はあらゆる意味で困難を予想したし、
完走確率は半々かな?と心理的バッファを持たせて挑みました
(挑まざろう得ませんでした)。
なんせ子供の頃『カラマーゾフの兄弟』で
ケチョンケチョンにされた悪夢がまだ生々しいですからね?
そりゃあ謙虚にだってなっちゃいます(笑)
しかしそれは全くの杞憂に終わり、作品に込められた多くの題材を
(僕なりに)余すコトなく楽しむことが出来ました。

不朽の名作であり、
あらゆる角度から研究されている作品もあります。
なのでココでは内容については控えますが、ただ一つだけ。
予想に反して(まったくの意外でした!)、
希望の込められたラストには肩透かしと感動が
およそ3:7で後者が勝りました。
(読者が)ラスコーリニコフの殺人を
どの程度の心理的量刑とするかによると思うけれど、
僕はそれを差し引いても、溢れる愛を支持したい。
本当は宗教的な意味合いが(も)込められていると思いますが、
この愛は犠牲も贖罪も関係ないトコロにあると僕は信じます。

蛇足で当時の風俗や世情がまた面白くて。
中でも作中のアチコチでドイツ人が馬鹿にされているのが
印象に残りました。まぁ、舞台がロシアですからね?
仕方が無いか^^

さらに蛇足で女性の扱い方について。
時代もあると思いますが、やはり作中のアチコチで女性軽視な
描写や発言がありました。本作におけるこの問題について
「意見は無い」が僕の立場ではありますが……。
それでも妹・ドゥーニャの件で
釘を刺しに行ったラスコーリニコフに対し、
スヴィドリガイロフが嘯いた下記の発言には
思わず(?)クスッとなってしまいました。

婦人の心を屈服させる偉大な、
しかも絶対に外れのない手段を発動させました(本文より)

その手段については本書をご確認して頂くとして、
僕は驚きと共に(実体験の乏しい)納得もしたんですよね
(勿論、ニヤリともしました^^;)
古今東西、プレイボーイのテクニックって、
普遍なんですねぇ~(感嘆)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒4歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(977)
(600)
one_day(537)
ex_girlfriend(341)
my_ex(211)
ロックンロール(198)
アルコール依存症(176)
タラレバ娘(111)
自転車(34)
縦結びの人(6)

検索フォーム
FC2カウンター