伊集院静『大人のカタチを語ろう。』読了

今のままじゃ、ダメなんだ。真の大人になるために、大人のカタチを語ってみよう。大人になりたい、大人になりきれない者たちへ―生きていくために必要な「カタチ」を示す珠玉のエッセイ!
内容(「BOOK」データベースより)

大人は読む必要はありません。

本書は伊集院静のエッセイ集。
初出が週刊プレイボーイであり、若者向けの内容となっています。
ファンはもとより、大人は読む必要はありません。

内容はバッサリ略で一言……って、既に二度も書いていますね。
「大人は読む必要はありません」。これに尽きると思います。
その理由は色々あるのだけれど、端的に言えば「クオリティ不足」。
若者向けに噛み砕き、断言し、簡易で明確を意図するのは良いけれど、
どれもこれも過程の論理と結論が矛盾しています。

いちいち指摘するのも馬鹿らしいので省略します。

でも僕には目下の者に格好つけて話した(書いた)せいで、
途中から自分でもナニ言っているのか判らなくなっている老人。
そんな情景が浮かんでしまいました。

僕は著者の大ファンだけれど、流石に心配になってしまいます。
お歳か、お酒かわからないけれど、萎縮がはじまった?って。

マンネリについてはもう何も言いません。

例えば亡き弟様の話は、一冊に一度は必ず触れられているし、
大げさではなく、僕は今までに少なくとも50回は目にしています。
もう著者のマンネリには悟りだって開けます(虚空を見る目で)

強いてあげるなら、
先頭集団に居ることの大切さについては一興がありました。
それはギャンブルもそうだし、人生のレースでもそう。
逆転の難しさとスタートダッシュの優位性を説いており、
一定以上の説得力がありました。
まぁ、ウラを返せば(麻雀なら)牌パイの時点で、
人生ならオギャーって生まれた時点で
いきなり挽回困難な差があるというコトだけれど、
それはそれで仕方がないですよね。
「不公平」をグッと呑み込むのが大人です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫18歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1167)
(741)
one_day(633)
ex_girlfriend(342)
ロックンロール(220)
my_ex(212)
アルコール依存症(192)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター