米澤穂信『さよなら妖精 新装版』読了

雨宿りをする彼女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。初期の大きな、そして力強い一歩となった、鮮やかなボーイ・ミーツ・ガール・ミステリをふたたび。書き下ろし短編「花冠の日」巻末収録。
内容(「BOOK」データベースより)

憎しみの建前。

本書は日本の高校生達と異国の少女・マーヤを描いた長編ミステリィ。
現実にあったユーゴスラビアの解体を題材に、
青春時代の出会いと別れのが描かれていました。

内容はバッサリ略で一言、ちょっと重いなぁ。
ビターは『米澤穂信』の特徴の一つだと思うのだけれど、
本作は僕には些か過剰に感じてしまいました。

とは言え、読書は集中することが出来たし、
その意味では非常に楽しめたコトもまた事実。
個人的にユーゴスラビアには関心があったので、
意図して単純化されたかの地の問題点には、
少なからず理解の助けとなりました。

因みに著者の他作品と比べても、
中二病とご都合主義が色濃く感じました。
ただ、そんなのは青春モノのある意味で欠かせない一面ですよね。
個人的にはココに引っかかりは覚えなかったし、
むしろ『米澤穂信』は流石に読ませるな、って感心しました。

以上、本書は青春モノ……と言うほど甘酸っぱくはないし、
日常系……と言うには明らかに重過ぎる。
しかし『米澤穂信』ブランドを貶めるコトはなく、
むしろ高めた一冊だと感じます。
中二病が苦手なかた以外には、どなた様にもお勧めです。

蛇足で憎しみの建前について。
作中、マーヤの述懐に

人間は、殺されたお父さんのことは忘れても、
奪われたお金のことは忘れません(本文より)

とありました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
この発言はマーヤの、ひいてはユーゴスラビアの人たちの憎しみの建前。
ある意味で「落としどころ」だったのかな?って感じました。

外様で無知な僕がユーゴスラビアを語る愚は控えます。
ただ

父を、肉親を殺した仇でも、その血の入った我が子は憎めない。

そんな愛の光と影をたくみに利用した悪魔の所業、
僕の知る限りの「民族浄化(*1)」を想像してしまったんですよね。
きっとマーヤたちは「憎しみ」に愛を掲げるコトが出来ず、
代わりにお金を題目にするしかない(トコロに追い込まれている)。
そんな彼等の心のありようを想像し、
僕は本作の重さがいっそう耐え難くなりました。

*1)
支配者民族の血を混ぜ、被支配者民族の血と誇りを希薄化する所業。
支配者民族は被支配者民族の女性に性交を強要し、望まぬ出産を強制した。
副産物として、敵(仇)の民族の血が入ってはいても、わが子は憎めない(殺せない)
→支配者民族の血が消えにくくなり、被支配者民族の血は薄くなる。
そんな愛の弱点をも利用した悪魔の所業です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター