朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』読了

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。そこから、周囲の高校生たちの学校生活に小さな波紋が広がっていく。バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部・亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは…?瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。第22回小説すばる新人賞受賞作。
内容(「BOOK」データベースより)

幻。

本書は人気作家・朝井リョウのデビュー作。
ふとした切っ掛けで揺り動く17歳の様子がありました。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
それは上下を問わず、哀しいほど自己中心的で、
残酷なまでに保身的な高校生の姿があったから。

映画にもなった有名作品なのでストーリィには触れません。
でも著者一流の鋭い(=抉る)筆は既に健在だったし、
ストーリィよりもこの筆を楽しむ作品だと思いました。
デビュー作だからか、いささかポエミーでしたけどね。
個人的には悪くありません。全然悪くありません(春樹)。

因みに作中には音楽が多数扱われていました。
例えばチャットモンチー、aiko、RADWIMPS。
さらには小田和正もあったりして(いづれも敬称略)
現代的な作風にあわせ、当時のリアルタイムだったと思うのだけれど、
哀しいかなオッサン(僕)には何一つ判りませんでした。
時代遅れのロックばかり聴いていますからね。
なんだか、いたたまれない気持ちになってしまいました。

以上、本書はある意味で普遍的な17歳を描いた作品。
青春のほろ苦さを知る全ての大人の方にお勧めです。

蛇足で白いキャンパスについて。
作中、それは高校生の目の前に広がる無限の可能性。
そのメタファとして使われていました。
その詳細は本書をご確認していただくとして、
僕はこう思ったんですよね。

君の目の前にある白いキャンパスは幻だ、って。

少なくとも、父に授業料を払ってもらい、
母に食事と洗濯と身の回りの世話をしてもらっている。
そんな高校生のキャンパスが真っ白の筈がありません。
家族であっても他人の影響下にある限り、
君のキャンパスには下書き(ガイドライン)があり、
それは絶対に消せないのだから。

また君たちにアドバイスするつもりなんてサラサラないのだけれど、
僕が大人なって(自立して)手に入れたキャンパスは本物です。
あのころ夢見たそれより遥かにちっぽけだけれど、真っ白です。
大人になるって、多分こう言うコトです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1717)
(1230)
one_day(922)
ex_girlfriend(343)
ロックンロール(252)
アルコール依存症(243)
my_ex(214)
タラレバ娘(131)
自転車(45)
縦結びの人(41)
漫画(21)

検索フォーム
FC2カウンター