【漫画】 有賀リエ『パーフェクトワールド(全12巻)』読了

インテリア会社に就職した川奈つぐみ(26歳)は建築会社との飲み会で、高校の時の同級生であり初恋の人・鮎川樹と再会する。樹にトキメキを覚えるつぐみだったが、彼は車いすに乗る障害者になっていた。「樹との恋愛は無理」。最初はそう思うつぐみだったが……。
内容紹介(出版社内容紹介より)

パーフェクトワールド。

本書は障害者の青年と、健常者の女性の恋愛を描いた作品。
この世界の意味と価値を問いかけていました。
良作。

内容はバッサリ略で一言、とても良かったです。
それは祝福されない恋愛のリアリズムがあったから。

介護については控えます。
ただし脊髄損傷を受けた方々の辛い現実

褥瘡
幻肢痛
尿路感染
排泄障害
脊髄空洞症

等、はじめて学ぶコトが多かったです。

一方、恋愛に関しても、決して純愛だけでは無かったです。
お互いに寄り道するし、その結果、多くの人を傷つける。
また(ネタバレを控えますが)その後も厳しいエピソードが並びました。

以上、本書は障害者のリアルと恋愛を描いた作品。
正直、僕の目から流出した液体は、
花粉症で今月に流したそれの合計に劣らないでしょう。
どなた様にも自信を持ってお勧めです。

蛇足でパーフェクトワールドについて。
作中、周囲から祝福されない(むしろ批判される)川奈(♀)は、
樹(♂)と二人だけの世界がパーフェクトワールドである。
そう考える様になりました。
けれど樹は(川奈の為にも)もう少し広い世界を目指したんですよね。
その詳細は本書をご確認していただくとして……。

二人の考え方(その違い)に意見はありません。
ただ結局のトコロ、あらゆる困難の前でも二人の想いは同じ。
それが二人にとっての

パーフェクトワールド

ではないでしょうか。

川奈さん、樹君。それとプラスアルファ^^
僕はこれっぽちも心配をしていないのだけれど、
これからもずーっと、幸せでいやがれ!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:漫画  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1717)
(1230)
one_day(922)
ex_girlfriend(343)
ロックンロール(252)
アルコール依存症(243)
my_ex(214)
タラレバ娘(131)
自転車(45)
縦結びの人(41)
漫画(21)

検索フォーム
FC2カウンター