【漫画】阿部共実『ちーちゃんはちょっと足りない(全1巻)』読了

あれも欲しい、これも欲しい…。いつも何か物足りない気がする中2女子、ちーちゃんとナツ。少し不満で平凡な毎日は、ある事件をきっかけに揺らぎ始めて?
内容(出版社内容紹介より)

どうしようもない。

本書は宝島社『このマンガがすごい!』2015年版オンナ編の
第1位となった作品。
おおげさに言えば、少女たちの “人生” みたいなモノがありました。
秀作。

内容はバッサリ略で一言、強く印象に残りました。
正直、鬱な話だし、ある意味では救いが一切ない。
それを

どうしようもない

と言ってしまえばそれまでなんだけれど、
例えば「たりないコト」を知ってしまったナツちゃんにとって、
とても残酷な話だと感じました。
勿論、彼女のとある行動を肯定はしませんよ?
けれど、僕は彼女を否定するコトも出来ませんでした。

それにしても「足りる」って一体なんなんですかね。
ちーちゃんは頭がちょっと足りないし、
ナツは(酷だけれど)我慢がちょっと足りなかった。
そもそも二人の根底にはお金が足りない、があって(ハッキリ言えば貧乏)、
貧富を背景にしたスクール・カーストみないなモノが毅然とある。
それはもうどうしようもないのだけれど、だからと言って

現実を理解した方が良いのか(ナツちゃん)、
理解しない方が良いのか(ちーちゃん)。

僕はこの歳になっても、その答えが判りません。

ただ、僕はちーちゃんが大好きだし、優秀な旭にも好感を覚える。
一方で僕はあきらかにナツちゃんなんですよね。
だからと言って許されないコトは断固としてあったし、
ラストの未来も色々なモノを失われ続けて行くであろうナツちゃん
(と僕は解釈しました)にも納得です。
それでも繰り返しになりますが、僕はナツちゃんなんです。
それは好きや嫌い、許すや許さない。
もっと言えば良いか悪いかでもなく。
何度考えても、そしてどうしよもなく、僕はナツちゃんでした。

以上、本書は少女の欲望や苦悩。そして無知の功罪を描いた一冊。
欝な話ではあるので、人とタイミングを選ぶとは思いますが、
僕のある意味の “絶対” です。
お手にする機会があれば是非にどうぞ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:漫画  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1717)
(1230)
one_day(922)
ex_girlfriend(343)
ロックンロール(252)
アルコール依存症(243)
my_ex(214)
タラレバ娘(131)
自転車(45)
縦結びの人(41)
漫画(21)

検索フォーム
FC2カウンター