寺地はるな『わたしたちに翼はいらない』読了

他人を殺す。自分を殺す。どちらにしてもその一歩を踏み出すのは意外とたやすい。「生きる」ために必要な救済と再生をもたらす物語
内容(「BOOK」データベースより)

もういいや。

本書は地方都市を舞台に、人間関係で鬱屈する様子を描いた作品。
三人の男女のそれぞれに対し、全く違った共感 “も” 覚えました。

内容はバッサリ略で一言、面白かったです。
それは傷つける側と、傷つけられた側の意識(認識)の違い。
その絶望的な乖離が、割と一般的だと感じたから。

作中、いじめ、モラハラ、毒親etc. が扱われており、
「心の傷」がテーマの一つだったと思います。
ひるがえって、タイトルにある『翼』は孤高の象徴。
たとえば、いじめを受けていた朱音に対し、恩師の浜田先生は

雲に届くように高く飛べ。きみには翼がある(本文より)

と伝えました。
本書の肝要はこれら(発信者から見れば)ポジティブな発言を、
受信者がどう受け止めるか?だったと思うのだけれど、
僕はいささか辟易してしまったんですよね(小心者なので小声で)
なるほど、これらポジティブな意見を

しんどい。よけいなお世話。アナタは何も判っちゃいない。

受信者がそう受け取ってしまうのも普通?当然?だと思うし、
些かの反発もありません。
けれど、これじゃあ、何を言っても言わなくても

批判されてしまう(可能性がある)

そうも感じてしまいました。
気高さを、孤高を気取りたいのではありません。
ただ、人との関わりが、コミュニケーションがそんなに面倒なモノなら

もうひとりでいいや

って思ってしまいました。
孤独な僕が言っても、ただの強がりにしかならないのだけれど。

以上、本書は人間関係で生じる鬱屈。その難しさを描いた作品。
とは言え、著者の視点は明らかに弱者サイドに立っているので、
「心の傷」に思い当たる方にもたぶん大丈夫だと思います。
ひろく多くの方にお勧めです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター