小川誉子美『フレディ・マーキュリー解体新書』読了

没後30年以上を経てもなお、多くの人びとを魅了する世紀のカリスマ、フレディ・マーキュリー(1946-91)。芳醇に奏でられる歌声、華麗な姿態、奇抜なパフォーマンス、多彩な作詞・作曲、そして駆け抜けた45年の人生……。大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」の主人公となった異能の歌手はいかにして生まれ、伝説となったのか。「クイーンのヴォーカリスト」という枠を超えた不世出の天才のすごみと生涯を、あらゆる角度から描き尽くす!
内容(出版社内容紹介より)

読むロック。

本書はフレディ・マーキュリーを一から十まで “讃えた” 一冊。
フレディがなぜ世紀のカリスマと称されているのか。
それが “ぐう” の音も出ないほどの説得力で迫ってきました。
佳作。

内容はバッサリ略で一言、もう最高です。
それはフレディへの愛が「これでもか!」というほど溢れており、
いっそ清々しい程の感動があったから。

ヴォーカリストとして天才
クリエイタとして多彩
パファーマーとして異才

本書はフレディの「凄さ」をあらゆる角度から検証しています。
正直、著者の愛が、その熱量が大きすぎちゃって。
タジタジになってしまうのだけれど、
同じロックファンとしてこっち(僕)まで嬉しくなっちゃうんですよね。
ここまで大の大人(著者)を狂わせるのです(←ホメ言葉)
フレディがカリスマでない筈がありません。

また老害の昔話を承知しますが、まだネットが無い時代。
TV ではせいぜいサビの 30秒ぐらいしか流れない。
当然、MV さえ満足に見るコトが出来ず、向こう(海外)のロックは、
ほとんど文字(雑誌)でしか知るコトが出来なかった。
そんな「読むロック」の世代の方なら、
本書は脳ミソから爪の先まで余すことなく楽しめます(キッパリ)
これ以上はとやかく言いません。
同志諸君。本書を読まずに死ねますか?(エラソーにスミマセン)

以上、本書はフレディの魅力を唖然とするほど説いた一冊。
文章の言葉選びは奇妙(?)だし、論理的飛躍を感じるコトも少なくない。
著者の贔屓の引き倒しを(も)否めないけれど、
僕も身に覚えがない訳じゃありません(笑)
きっとロックファンなら興奮しかないし、
むしろ興奮で叫び出しちゃう恐れがある作品です。
どうぞ皆さま、ご近所迷惑に注意してお楽しみください

蛇足です。
本書を機会に映画「ボヘミアン・ラプソディ」の DVD を購入しました。
しかし、購入してから気が付いたのですが、
我が家には DVD を再生するプレイヤがなかったのです。あぁ……

ママー! ウーウーウー♪

おまけ:
Bohemian Rhapsody
BGM: Queen / Bohemian Rhapsody

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:2 

Comment

アキ URL|直ぐにコメント出来ませんでした。
#- 2023.12.21 Thu18:34
体調不良でコメントが遅れてしまいましたが、「読むロック」という言葉にどうしても書かずにはいられませんでした😌 とっても腑に落ちる良い言葉です。

yukiさんと同い年の私も初めて動くビートルズを見た時の興奮たるや! 
何でもネットで見られる今の時代は幸せだけど、決して「読むロック」時代が不幸だった訳でなく…私の中では洋楽/洋画が輝いていた高校時代でした。

因みにビートルズは特定の曲しかない息子ですが、クィーンはアルバムでよく聴いてます。息子が小さい頃から「フレディは天才だから!」と育てた賜物でしょうか🤣
(ビートルズは私の中で特別なので別格扱いっす)
yuki URL|Re: 直ぐにコメント出来ませんでした。
#- 2023.12.22 Fri06:10
アキさん、こんにちは。

体調は如何でしょうか。
寒さも厳しくなってきました。どうかご自愛願います。

> yukiさんと同い年の私も初めて動くビートルズを見た時の興奮たるや! 

アキさんが興奮されている様子。目に浮かぶようです。
きっと僕も同じ顔をしていたと思うから。

> 何でもネットで見られる今の時代は幸せだけど、決して「読むロック」時代が不幸だった訳でなく

仰る通りです(膝をパチン!)
決して今と昔を比べたいのではなく、それぞれの時代にそれぞれのロックの楽しみ方がある(あった)。
その上で、皆様「読むロック」も如何でしょうか?と言う控えめなサジェスチョンのつもりでした。
ありがとうございます。
僕の気持ちをスッカリ代弁していただきました。

> 息子が小さい頃から「フレディは天才だから!」と育てた賜物でしょうか?

素晴らしい布教?誘導?ご教育です!
僕達が好きなモノが、次世代に知ってもらえる。さらには好きになって貰えるなんて。
これ以上に嬉しいコトはありません。
機会があれば次世代の若者の好きなモノも、教えて貰えたら嬉しいですよね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1717)
(1230)
one_day(922)
ex_girlfriend(343)
ロックンロール(252)
アルコール依存症(243)
my_ex(214)
タラレバ娘(131)
自転車(45)
縦結びの人(41)
漫画(21)

検索フォーム
FC2カウンター