飯嶋和一『始祖鳥記』読了

江戸後期に、世界で最初に空を飛んだと伝えられる表具師〃鳥人備前屋幸吉〃。
幸吉は表具師として最高の腕を認められ「銀払い」の地位と財を築く。
しかし〃鳥のように空を飛んでみたい〃という少年期の思いは止みがたく、
ある日幸吉は憑かれたように羽作りに没頭しはじめる……。
内容(出版社内容紹介より抜粋)

日本の快男児、ここにあり。

本書は自らを生きるために空を飛び、
飛ぶことで人々に希望を与え続けた幸吉の人生を、
綿密な考証をもとに鮮烈に描いた歴史大作です。

内容を一言で表せば、ごく普通の ”偉人伝”。
ですが、呆れかえるほど緻密に検証された膨大なデータに、
鬱陶しいほど精細に描かれた人物と背景。
いくつかの挿話も長大かつ冗長であり、全体的に情報過多で破綻寸前です。
大作なのにページが全く足りておらず、
詰め込みすぎで文章に濃淡が乏しく、のっぺりとした印象。
流麗な文章を尊ぶ文系(?)な方は眉を顰めると思いますが、
役にも立たない薀蓄好きで、頭でっかちな理系にはお似合かも。
つまり僕にとってはド真ん中のストライク、
もう最高です!!

奇怪な表具師の行動により立ち上がる市井の人たち。
「下り塩」を届ける為に命を掛ける源太郎と杢平。
そして内省と開放により再び飛翔に賭ける幸吉。
日本の快男児の熱き血潮が怒涛のごとく打ち寄せ、
軟弱な僕でさえも揺さぶられるものがありました。

本書は図書館での ”ジャケ借り” なのですが、
久しぶりに超・万馬券を当てたと大興奮。
”飯嶋和一” は今一番熱い僕のキーワードです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫19歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒5歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
ユーザータグ

読書(1209)
(777)
one_day(654)
ex_girlfriend(342)
ロックンロール(227)
my_ex(212)
アルコール依存症(195)
タラレバ娘(131)
縦結びの人(41)
自転車(40)

検索フォーム
FC2カウンター