京極夏彦『書楼弔堂 破曉』読了

明治二十年代の半ば、雑木林と荒れ地ばかりの東京の外れにて、
日々無為に過ごしていた高遠は異様な書舗(ほんや)と巡りあう。
店の名は、書楼弔堂(しょろうとむらいどう)。
古今東西の書物が集められたその店には、
最後の浮世絵師月岡芳年から書生時代の泉鏡花まで、
迷える者達が〈探書〉に訪れる。
変わりゆく時代の相克の中で、本と人の繋がりを編み直す、
書店シリーズ、第一弾!
内容(出版社内容紹介より)

続編です。

内容は一切略、上述の内容紹介でファンには充分でしょう。
実際、どこかで見たことのある設定であり、
「ワンパターンだなぁ(歓喜)」
とファンならこきおろすと思います(感涙に咽びながら)。

虚実を見極め、言の葉を操り、
本を弔うと称して、憑き物を落とす。

途中『後巷説百物語』に繋がり、
最後は ”真打” のお祖父さん(?)にまで繋がる様は
シリーズ第一作なのにどこか続編の趣。
そんな本筋を離れてもなお読者を雀躍させるサービス精神に、
僕は著者のファンで本当に良かった!!

蛇足で主人公・弔堂の主の決め台詞に
「あなたはどのようなご本をご所望ですか?」
がありますが、その答えは一つしかありません。

本書の続編です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫享年23) 臆病で泣き虫。けれど誰よりも強くて優しい子。僕の宝物。職業:これからもずっと父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒9歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。いまもお姉ちゃんを探しちゃう。職業:父ちゃんの邪魔。
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター