万城目学『とっぴんぱらりの風太郎』読了

天下は豊臣から徳川へ―。
京(みやこ)でぼんくらな日々を送る“ニート忍者”風太郎。
その人生は、1個のひょうたんとの出会いを経て、
奇妙な方向へ転がっていく。やがて迫る、ふたたびの戦乱の気配。
だましだまされ、斬っては斬られ、
燃えさかる天守閣を目指す風太郎の前に現れたものとは?
内容(「BOOK」データベースより抜粋)

信じます。

本書は忍び(しのび)のなりそこない・風太郎が駆け抜けた
関ヶ原合戦後の束の間の平穏から、
豊臣家滅亡となった大坂の陣までを描く時代劇ファンタジー。
本当はもっとシリアスで現実感のある話を期待していましたが、
キャラクタ立ちまくりの本作も決して悪くなかったんですよね。
むしろ背景やその先がチラホラ伺える(やや平明な)ストーリーが、
魅力的な人物描写のおかげで、色鮮やかに感じました。

柘植屋敷出身の蝉、百、常世に、
南蛮帰りの火薬使い。
ひょうたんのような物忌みの君に、
話好きの高台院。
伊賀忍者の元締め采女に、ひょうたん屋の芥下。

登場人物は全て一筋縄ではなく、
大半は(忍びのくせに)利より情を優先してしまうから、
敵か味方か一概ではありません。
でも風太郎の様に散々に振り回されながらも、
最後は彼等に愛着さえ感じました。

明確に死を与えられた者は多い。
けれど、ギリギリのところで生死を暈された者も少なくありません。
それが作者の術中だと判っていますが、
僕は皆「生きている」と信じます。

蛇足で織田も徳川も現在までその血脈は続いており、
各方面でその種姓は活躍されています。
でも、残念ながら豊臣のそれは断たれてしまったんですよね。
それでもなお(源義経の生存説ではありませんが)
本書が見せた「if」を僕は信じたい。
ひょうたんよろしく作者の術だって日本語なんだから、
通じろ!!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ FC2Blog Ranking
 励みにしますので、宜しければクリックをお願いします。
テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Tag:読書  Trackback:1 comment:2 

Comment

藍色 URL
#- 2018.04.24 Tue11:11
面白くてどんどん読み進めてしまいました。
展開は早かったのですが読み応えがあり、読後に心に残るものがあります。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
yuki URL|Re: タイトルなし
#- 2018.04.25 Wed05:33
藍色さん、こんにちは。

まさしく「This is エンターテイメント」な作品でしたね。
正直、僕は中弛みを感じる部分もあったのだけれど、
それでも最後の「大阪夏の陣」は手に汗を握りました。

トラックバックいたしました。
後ほどご確認をお願いします。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

「とっぴんぱらりの風太郎」万城目学

著者二年ぶりのスペクタクル長編! 天下は豊臣から徳川へ―。重なりあった不運の末に、あえなく伊賀を追い出され、京(みやこ)でぼんくらな日々を送る“ニート忍者”風太郎。その人生は、1個のひょうたんとの出会いを経て、奇妙な方向へ転がっていく。やがて迫る、ふたたびの戦乱の気配。だましだまされ、斬っては斬られ、燃えさかる天守閣を目指す風太郎の前に現れたものとは? これまでのサークル物や地域物... 粋な提案 - 2018.04.24 11:08

プロフィール

yuki

Author:yuki
離婚と断酒。娘達(雉猫と白黒猫)と三人(?)の日々を綴ります。
ロックと読書好き。でも酒と煙草をやらないストレート・エッジです。

娘達
長女:える(雉猫17歳) 泣き虫で臆病。温厚だけど父ちゃんには我儘な女王様。妹がちょっぴり苦手。職業:父ちゃんの監視。

次女:ふう(白黒3歳) 暴れん坊で食いしん坊。皆が食べているものは私も食べる。お姉ちゃんともっと遊びたい。職業:父ちゃんの邪魔。
ユーザータグ

読書(929)
(567)
one_day(511)
ex_girlfriend(341)
my_ex(210)
ロックンロール(187)
アルコール依存症(170)
タラレバ娘(102)
自転車(34)

検索フォーム
FC2カウンター